我が子が嫌いということもあるもの、乗り越えて逆転に繋いでいく術



日々の暮らしの中で、我が子が嫌いと思うことがあるもの。我が子が嫌いになってしまうなど、親として失格ではないかと悩む人も珍しくありません。

こうした自分の子供が嫌いになりそうな時は、子育てに対してストレスを抱えていることも少なくありません。

子育ては、自らの思うようには子供が動いてくれなかったり、自分自身のしたいことができなかったりと、狙い通りにいかないことの連続です。

また子供が2歳頃になれば、何しても拒否されたり、理由もはっきりせず泣かれ続けたりするので、嫌気が指して我が子が嫌いということにもなりかねません。

なので、そんな我が子を愛せない辛い状況が続かないよう注意する必要も。

ここでは、我が子が嫌いということもあるもの、乗り越えて逆転に繋いでいく術を紹介しています。

 

 

 


我が子が嫌いということもあるもの、乗り越えて逆転に繋いでいく術


 

| 1.子供が産まれたばかりの時のことを思い出してみるという

産まれた時のことを思い出してみるということ。毎日の子育てに疲れて我が子が嫌いというケースでは、子供が産まれたばかりの時のことを思い出してみるというもの。

産まれてきてくれた瞬間のことを思い出せば、愛おしい気持ちも湧き起こり、優しく接することができるかも知れません。

当時のビデオや写真などを探し出してきて、一緒になって見てみるのも、乗り越えて逆転に繋いでいく術の一つ。

 

| 2.感じる場合、手が掛かるところばかりに注目しがちという

子供の長所に目を向けるということ。子育てが辛く我が子が嫌いと感じる場合、手が掛かるところばかりに注目しがちというもの。

素直に己自身の気持ちが言えたり、元気よく友達と遊んだりと、子供が今日できたことだったり頑張ったことなのど長所に目を向けるようにします。

落ち着きがないとか癇癪を起こすなどが頻繁にあり、異常に世話が焼けるケースでは、発達障害の受診することも検討します。

こうした時には、子供の特性に合った環境を整えたり接し方を変更することで、親子ともにストレスも減らせる、乗り越えて逆転に繋いでいく術の一つ。

 

| 3.己自身が自由に使える時間を持つようにするというもの

己一人の時間を設けるということ。ストレスや疲労が溜まっているケースでは、己自身が自由に使える時間を持つようにするというもの。

家族のなかに頼れる人間がいない場合、一時保育などを利用するのが、乗り越えて逆転に繋いでいく術の一つ。

子育てのことから一旦離れて、ゆっくり休息したり趣味を楽しんだりしてストレスを減らすことで、気持ち的にもゆとりが生まれやすくなります。

 

| 4.してくれたりと、子育ての負担軽減のサービスを活用する

子育て支援を活用するということ。自宅訪問をして話を聞いてくれたり、一時預かり等をしてくれたりと、子育ての負担軽減のサービスを活用するというもの。

保育園や幼稚園にも通ってなくて一人の時間がない、そうした子育てに多忙で休む暇がないという人には非常に役立ちます。

現住所がある子育て支援センターに、先ずは利用できる支援について問い合わせるのが、乗り越えて逆転に繋いでいく術の一つ。

 

| 5.子育ての負担が軽減すれば解消するというわけではない

カウンセリングを受診するということ。我が子が嫌いという悩みは、必ずしも子育ての負担が軽減すれば解消するというわけではないもの。

子供に対しての接し方だったり考え方は、己自信の心の奥底にある様々な体験だったり感情が反映されます。

辛い気持ちをカウンセラーに話せば、ストレスの軽減効果もありますが、それだけではなくカウンセリングで己自身の内面にある他の感情が分かることもあります。

オンラインカウンセリングは、自宅にいながら好きな時間に受けることもできる、乗り越えて逆転に繋いでいく術の一つ。

 

 

 


子供が嫌いな母親も世の中にはいるもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.原因の一つが、親の思惑通りに動いてくれないというもの

子供が思惑通りにならないということ。我が子が嫌いと思ってしまう原因の一つが、親の思惑通りに動いてくれないというもの。

手間暇をかけて料理したご飯を食べてくれなかったり、良かれと考えることを受け入れてくれないことなどです。

何かにつけ文句ばかりを言う反抗的な子供には、何なんだと嫌悪感を抱くことになりかねません。

 

| 2.物事を正確に進めることを好む、完璧主義な傾向がある

完璧主義な傾向ということ。我が子が嫌いという人に見られるのが、物事を正確に進めることを好む、完璧主義な傾向があるというもの。

特に手際よく仕事をこなせるようなタイプは、子育てを仕事のように上手に回しきれず、その矛盾にイライラしてしまうことになりかねません。

子育ては仕事のように己自身のペースで進めることもできないので、完璧主義傾向がある人は予想外のことが起きる子育てにストレスを覚えかねません。

 

| 3.子供自身が生まれ持っている性質が影響しているという

子供の性質ということ。我が子が嫌いという人に見られるのが、子供自身が生まれ持っている性質が影響しているというもの。

少しのことで癇癪を起こしたり、意固地になり反抗するなど、そうした性質を持つ子供に相対していると、疲れ果てるということになりかねません。

どれほど優しい親であっても物事がスムーズに進まない時は、どうしてもイライラすることにもなりかねません。

 

| 4.こうあるべきなど、強力な重圧が切っ掛けとなっている

刷り込みがあるということ。我が子が嫌いな人に見られるのが、母親はこうあるべきなど、強力な重圧が切っ掛けとなっているというもの。

日本では母親は家事育児をして当然、そうした昔からの刷り込まれた意識が未だに根強く残っています。

子育てに揺れ動いていても、母親なのだから辛抱しなければ、そんな思いに捉われ過ぎ己自身を追い詰めてしまうことになりかねません。

 

 

 


子供が嫌いで捨てたいと思うこともある、注意しておきたい心理状態


 

| 1.人もいれば、幼少の頃から早期に教育を受けさせたい人も

正解も分からず不安という心理状態。子育てに正解などなく、元気に育てば良いという人もいれば、幼少の頃から早期に教育を受けさせたい人もいるもの。

正解のない中で手探りで子育てをしているケースでは、周りの人たちの些細な言葉に不安を覚えたり、傷付いたりすることになりかねません。

言葉を喋ることが遅いなど、他の子供と比較してり焦ったり不安になったすると、非常に子育てが辛く感じやすくなります。

 

| 2.ケースでは、他の人と子育ての悩みを共有したりもできる

孤独を感じる心理状態。子供を保育園や幼稚園に預けるような外の世界に触れるチャンスがあるケースでは、他の人と子育ての悩みを共有したりもできるもの。

子供がまだ小さかったり専業主婦をしている女性は、ずっと一緒に子供と自宅で過ごすことが多くなります。

子供と二人の時間ばかりを過ごしている場合、子育てを一生懸命頑張っても誰からも評価されず、孤独な気持ちを覚えかねません。

 

| 3.親から見て子供を理解できないようなことが多々出てくる

親子の相性が悪いという心理状態。対照的な性質を持った親子の場合、親から見て子供を理解できないようなことが多々出てくるもの。

親は集中力があるタイプでも子どもは落ち着きがなかったり、親は大勢で喋るのが好きだけど、子供は一人で過ごす方が好きなどです。

そうしたシーンが続けば、我が子が嫌いと感じる原因になってしまうこともあります。

 

 

 

まとめ

多々狙い通りにいかないことの連続です。ここでは、我が子が嫌いということもあるもの、乗り越えて逆転に繋いでいく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。