言い方がきつい女の末路も厳しいもの、上手く身をかわす付き合い方



身の回りにも、言い方がきつい女がいるもの。職場などにもいる、何気なく口にする一言が、心に刺さってしまうようなタイプの女性。

そうした言い方がきつい女性は、どうにも馴染めないで絡み難いところもあり、嫌いという気持が湧き上がることにもなりかねません。

言い方がきつい人は融通も利かず自分中心なので、周りの意見には耳を傾けようとせず、どうにか意見を押し通そうとするところがあります。

結果として、無意識の間に上から目線でものを言うことも多く、つい口調がきつくなってしまうことになりかねません。

そんな職場でも我をを通そうとするような女性が側にいる時は、相対する際に注意も必要です。

ここでは、言い方がきつい女の末路も厳しいもの、上手く身をかわす付き合い方を紹介しています。

 

 

 


言い方がきつい女の末路も厳しいもの、上手く身をかわす付き合い方


 

| 1.要件だけを確認したら、後は切り上げて受け流すという

大切なこと以外は受け流すということ。仕事などの関係でどうしても避けられないときは、大切な要件だけを確認したら、後は切り上げて受け流すというもの。

真面目に全てを聞く必要もなく、一旦話を聞けばそういった人と受取られ、格好の餌食ともなるので受け流すよう心掛けます。

話を続けてしまうと、言い方がきつい女は職場で揚げ足をとろうともしかねず、受け流すことが上手く身をかわす付き合い方の一つ。

 

| 2.エスカレートすることになり更に図に乗ってくるという

重量感がある態度で相対するということ。言い方がきつい女よりも下手に出てしまったケースでは、エスカレートすることになり更に図に乗ってくるというもの。

上司だからといって機嫌をとる必要はなく、しても言い方も直らずヒートアップするだけで、堂々と構えるのが上手く身をかわす付き合い方の一つ。

だから何だと言わんばかりに、地に足を着けた構えをとることで、言い方がきつい女も居心地の悪さを感じて、大人しくなるようなことも期待できます。

 

| 3.ストレスがどうしても溜まってしまうことになるものです

話は早めに終わらせるということ。いくら職場といってもきつく言われ続けた時は、ストレスがどうしても溜まってしまうことになるもの。

ポイントだけを押さえるよう心掛け、できるだけ話を早く済ませてしまえば、無駄にきつい言い方に付き合うこともない、上手く身をかわす付き合い方の一つ。

きつい言い方をする女の話を、全て真正面から受け入れてしまっていては、相手が我が意を得たりということになるので、踏ん切りを付け関わるよう心掛けます。

 

| 4.言い返していては、それこそ逆効果となってしまうという

傷付いた際は丁寧に伝えるということ。言い方がきつい女に向かって言い返していては、それこそ逆効果となってしまうというもの。

きつく言われた言葉に傷付いたときは、ストレートに伝える方が良く、言葉を選び丁寧に話すのが上手く身をかわす付き合い方の一つ。

一生懸命伝えようとしているこちらの姿を目にすれば、己の行いを振り返り反省してくれることも少しは期待できます。

 

| 5.そんな具合に思ってしまうのは先ずもって間違いという

できれば距離を置くということ。言い方がきつい女をどうにか変えたい、そんな具合に思ってしまうのは先ずもって間違いというもの。

できるのであれば距離を置いて関わらないようにするのが、最も傷つかなくて済むことになる、上手く身をかわす付き合い方の一つ。

他者に言われたからと性質を変えることはできず、無駄な時間は費やさないで、離れてしまうのも正解ということになりかねません。

 

 

 


言い方がきつい女には様ざまな面があるもの、覚えておきたい心理状態


 

| 1.非常に強い気持ちが、きつい言い方となり表れるという

己自身の意見を押し通したい心理状態。何よりも己自身の意見を押し通したい、そうした非常に強い気持ちが、きつい言い方となり表れるというもの。

誰しもきつい言い方の人に向かっては反論し難く、言い方がきつい女は強い口調の方が、反論されることはないと知っています。

結果として、無意識でも意識的にでもきつい言い方になるのは、己さえ良ければという利己的なところが出るのかも知れません。

 

| 2.見られるのが、受け止めて欲しいという欲求があるという

他人に認められたいという心理状態。言い方がきつくなる女性に見られるのが、受け止めて欲しいという欲求があるというもの。

本音を素直に言うことができず、上から目線で己自身を認めさせよう、そんな力技に出てしまっているところがあります。

どうにか上から押さえ込むことで、己自身の思い通りにしたいと考えていて、それが口調にも露骨に表れてしまっています。

 

| 3.気が強そうに見えても、実際には気が弱いというものです

他人に否定されるのを怖れているという心理状態。言い方がきつい女に見受けられるのが、気が強そうに見えても、実際には気が弱いというもの。

自己肯定感が低いところがあり、極端に相手に否定されることを嫌っていて、きつい言い方はそのための鎧とも言えます。

高圧的な態度に出ることで相手を封じ込め、己自身を否定されないように守っているのは、否定されると崩れ落ちてしまうことが分かっているからです。

 

| 4.優しく話そうなど、そうした気持ちにはならないものです

他人に関心がないという心理状態。他の人に関心が薄い人は、好かれるようにしようとか優しく話そうなど、そうした気持ちにはならないもの。

己自身の言葉によって相手がどう感じるかとか、周りの人たちにはどう思われるのかなど、まったく興味がないのできつい言い方にもなりがちです。

この手のタイプは、きつい言い方をしている気は全然なく、考えようでは非常に厄介な人といえるかも知れません。

 

 

 


言い方がきつい女性は職場で困りもの、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.話す時に緊張してしまい、上手に会話ができないという

コミュニケーションが不得手ということ。コミュニケーションを図るのが不得手で、話す時に緊張してしまい、上手に会話ができないというもの。

相手にどう接して良いのかが良く分からないので、意識しないで不愛想な態度になり、言い方もきつく聞こえてしまうことになります。

別に当人は怒っていることはなく、意識もせずにきつい言い方になっているので、まったく悪気はありません

 

| 2.見られるのが、基本的に何も考えていないというものです

相手の気持ちを考えられないということ。きつい言い方をする女に見られるのが、基本的に何も考えていないというもの。

相手にどう思われようと構わず、全く気にすることがないので、いい加減な喋り方をすることになりかねません。

こういったタイプの女性は、大抵他者の気持ちには鈍感で、相手に配慮するということができません。

 

| 3.思っている人は、どうしても言い方がきつくなりがちと

せっかちなところがあるということ。せっかちで普段の生活でも早く早くと思っている人は、どうしても言い方がきつくなりがちというもの。

己自身の思うペースで物事が進まないケースでは、周りの人たちを狙い通りに動かしたい、そういった気持ちが湧き上がりきつい言い方になりかねません。

こうしたタイプは、マイペースな人とは特に相性が悪く、互いに関わらないよう心掛けた方が良いかも知れません。

 

 

 

まとめ

心に刺さってしまうようなタイプの女性。ここでは、言い方がきつい女の末路も厳しいもの、上手く身をかわす付き合い方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。