分かってもらえないのは因果応報かも知れない、心を和ませる具体策



人生を過ごしていると、分かってもらえないと感じることもあるもの。誰にも分かってもらえない悩みを抱えて、悶々としている人は珍しくありません。

誰にも理解して貰えないと気付いた時は、孤独感だったり無価値感を抱えやすくなり、誰とも分かり合えない悲しい気持ちが湧き上がることにもなりかねません。

分かってるとか分かっていますと簡単に口にする人もいますが、こうした分かってもらえないと考えている人は、他の人とは違う行動を取ることがあります。

それは言うことや思考の筋が通ってなかったり、自らが置かれている状をが分かっていないなど、理解不能な人ということにもなりかねません。

なので、自分自身が分かってもらえない悩みを抱え込んでいるときは、警戒する必要もあります。

ここでは、分かってもらえないのは因果応報かも知れない、心を和ませる具体策を紹介しています。

 

 

 


分かってもらえないのは因果応報かも知れない、心を和ませる具体策


 

| 1.伝わるよう行動ができていないということかも知れない

己自身の行動を振り返るということ。もしかすると分かってもらえないないのではなくて、伝わるよう行動ができていないということかも知れないもの。

分かって欲しいという気持ちばかりが先走って、己自身が理解できるような伝え方をしていないケースでは、なかなか納得しては貰えません。

己自身の中でこの前提が明確だったかを振り返り、できる限り周りの人たちが分かりやすいよう伝えるのも、心を和ませる具体策の一つ。

 

| 2.自然なことですが、そこばかりに意識が向けば疲れやすく

周りの人たちをきちんと理解するということ。己自身を分かって欲しいと思うことは自然なことですが、そこばかりに意識が向けば疲れやすくなるもの。

逆に、周りの人たちを理解することに意識を向けるのも非常に効果的で、その人にしか分からない悩みを抱えている、そうしたことに気が付くかも知れません。

一人悩んでいるのは己自身だけではない、そんなことに気が付けば、気分も軽くなっていく心を和ませる具体策の一つ。

 

| 3.対しての孤立感が、異常に強くなってしまうというもの

自己肯定感を高めていくということ。自己肯定感が低いケースでは、分かってもらえないことに対しての孤立感が、異常に強くなってしまうというもの。

自己肯定感の低下として考えられるのが、失敗体験のトラウマだったり養育環境や思考パターンの癖など、様々なことが要因になっています。

カウンセリングや認知行動療法のほか、スモールステップで段々と成功体験を積むなど、高めていくことが心を和ませる具体策の一つ。

 

| 4.現在は多くの人に己自身の姿を知って貰えるというもの

承認欲求を満たしていくということ。承認欲求は他人に尊重されたり認められたいというものですが、SNSの普及によって、現在は多くの人に己自身の姿を知って貰えるというもの。

過剰に承認欲求を満たしていく行き過ぎた行為は、問題視とされることにもなりますが、本来は心を満たして豊かな人生を送るためのものです。

誰からも分かってもらえない孤独感を抱えている人は、己自身の存在を広く知って貰うことで、問題の解消にも結び付く心を和ませる具体策の一つ。

 

| 5.ふとした瞬間に喪失感が襲ってくることもあるものです

誰かの役に立つことを意識するということ。己の好きなことをして一時的に寂しさを紛らわせていても、ふとした瞬間に喪失感が襲ってくることもあるもの。

そうした傾向があるタイプの人は、誰かに役立つことを意識するのも効果的で、他人のために頑張れる己自身に自信が持てる、心を和ませる具体策の一つ。

但し、役立つことだけを余りに考え過ぎていると疲れてしまうことになるので、適当に休憩したり趣味に熱中したりと、バランスを取って行動するよう心掛けます。

 

 

 


分かってもらえないのはビジネスも、注意したい理解できない人の特徴


 

| 1.受け止めていないので、すぐに忘れてしまうことになる

物覚えが非常に悪いということ。理解できない人に見られるのが、聞いた話をきちんと受け止めていないので、すぐに忘れてしまうことになるというもの。

仕事や作業内容の説明を一旦しても、後になってもう一度聞いてくることも多々あります。

この手のタイプの人物は、メモなどを取り覚えておこうとしたケースでも、後になって見返した時に内容が理解できないこともあります。

 

| 2.見られるのが、物事への視野が異常に狭い傾向があると

物事への視野が異常に狭いということ。理解できない人に多く見られるのが、物事への視野が異常に狭い傾向があるというもの。

理解力がある人であれば仕事を依頼された場合、それに関することも頭に入れて動くので、不明点が出てくれば確認したり解決策を考えます。

理解力が足りない人というのは指示されたことだけになりがちで、他者の立場になって物事を考えるゆとりもなく、周囲に目を配ることもできません。

 

| 3.全く分かっていなくても、分かっている振りをするという

理解している振りをするということ。理解力が足りていない人に多々見られるのが、全く分かっていなくても、分かっている振りをするというもの。

上司が会議などで参加者に対して、質問があるかと尋ねた時でも、本当はもう一度説明して欲しいのに口にできなかったりします。

仕事の指示内容が分かったかと尋ねられた際も、本当は何をすべきか理解してなくても、分かりましたと答えてしまうことになりかねません。

 

| 4.ことも多く、己自身の言葉で説明することが不得手という

他者に向かって説明するのが不得手ということ。理解できない人は状況を把握していないことも多く、己自身の言葉で説明することが不得手というもの。

結果として、オウム返しで誰かから聞いた話したり、資料などが棒読みになってしまうような傾向があります。

己自身が意見を持っていることが非常に稀なので、積極性に欠け目立つような行動を避けることにもなりかねません。

 

 

 


分かってくださいと言うこともあるもの、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.そういった具合に愛情の量を価値と考えているというもの

愛されたいという心理状態。愛されている己自身は認められている、そういった具合に愛情の量を価値と考えているというもの。

愛されたいといった思いが強過ぎる余りに、愛されていても気付くことができず、寂しさを感じてしまうことになりかねません。

こういったタイプの人は愛情の中身ではなく、その量だったり頻度を求めてしまうので、周りの人たちから面倒臭い人と受取られてしまうことになりかねません。

 

| 2.実際には理解してもらえないと諦めてしまっているという

諦めてしまっている心理状態。深層心理の中は誰かに分かって欲しいと思っても、実際には理解してもらえないと諦めてしまっているというもの。

ありのままの等身大の己自身を前に出していけば嫌われてしまうと考え、その本性を表せない人もいます。

傷付きたくないという思いが先に立って、他の人を信頼しないようにストッパーを掛けてしまっているのかも知れません。

 

| 3.乗り越えて行く仕組みが人間のなかに備わっているもの

明るく振る舞うという心理状態。寂しさなどの負の感情は、己自身がその気持ちを受け止めることで、乗り越えて行く仕組みが人間のなかに備わっているもの。

但し、負の感情を無理に抑え込んで、常に明るく振る舞うような人は、いつまで経ってもその寂しさを消すことはできません。

結果として、何をしても理解されないと感じ、喪失感に襲われることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

悶々としている人など珍しくありません。ここでは、分かってもらえないのは因果応報かも知れない、心を和ませる具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。