理解されない人の末路も厳しいもの、苦しみを和らげて逆転に繋ぐ方策



身の回りを見渡すと、理解されない人がいるもの。自分が抱えている悩みが誰にも理解されない、そうしたことが非常に辛いということがあります。

自分自身の抱えている悩みが誰にも理解して貰えない場合、気持ちが楽にならないのはもちろん、苦しさが続くということにもなりかねません。

周りの人たちとのコミュニケーションが上手くいかなかったり、空気が読めないとか忘れ物やミスが多いなどのほか、衝動的に行動してしまうことなどの悩みもあります。

理解してくれる人が側にいないということもありますが、他の人が当然のようにできることが苦手だったりと、なかなか周囲に理解され難いこともあります。

こうした場合、本人も気付かないことが多いですが、発達障害の症状ということで説明がつくこともあるかも知れません。

ここでは、理解されない人の末路も厳しいもの、苦しみを和らげて逆転に繋ぐ方策を紹介しています。

 

 

 


理解されない人の末路も厳しいもの、苦しみを和らげて逆転に繋ぐ方策


 

| 1.伝わるように行動できていないかも知れないというもの

自らの行動を振り返るということ。もしかすると理解されないのではなく、伝わるように行動できていないかも知れないというもの。

理解して欲しいという気持ちばかりが先走り、自分から分かるような伝え方をしていない場合、なかなか納得してもらうことはできません。

自分自身の中でこの前提ができていなかったかを振り返り、できる限り周囲が理解しやすいよう伝えるのも、苦しみを和らげて逆転に繋ぐ方策の一つ。

 

| 2.自然なことですが、そこばかり意識が向くと疲れやすく

周囲の人たちを理解するということ。自らを理解して欲しいと思うのは自然なことですが、そこばかり意識が向くと疲れやすくなるもの。

反対に、周囲の人たちを理解してみることに意識を向けることが効果的で、その人にしか分からないような悩みを抱えている、そんなことに気が付くかも知れません。

一人悩んでいるのは自分だけではない、そこに気が付けば心も軽くなる、苦しみを和らげて逆転に繋ぐ方策の一つ。

 

| 3.対しての孤立感が、非常に強くなってしまうというもの

自己肯定感を高めるということ。自己肯定感が低い場合、理解されないことに対しての孤立感が、非常に強くなってしまうというもの。

自己肯定感の低下に見られるのが、養育環境だったり失敗体験のトラウマや考え方の癖など、様ざまな要因があると考えられています。

認知行動療法やカウンセリング、スモールステップで徐々に成功体験を積むなど、高められることもある苦しみを和らげて逆転に繋ぐ方策の一つ。

 

| 4.SNSの普及により、多くの人に自分自身を知って貰える

承認欲求を満たすということ。承認欲求は人から尊重されたり認められたい欲求ですが、SNSの普及により、多くの人に自分自身を知って貰えるというもの。

過剰に承認欲求を満たそうする行き過ぎた行為は、問題視とされることもありますが、本来は心を満たし豊かな人生を過ごすためのものです。

誰からも理解されない孤独感を抱えている人は、自らの存在を広く多くの人に知って貰うことで、問題の解消に繋がる苦しみを和らげて逆転に繋ぐ方策の一つ。

 

| 5.紛らわせても、ふとした瞬間に虚無感が襲ってくることも

誰かのために役立つことを意識するということ。自分の好きなことをして一時的に寂しさを紛らわせても、ふとした瞬間に虚無感が襲ってくることもあるもの。

そうした傾向がある人は、誰かの役に立つことを意識するのが効果的で、他の人のために頑張れる自分に自信が持てる、苦しみを和らげて逆転に繋ぐ方策の一つ。

但し、役に立つことだけを考えすぎれば疲れてしまうことになるので、適切に休憩したり趣味に没頭したりと、バランス良く行動するよう心がけます。

 

 

 


人を理解するのは難しいもの、知っておきたい理解できない人の特徴面


 

| 1.受け止めていないので、すぐに忘れてしまうというもの

物覚えが悪いということ。理解できない人にあるのが、聞いた話を適切に受け止めていないので、すぐに忘れてしまうというもの。

一旦仕事や作業内容の説明をしても、後になってからもう一度聞いてきたりすることも多々あります。

この手のタイプの人は、メモなどを取って覚えておこうとした場合ても、後になって見返した際に内容が理解できないということもあります。

 

| 2.物事に対しての視野が非常に狭い傾向があるというもの

物事に対しての視野が狭いということ。理解できない人に見受けられるのが、物事に対しての視野が非常に狭い傾向があるというもの。

理解力がある人は仕事を依頼されると、それに関係することも頭に入れて動け、不明点があれば確認したり解決策を考えます。

理解力が足りない人は指示されたことだけをしがちで、他の人の立場になり替わり物事を考える余裕もなく、周りに目を配ることもできません。

 

| 3.分かっていなくても分かっている素振りをするというもの

理解している素振りをするということ。理解力が足りていない人に良く見られるのが、分かっていなくても分かっている素振りをするというもの。

会議などで上司が参加者に対し、質問はあるかと聞いた時でも、本当の気持はもう一度説明して欲しくても、口にできなかったりします。

仕事の指示内容も分かったかと聞かれた時も、何をすべきか本当は分かっていなくても、分かりましたと言ってしまうことにもなりかねません。

 

| 4.いないことも多く、自らの言葉にして説明することが苦手

他の人に向かって説明するのが苦手ということ。理解できない人は状況を掴んでいないことも多く、自らの言葉にして説明することが苦手というもの。

なので、誰かから聞いた話をそのままオウム返しで話したり、資料などは棒読みになってしまう傾向があります。

自らの意見を持っていることも少ないので、積極性に欠けていて目立つような行動を回避することにもなりかねません。

 

 

 


人から理解されないのは寂しいもの、注意しておきたいそんな心理状況


 

| 1.そんな風に愛情の量を価値だと考えているというものです

愛されたいという心理状況。愛されている自らは認められている、そんな風に愛情の量を価値だと考えているというもの。

愛されたいという思いが強過ぎるあまり、愛されていること自体に気づけないで、寂しさを覚えてしまうことにもなりかねません。

こんな人は愛情の中身でなく、愛情の量だったり頻度を求めてしまい、周囲の人たちから面倒臭い人と思われてしまうことにもなりかねません。

 

| 2.現実には分かっては貰えないと諦めてしまっているという

諦めてしまっているという心理状況。深層心理の中では誰かに理解して欲しいと思っても、現実には分かっては貰えないと諦めてしまっているというもの。

ありのままの等身大の自分を前に出せば嫌われてしまうと考え、本性を表せない人もいます。

傷付きたくないという思いが先に立ち、人を信用しないようストッパーを掛けているのかも知れません。

 

| 3.乗り切って行けるような仕組みが人間には備わっている

明るく振る舞っているという心理状況。寂しさなどの負の感情は、自分からその感情を受け止めることで、乗り切って行けるような仕組みが人間には備わっているもの。

但し、負の感情を抑え込んで、常に明るく振る舞っているような人は、いつまで経っても寂しさを消すことができません。

結果的に何をやっても理解されないと感じ、虚無感に襲われることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

苦しさが続くことにもなりかねません。ここでは、理解されない人の末路も厳しいもの、苦しみを和らげて逆転に繋ぐ方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。