遅刻癖が治らないのは因果応報かも知れない、先々に繋げていく具体策



人生を過ごしていると、遅刻癖が治らないと悩むこともあるもの。人と待ち合わせを約束して、予定通りに計画が進まず迷惑を掛けるのは日常茶飯事です。

もちろん遅刻癖が治らないのは病気の場合もありますが、相手に貴重な時間を無駄にさせることになり、人間関係を壊れてしまうことにもなりかねません。

誰しも遅刻をしたことは一度や二度はあるものですが、遅刻癖となると話は違ってきて、仕事などでも支障が出かねません。

遅刻癖がある友達や彼氏は、遅れて来ないのが珍しいという状態で、周囲からもそれが当たり前のように認識されています。

遅刻に鷹揚な人もいますが、他の人たちには悪癖として嫌われることにもなりかねません。なので、早々に対応していく必要性があります。

ここでは、遅刻癖が治らないのは因果応報かも知れない、先々に繋げていく具体策を紹介しています。

 

 

 


遅刻癖が治らないのは因果応報かも知れない、先々に繋げていく具体策


 

| 1.時間に対する感覚自体が無頓着になっている可能性もある

時間を意識して有効利用するということ。遅刻癖が治らないのは、時間に対する感覚自体が無頓着になっている可能性もあるもの。

時間に捉われることがなく生活するのも良いことですが、社会生活を送っていく上ではそうもいきません。

時間を意識する癖を付けるために、10分間でこれをして15分間であれをしてなど、時計を意識して行動するよう心掛けます。

計画的に時間を有効利用する習慣が付けば、身支度だけではなくて仕事の効率も上がる、先々に繋げていく具体策の一つ。

 

| 2.もっとゆっくりしていればなどの気持ちになることも多い

時間前にする行動を心地良いと捉えるということ。誰よりも早く集合場所に到着したケースでは、もっとゆっくりしていればなどの気持ちになることも多いもの。

但し、早く着き過ぎても何ら影響はありませんが、遅く着けば己自身が申し訳ないと思うばかりでなく、周りの人たちの迷惑ともなりかねません。

遅刻癖が治らないことで大事なのは、時間前に着いた己自身を褒めることで、心地良く感じるのが先々に繋げていく具体策の一つ。

 

| 3.移動時間だったり身支度を考え、約束の時刻から逆算する

30分以上の時間的余裕を持たせるということ。遅刻癖が治らない人に大切なのが、移動時間だったり身支度を考え、約束の時刻から逆算するというもの。

遅刻癖が治らない人は、大体この程度の時間内で支度すれば大丈夫など、適当に決めてしまいがちで、先ずは時間割を明確にすることが重要なポイント。

計算した時間に対しプラスで30分以上の空白時間、そうした余裕を持ち準備を始めるのが、先々に繋げていく具体策の一つ。

この空白の時間こそが大事なことで、己自身が感じている以上に、準備や移動には時間が掛かるものと思っておいて間違いありません。

 

| 4.効果的なのが、時間を厳守する人と一緒に行動するという

時間を厳守する人と一緒に行動するということ。遅刻癖が治らない時は他力本願ともなりますが、意外に効果的なのが、時間を厳守する人と一緒に行動するというもの。

時間を必ず守る人と一緒に行動すると、自動的に時間を守ることができますが、ただそれだけではなく参考にすることも多々あります。

時間を厳守する人は遅刻をする人が嫌いで、遅れることが恥ずかしいと感じているので、そんな思考パターンを頭に植え付けことができます。

こうした影響は非常に強いところがあり、段々と時間通りに行動できるようにもなる、先々に繋げていく具体策の一つ。

 

 

 


遅刻癖が治らない彼氏は世間にもいるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.配慮しないところがあり、身勝手と受取られても仕方ない

相手の気持ちに配慮しないということ。遅刻癖が治らない人に見られるのが、相手の気持ちを配慮しないところがあり、身勝手と受取られても仕方ないというもの。

相手が待っているケースでも、どんな気持ちでいるのかとかは考えず、己が疲れているから仕方がないと独善的に考えることになりかねません。

遅れるのが悪いとは考えていても、己の気持ちを先ず優先してしまうので、いつまでも改善に向かうことはありません。

人間は誰しも多少は自分本位な考えをしたりしますが、度を超えてしまえば周りの人たちに大きな迷惑をかけることになりかねません。

 

| 2.スケジュール管理ができず、計画的な動きができないと

スケジュール管理ができないということ。遅刻癖が治らない人に見受けられるのが、スケジュール管理ができず、計画的な動きができないというもの。

早起きもきちんとでき、早い時間から外出の準備を整えているのに、なぜか毎回のように遅刻してしまう人も案外います。

遅刻癖が治らない人は、時間に余裕がある計画を立てられず、何かのトラブルがあった時のために用意しておこうとは考えません。

移動時に車を利用する際も、道の混雑を考えて、普通の人は早めに出発するよう工夫しますが、遅刻癖が治らない人はまったく思い浮かばないことががほとんどです。

 

| 3.理解していても、そうできにず遅刻してしまうというもの

早起きが不得手ということ。早起きが不得手な人は遅刻癖に繋がりやすく、起きなければいけないと理解していても、そうできにず遅刻してしまうというもの。

寝なければないけなくても遅くまで起きていて、プライベートタイムを満喫してしまう人など、事情はそれぞれで違っています。

どうしても起きられないケースでは、重要な予定は早い時刻には入れない、そうした工夫をしていく必要性が出てくることにもなりかねません。

何が原因なのかを明確に調べた上で、生活状況を改善するなど、寝付きやすい環境を整えていけば改善する可能性もあります。

 

 

 


遅刻癖が治らないという部下も耳にするもの、注意したいその心理状態


 

| 1.気に掛けないことが多く、遅刻癖が治らないことになる

楽観的に考えがちな心理状態。楽観的な傾向の人というのは、相手が遅れても気に掛けないことが多く、遅刻癖が治らないことになるもの。

楽観的だからと絶対に遅刻する、そういう訳ではないものの、物事をつい己の都合良く考えてしまうので遅刻をしがちです。

こうした楽観的な考え方は、集合時間に間に合うかどうか、そんな切羽詰まった時刻を出発時間に設定してしまうことにもなりかねません。

 

| 2.損をしたくないという気持ちが働いていることがあるもの

損をしたくないという心理状態。普段から遅刻癖が治らない人は、損をしたくないという気持ちが働いていることがあるもの。

もし早めに到着したケースでは、己だけが待たされ損するような気分になるので、少しでも遅くなるよう到着しようと画策するので、毎度のように遅刻します。

早めに到着すれば良いことが起こるかも、そんな風に受け止めれば良いのですが、そうは思えていない状況になりかねません。

 

| 3.面倒臭がりで、それが遅くなることに結び付いていると

面倒臭がりな心理状態。遅刻癖が治らない人見受けられるのが、極度に面倒臭がりで、それが遅くなることに結び付いているというもの。

人によって考え方は様々ですが、予定の直前になり行くのが面倒臭いなと感じて、準備をダラダラとしている間に遅れたりすることになります。

楽しみな予定であれば、早起きや早めの準備を苦にしない人は多々いますが、予定自体は楽しみでも面倒臭い気持ちが勝ってしまいかねません。

 

 

 

まとめ

また迷惑を掛けるのは日常茶飯事です。ここでは、遅刻癖が治らないのは因果応報かも知れない、先々に繋げていく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。