生きづらさを感じるのは因果応報かも知れない、上手く打ち破る具体策



日々の暮らしの中で、生きづらさを感じることがあるもの。些細なことに落ち込んでしまうなど、今現在の環境に生き辛さを感じることにもなりかねません。

生きづらさを感じるのは障害などの病気の場合もありますが、そんな人に対して世の中には弱者の甘えという意見を持つ人もいます。

生きづらさを感じる人は、今までの人生経験だったり人間関係など、根底となっている自己肯定感の低さから、自らの評価を過剰に解釈してしまう癖があります。

他の人から褒められても謙遜したり恐縮して、自分自身を過小評価することが当たり前で、それが否定的な価値観を増長させ生きづらいということにもなりかねません。

なので、生きづらさを感じる時は考え方を転換して対処する必要があります。

ここでは、生きづらさを感じるのは因果応報かも知れない、上手く打ち破る具体策を紹介しています。

 

 

 


生きづらさを感じるのは因果応報かも知れない、上手く打ち破る具体策


 

| 1.己自身の特性や傾向を理解することが大切なポイントと

己自身を客観視するということ。生きづらさを感じる人の理由は個々にあり、己自身の特性や傾向を理解することが大切なポイントというもの。

先ずは己自身を客観視することが重要で、周りの人たちに聞いてみたり、家族との関係を振り返ることで、長所や短所や特性に物事の捉え方の習慣を把握します。

そうした上で長所を伸ばしていくことにより、己が将来的にどうなりたいのか、そんな目標に集中していけば、段々と生きづらさを感じるのも薄れる上手く打ち破る具体策の一つ。

 

| 2.無理に合わせようとすると、ストレスや疲労が蓄積する

パターン別に対応法を用意しておくということ。社会な順応や普通であることを意識し、無理に合わせようとすると、ストレスや疲労が蓄積するもの。

その場の空気を読んで臨機応変に処理するのでなく、事前に基本的なパターン別に分け、コミュニケーション方法を用意しておくようにします。

場面ごとに悩む必要もなくなり、気を遣い過ぎたりするほか心の負担も軽減できる、上手く打ち破る具体策の一つ。

 

| 3.メモ帳アプリに入力するなど、リストアップしていくと

原因をリストアップするということ。生きづらさを感じる不安だったり原因を、手帳に書き出したりメモ帳アプリに入力するなど、リストアップしていくというもの。

何となく漠然としているような曖昧な不安でも、言語化して目に見える形にすると、解決案のヒントが見つかることも多々あります。

すぐに明確な解決策を見つけようとして焦る必要はなく、どうすると不安が解消できるのか、順序立てて考えるのも上手く打ち破る具体策の一つ。

 

| 4.思い切って転職するなど、所属のコミュニティーを変える

所属しているコミュニティーを変えるということ。コミュニティー内での人間関係で生きづらさを感じる時は、思い切って転職するなど、所属のコミュニティーを変えるというもの。

一日の大半を己自身に合わない仕事をするなどコミュニティーのために費やせば、徐々に精神を消耗してしまうことになりかねません。

辛い状況下で無理矢理に我慢し続けるより、環境を変える方が手っ取り早く生きづらさを解消できる、上手く打ち破る具体策の一つ。

 

| 5.手抜きなど許せず、できない己自身を責めてしまうもの

己自身を守るため辛い状況から逃げ出すということ。生きづらさを感じる人は真面目で己に厳しいところがあり、手抜きなど許せず、できない己自身を責めてしまうもの。

そういう具合に追い詰めるのではなく、時として辛い状況から逃げ出したり距離を置くなど、選択肢を持つことが上手く打ち破る具体策の一つ。

辛いと感じる生きづらい己自身を認めて、身を守るため抜け出すことができた時には、ストレスを回避できたと素直に自らを賞賛します。

 

 

 


生きづらさを感じる人の割合も気になるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.強い部分があり、感情的な揺れ動きが激しいというもの

非常に感受性が強いということ。生きづらさを感じる人に見られるのが、非常に感受性が強い部分があり、感情的な揺れ動きが激しいというもの。

他の人からすれば気にも留めないような小さなことがストレスになり、気持ちが沈んでしまうことになりかねません。

光や音などの刺激に対しても敏感なので、大勢人が集まる場所も不得手など、環境が変わると眠れなくなるような人もいます。

 

| 2.己さえ我慢すればという考え方になってしまうというもの

自己犠牲が当然ということ。生きづらさを感じる人見受けられるのが、事なかれ主義的なところがあって、己さえ我慢すればという考え方になってしまうというもの。

己自身が何かを主張することにより、相手に面倒臭い思いをさせることが嫌で、余分な軋轢など引き起こさず過ごすことを好みます。

一方で己自身の意見を抑えることでストレスも溜りやすく、そのうちなぜ自分ばかりと嘆くことにもなりかねません。

 

| 3.無意識のうちに己と他人を比較してしまっているという

己と周りの人たちとを並べてを比べがちということ。生きづらさを感じる人に多くいるのが、無意識のうちに己と他人を比較してしまっているというもの。

己と他人を比べることが習慣になっているときは、自分は実際に何がしたいのかなど、本当の気持ちが分からなくなることにもなりかねません。

己自身を見失ってしまえば自己肯定感も下がり、生きづらさを感じる負のスパイラルに陥る怖れもあり注意が必要です。

 

| 4.決められたルールを外れるのが許せないというものです

生真面目で正義感が強過ぎるということ。生きづらさを感じる人に見られるのが、生真面目で正義感が強く、決められたルールを外れるのが許せないというもの。

これは己だけではなく他人に対しても同様で、なぜ規律を破るとかルールを守らないなど、不満を抱きやすいということになりかねません。

結果的に、犯罪のニュースなどは倫理に反した行為と軽蔑することになり、怒りの感情が湧き上がりストレスを感じやすくなります。

 

 

 


生きづらさを感じる原因は個々にあるもの、覚えておきたい心理状態


 

| 1.厳しい面があるので信頼ができず、頼ることが苦手という

疑い深いという心理状態。生きづらさを感じる人は疑り深いところがあり、他者に対しても厳しい面があるので信頼ができず、頼ることが苦手というもの。

他者のことを信じられない分、相手の親切心だったり良心からくる善意を、そう簡単にはは受け入れられません。

結果として、手助けて欲しくても、他の誰かに頼るくらいなら、無理にでも己自身で何とかするということになりかねません。

 

| 2.ところがあり、必要以上に疲れ果ててしまうというもの

空気を読み過ぎる心理状態。生きづらさを感じる人に見られるのが、場の空気を読み過ぎるようなところがあり、必要以上に疲れ果ててしまうというもの。

己自身がどうしたいのかということではなてく、相手にどう映るかの評価を気にして、その場を無難に過ごすため神経をすり減らすことになりかねません。

基本的に受け身なので、己自身が何かを決断するよりも。誰かの指示に従っている方が気楽だったりします。

 

| 3.相手側の境界線も薄く、非常に影響を受けやすいという

感受性が高いという心理状態。生きづらさを感じる人は感受性が高いところがあり、己自身と相手側の境界線も薄く、非常に影響を受けやすいというもの。

相手の感情を読み取り深く共感するのには長けていますが、過多に同調してしまうので、己自身の本心を見失うことになりかねません。

TVや映画などの刺激も受けやすく、感情も激しく揺れ動くので、穏やかに過ごしたいと考えていても情緒不安定になりやすいところがあります。

 

 

 

まとめ

弱者の甘えという意見を持つ人もいる。ここでは、生きづらさを感じるのは因果応報かも知れない、上手く打ち破る具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。