嫉妬心をなくす方法で大逆転したいもの、上手く打ち勝っていく具体策



人生を過ごしていると、嫉妬心をなくす方法を探すことがあるもの。胸が苦しくなったり、嫉妬してしまう自分自身に自己嫌悪するなど、嫉妬心は悩みの種です。

嫉妬しない方法は片思いなどでも語られますが、今現在の彼女や彼氏に嫉妬してしまうことも割合に多くあります。

それは現在進行形というわけではなくても、過去の恋人との間に起こったことを耳にするだけで、嫉妬の炎が燃え上がるということにもなりかねません。

これはパートナーの昔の恋人というのは、愛したという点で現在時点の自分と同じ立場なので、比べられているという考えが先に浮かび気になるからです。

こうしたことは夫婦や友達関係でも一緒で、例え面識はなかったとしても、その人をライバル視してしまうことにもなりかねません。

ここでは、嫉妬心をなくす方法で大逆転したいもの、上手く打ち勝っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


嫉妬心をなくす方法で大逆転したいもの、上手く打ち勝っていく具体策


 

| 1.その理由を冷静に考えてみるのも根本的な解決に繋がる

嫉妬の理由を考えてみるということ。論理的に嫉妬心を解決したい場合、その理由を冷静に考えてみるのも根本的な解決に繋がるもの。

嫉妬するには必ず何か理由があり、恋人が自分以外の異性と仲良くする姿を見てしまい不安になったなどです。

これは不安だから嫉妬したなどの感情が心の根底にあり、それに気づくことで納得することができる、上手く打ち勝っていく具体策の一つ。

嫉妬したことにより、より深く自らを理解することができ、嫉妬心はより良い方向に進むための活力とすることができます。

 

| 2.思っている場合、自分の感情を紙に書き出してみるという

感情を書き出すということ。嫉妬心は誰にも見せたくない、そんな風に思っている場合、自分の感情を紙に書き出してみるというもの。

これはエクスプレッシブライティングという手法で筆記開示とも呼ばれ、認知行動療法などでも活用されていて、感情を整理するのに効果的です。

やり方は非常にシンプルで、紙と筆記用具を用意して、心に浮かんだ嫉妬の気持ちを書き出すだけで、思い付いた際に携帯に入力するのもありです。

自分の心で渦巻いている感情を口に出さずに吐き出すことが大切で、嫉妬原因や対処法も見えてくる、上手く打ち勝っていく具体策の一つ。

 

| 3.何かに向かって没頭する時間を設けることが効果的という

何かに対して没頭する時間を設けるということ。一日中付きまとうような嫉妬心を振り払うには、何かに向かって没頭する時間を設けることが効果的というもの。

大好きな物事に使用する時間は、他のことを考えることもなく集中でき、その間だけは嫉妬心を忘れ楽しむことができます。

恋愛で嫉妬心が湧き上がっている場合、仕事に打ち込むのも有効で、離れることで冷静にもなれる、上手く打ち勝っていく具体策の一つ。

 

| 4.自分自身に自信がないほどに強くなってしまうというもの

自信を持つということ。恋人が誰かに奪われるというような不安は、自分自身に自信がないほどに強くなってしまうというもの。

自信がなければ嫉妬しやすくなるので、付けていくためには自然体の自らを肯定し受け入れることが大切な、上手く打ち勝っていく具体策の一つ。

自分の悪いところばかりに目が入ったり、悪い出来事に出会ったときは、無理やりにでもポジティブに考える癖をつけていくようにします。

 

| 5.そうすれば嫉妬する要素も非常に少なくなるというもの

相手を信用すると決めるということ。ポイントは相手を信用すると決めることで、そうすれば嫉妬する要素も非常に少なくなるというもの。

疑念ばかりが渦巻き嫉妬心が生まれるのは、自らの心が傷付かないよう防衛本能が働くためで、心から相手を信用するのはそう簡単なことではありません。

これまでの経験を踏まえた上で、相手を信用する勇気を振り絞ってみることも時には大切な、上手く打ち勝っていく具体策の一つ。

 

 

 


嫉妬心を無くす方法は本当に人生で必要?知っておきたいその原因面


 

| 1.自分の状況が悪くなる不安が、嫉妬心を生み出すという

不安を感じているということ。嫉妬心の根底には不安があることが多く、現在の自分の状況が悪くなる不安が、嫉妬心を生み出すというもの。

この場合は、第三者の出現が不安を増大させる大きな原因となり、何の問題もなく平穏に過ごしていたのに、出現によって状況が大きく変化する可能性があるからです。

自らを取り巻く環境は常に変化していくものですが、これに伴う不安感は決して小さいものでなく、簡単に片付けられるものでもありません。

 

| 2.ものとしておきたい、そんな気持が湧き上がってくるもの

相手を独占したいということ。好きな相手であればあるほど、自分だけのものとしておきたい、そんな気持が湧き上がってくるもの。

多くの人が持っている独占欲ですが、その欲望が強くなればなるほど、嫉妬心へと変貌しやすくなることにもなりかねません。

特に自分に自信がない場合、相手がいつか去っていくかも知れないという考えになり、独占しておかなければということにもなりかねません。

相手を他の誰かに奪われてしまうかも知れないという不安が、嫉妬心となって表に露わになってきます。

 

| 3.パートナーに対して、嫉妬心が生まれやすくなるという

相手が信用できていないということ。相手が信用できていない場合、どうしてもパートナーに対して、嫉妬心が生まれやすくなるというもの。

特に裏切られた過去の経験がある人はと、簡単に相手を信じることもできず、自分以外の異性と話す姿だけでも、嫉妬心が燃え上がるということにもなりかねません。

一度信用できなくなれば、相手の言動や行動を疑ってあらゆることが気になり、嫉妬心も膨れ上がってしまいます。

 

 

 


ヤキモチを妬かない方法もあるもの、知っておきたい嫉妬する人の特徴


 

| 1.パートナーに依存するような気持ちが強すぎるというもの

依存しているということ。嫉妬する人に見られるのが、パートナーに依存するような気持ちが強すぎるというもの。

相手がいなければ生きていけない、そんな風に思い込んでいる人は、パートナーの全てを把握しておかなければ不安になってしまうことにもなりかねません。

相手の行動を細かくチェックしたり監視するなど、自分で嫉妬の種を探してしまうことにもなりかねません。

 

| 2.些細なことにも不安を感じて嫉妬してしまうというもの

相手を信頼できないということ。相手を心から信頼できず、些細なことにも不安を感じて嫉妬してしまうというもの。

過去に恋人に裏切られた経験がある場合、好きな人と結ばれていても、再び裏切られるのではないかという不安を持ちがちです。

こうした相手をパートナーに選んでしまえば、常に猜疑心や不安と戦うという状況に陥る可能性も拭いきれません。

 

| 3.比較する人は、どうしても嫉妬する機会が多くなるという

他人と比較しがちということ。何かにつけ自分自身と誰かを比較する人は、どうしても嫉妬する機会が多くなるというもの。

パートナーの周囲に異性の影が見えれば、その人物の容姿だったり生活スタイルなど、気にせずには居ても立っても居られません。

こういったタイプは、どんな状況も満足し難く、いちいち自分と比べて、安心したり嫉妬心を湧き上がらせたりします。

 

 

 

まとめ

自己嫌悪するなど、嫉妬心は悩みの種。ここでは、嫉妬心をなくす方法で大逆転したいもの、上手く打ち勝っていく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。