感情的になったら負けは本当かも知れない、上手い立ち回りの具体策



日々の暮らしの中で、感情的になったら負けと反省することがあるもの。感情的になりやすい人は、周りの人たちに関わると面倒臭そうと思われることにもなりかねません。

もちろん感情的になったら負けというのは、普段の仕事や恋愛などでも、そんな場面に出くわすことは良くあることです。

なので、周りに対してのネガティブな印象を払拭するためにも、自分自身がどんなタイミングで感情的になりやすいのか、そんなことを認識する必要があります。

但し、感情的になりやすいからと気持を押さえ込んでしまうのは、自らの感情そのものに蓋をすることにもなりかねません。

心の中に自然に発生する感情を否定するのは、自らを否定してしまうことと同じ行為で注意が必要です。

ここでは、感情的になったら負けは本当かも知れない、上手い立ち回りの具体策を紹介しています。

 

 

 


感情的になったら負けは本当かも知れない、上手い立ち回りの具体策


 

| 1.身に付けることで、感情的な己自身をコントロールできる

多くの価値観に触れろことで多様性を身に付けるということ。様々な価値観に触れ多様性を身に付けることで、感情的な己自身をコントロールできるというもの。

感情的になる切っ掛けに、相手の考え方や行動が理解できないことがあり、己の想定外の動きをされれば動揺してしまい、強い言葉で非難してしまうことになりかねません。

パニックを起こして感情的になる己を防いでいくためには、知識や見識を広げていくのが、上手い立ち回りの具体策の一つ。

多様な価値観に触れて世界が広がれば、予想外の言動に出会っても、そうした考え方もあると捉えることもでき、感情的になる以前の段階で己自身を納得させられます。

 

| 2.なってしまえば、つい口調が荒くなるような人も多いと

丁寧な話し方を日頃から心掛けるということ。様々な局面に出会う中で感情的になってしまえば、つい口調が荒くなるような人も多いというもの。

次から次へと感情に任せて言葉がで出てしまうので、相手を傷付けることにもなりかねず、周囲の人たちも離れて行ってしまうことになりかねません。

忙しい中でも普段から話し方だけは意識して、ゆっくりと丁寧に話すように心掛けるのが、考えも整理される上手い立ち回りの具体策の一つ。

 

| 3.責任感や重圧を手放すことも必要になるというものです

責任感や重圧を手放すということ。感情的になったら負けを逆転していくためには、責任感や重圧を手放すことも必要になるというもの。

長い期間に渡って背負い続けている責任感は、無意識の間に段々と精神をすり減らして心のゆとりを奪いかねません。

納期の責任感や重圧から解放されると、途端に肩の荷も下りて穏やかな心を取り戻せる、上手い立ち回りの具体策の一つ。

 

| 4.普段からストレス解消を心掛け、心に余裕を持たせると

ストレス解消して心に余裕を持たせるということ。感情的になったら負けにならないようにするためには、普段からストレス解消を心掛け、心に余裕を持たせるというもの。

同じような状況を目の前にしても、心に余裕がある人ととない人では、その受け取り方も違ってくることになります。

相手の苛立つような言い方だったり理不尽な対応にも、心に余裕があれば冷静に対応できる、上手い立ち回りの具体策の一つ。

 

| 5.するために、物事を客観的に考える習慣を付けていくと

物事を客観的に考える習慣をつけるということ。感情的になったら負けとならないようにするために、物事を客観的に考える習慣を付けていくというもの。

客観的というのは特定の立場に捉われないことで、己自身の体験や先入観だけで判断せず、世間的にはどうなのか他の人から見てどうなのかを考えます。

相手の言葉に対し条件反射で感情的な反応をしないで、先ずは客観的に状況を見るよう心掛ける、上手い立ち回りの具体策の一つ。

 

 

 


感情的になると負けは巷でよく言われるもの、覚えておきたい原因面


 

| 1.打ちのめされた時はつい感情的になってしまうというもの

誇りを傷付けられたということ。人間は誰しも譲れない誇りを持っていて、打ちのめされた時はつい感情的になってしまうというもの。

こういったプライドには高いや低いなどの違いもありますが、傷付けられると怒ったり悔しい思いをするのは共通です。

相手に入られたくない心の中に土足で踏み込まれ、誇りを傷付けられたときは、普段は温厚な人であっても激高してしまうことがあります。

 

| 2.仕事にしいても、己の思惑通りに進めたいという気持ちが

己自身の思惑通りにしたいということ。すぐに感情的になってしまう人物は、恋愛にしても仕事にしいても、己の思惑通りに進めたいという気持ちがあるもの。

それができない不利な立場に立たされたケースでは、他者に向かって大声を出したり怒ったりすることで、相手を威圧してコントロールしようとしかねません。

そうした自分中心的な傾向が元からあるので、感情を抑えることは困難ということになります。

 

| 3.抑えることができない、そんな弱い部分を持っていると

不安に感じている弱い部分があるということ。感情を外に向かって露わにしてしまうような人は、己自身の感情を抑えることができない、そんな弱い部分を持っているというもの。

不安や恐怖を感じていて己自身の中では消しきれないで、周りの人たちに対して強い姿勢をとることで誤魔化そうとしています。

親に幼少期から甘やかされて成長し、精神的に自立できていないタイプが、良く陥ってしまうパターンの一つです。

 

| 4.腹が立たないことであっても、苛立ってしまうこともある

相手責められているということ。己自身の状態が万全ではない場合、普段であれば腹が立たないことであっても、苛立ってしまうこともあるもの。

相手が責め立ててきて言動が感情的になっていることに雰囲気に流され、己もつい感情的になるということになりかねません。

そうなれば互いがヒートアップすることになりかねず、冷静な話し合いが持てない状態になりかねません。

 

 

 


感情的になったら負けの名言もある、注意したい感情な人の心理状態


 

| 1.体験や考え方が、世の中では一般的なものと捉えている

相手に己自身の意見を理解して欲しい心理状態。感情的な人は己自身の体験や考え方が、世の中では一般的なものと捉えているというもの。

結果として、己自身の意見に対してどうして批判が起こるのか理解していないところがあり、話を途中で折る人に向かって噛みついてしまうことになりかねません。

相手が分からないのが不思議で、己自身の思考パターンや行動と同じでない、そうしたことに疑問を持ちかねません。

 

| 2.言葉以外の熱意などを掴みたい、そうした本音を探る動き

本音を言い合いたい心理状態。感情的な人の気持ちの中にあるのが、言葉以外の熱意などを掴みたい、そうした本音を探る動きというもの。

どの程度深く考えているのかとか、どれほど本気なのかなど、言葉だけでは心の内が伝わらないと感じています。

結果として、論理的な話し合いということではなく、感情的な方が本音が聞けると考え、相手をわざと挑発することもあります。

 

| 3.察知しやすい人は、感情的にもっともなりやすいという

相手側の感情に敏感という心理状態。感受性が高く相手の気持ちを察知しやすい人は、感情的にもっともなりやすいというもの。

円滑なコミュニケーションは相手の立場になり考えることも必要ですが、感受性が高すぎると必要以上に相手側の感情に揺さ振られ、己自身の心の内が不安定になりがちです。

心にゆとりがなくなれば、相手に配慮するという気持ちも減って、感情の赴くままに振る舞ってしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

そうしたことを認識する必要があります。ここでは、感情的になったら負けは本当かも知れない、上手い立ち回りの具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。