容認できない末路はただ厳しくなるもの、気を静め逆転に繋げる具体策



人生を過ごしていると、容認できないときがあるもの。嫌な言葉を投げ掛けられたり理不尽に叱責されるなど、どうしても許せないような時。

こうした容認できない事柄は日常生活でも多々あって、相手のちょっとしたミスに苛立ち、その人の中身まで嫌いになってしまうことにもなりかねません。

容認できないの意味は受け入れられないということですが、過去を思い返しては怒りが湧き起こってくるような時もあります。

容認できないネガティブな心に捉われ過ぎていれば、精神的な状態も良いことにはなかなかなりません。

なので、容認できないことに出会った時、身をかわす方法を覚えておけば先々にも役立ちます。

ここでは、容認できない末路はただ厳しくなるもの、気を静め逆転に繋げる具体策を紹介しています。

 

 

 


容認できない末路はただ厳しくなるもの、気を静め逆転に繋げる具体策


 

| 1.努力しなければならなくなり、またストレスが溜まると

無理に容認しようとしないということ。容認することを最終目標にしたケースでは、これまで以上に努力しなければならなくなり、またストレスが溜まるというもの。

納得できない気持ちでいる状態で、無理に容認しようととすれば反発もしたくなるので、そんな感情に支配されそうであれば、怒っていることを認めることからスタートします。

感情的になるほどに怒りも増すので、先ずは客観的に己自身を見つめるのが、気を静め逆転に繋げる具体策の一つ。

 

| 2.怒りだったり悲しい感情を、素直に吐き出すようにする

気持ちに素直に向き合うということ。先ずは己自身の中に渦巻いている怒りだったり悲しい感情を、素直に吐き出すようにするというもの。

己を傷つけた相手に向かって言いたいことや、どうして痛手を負ったのかなど、メモにリスト化していくのが気を静め逆転に繋げる具体策の一つ。

心の中にあるネガティブ感情を吐き出すことで、デトックスにも繋がり、己自身が許せないことへの本当の原因が浮かび上がることもあります。

 

| 3.抱えたままでは、機会のあるごとに振り回されてしまう

感情を露わにするということ。容認できない時は気持ちを露わにするのも大事なことで、平気な振りをし心に抱えたままでは、機会のあるごとに振り回されてしまうもの。

最善なのは容認できないに対して表現することで、謝って欲しいという感情を、己なりに伝えるのが気を静め逆転に繋げる具体策の一つ。

それが困難なときは信頼できる人に対して、相談という形式で己自身の素直な心境を打ち明けるようにします。そうすると客観的に己自身の感情を振り返ることができます。

 

| 4.人間など存在せず、未熟なところもあると認識するという

良い人間も悪い人間もいると認識するということ。人間には誰しも短所があって、そのことを前提に完璧な人間など存在せず、未熟なところもあると認識するというもの。

人間の価値観は個々で様々で、己自身と価値観が一致する人物は存在せず、一緒にいて楽しい人もいれば、不愉快な気持ちになる人もいます。

そんな時は感情で捉えるのでなく、そんな人間もいると冷静に受け入れられるようになると、徐々に許せない気持ちむ薄まる、気を静め逆転に繋げる具体策の一つ。

 

| 5.距離を置いて、己の人生とは無関係なものにするという

容認できない相手はと距離を置くということ。容認できない相手が普段から身近にいれば怒りの感情も増すことになり、できる限り距離を置いて、己の人生とは無関係なものにするというもの。

会う頻度を減らすのは効果的で、SNSなどでも意識せずにアカウントチェックしないように注意します。

距離を置くほど容認できない相手のことが思い浮かぶ機会も減るので、段々と時間をかけて怒りの感情を手放す、気を静め逆転に繋げる具体策の一つ。

 

 

 


容認できないの敬語は承服しかねるとも、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.できず、逆に向こうが誠意を持って謝るべきと思うもの

己が正しいという心理状態。己自身が正しいと思い込んでいるケースでは、なかなか相手を容認することができず、逆に向こうが誠意を持って謝るべきと思うもの。

嘘を吐かれたり裏切られたりすれば、悲しい気持ちも湧き起こり、被害者意識が芽生えやすいことになりかねません。

友人などに相談しても、あなたは悪くないなどの優しい言葉が貰えると、己は正しいと感じて一層相手を容認できなくなります。

 

| 2.折れた形になるので、損したような精神状態になることも

損したような気分になるという心理状態。相手を許容したケースでは、己自身が折れた形になるので、損したような精神状態になることもあるもの。

依然として怒りの感情はあるにも関わらず、急に手放していかなければならず、腑に落ちず心に穴が空いたようになりかねません。

そこから先は対等な位置関係に戻らなければいけないことにもなり、損したような感覚に陥って、なかなか相手を許容できなことになりかねません。

 

| 3.ケースでは、なかなか相手を許容することはできないもの

表に怒りの感情が出ないという心理状態。怒りの感情を表に露わにしていないケースでは、なかなか相手を許容することはできないもの。

怒りの感情を他者に見せてはいけないのは真面目な人に多く見られ、許容できない相手に嫌われたくないという思いから強い態度に出られません。

無意識に心の中に追い込んだ感情は、上手く発散していかなければ、どこまでも引っかかってしまうことになりかねません。

 

| 4.寛容にもなれないので、なかなか相手を容認できないもの

劣等感があるという心理状態。己自身に自信を持てなければ、気持ちに余裕が持てず寛容にもなれないので、なかなか相手を容認できないもの。

劣等意識があると物事に執着することも多々あり、過去の苦い体験がを思い浮かび曖昧模糊とした気持ちになりかねません。

一方で自己肯定感の高い人は、様ざまな物事に意識が向きやすく、容認できない感情も時間と共に薄れることがあります。

 

 

 


許せないことも人間にはある、注意しておきたい容認できない人の特徴


 

| 1.プライドが異常に高く己が傷付けられることに敏感という

プライドが異常に高いということ。人のことを容認できない人に見られるのが、プライドが異常に高く己が傷付けられることに敏感というもの。

周囲の人たち人が己自身と同じように嫌な思いをしているときも、己ばかりが嫌な思いをしていると、不快感が過大になる傾向があります。

こうした異常にプライドが高い人は自己愛も強く、己自身は特別だと思ったり、努力を過大に評価することになりかねません。

 

| 2.見受けられるのが、傾向が独善的で他者の気持ちは考え

独善的ということ。人のことを容認できない人に見受けられるのが、傾向が独善的で他者の気持ちは考えないというもの。

周囲の人たちからすれば配慮された扱いでも、こうした自分中心的な人にとっては、十分ではないと感じることも珍しくありません。

周囲に目を向けないところもあり、己自身が考える理想の状態や対応を基準にして、不満を抱くことになりかねません。

 

| 3.完璧主義者的なところがあり、どんなことに失敗やミスを

完璧主義者ということ。人のことを容認できない人に見られるのが、完璧主義者的なところがあり、どんなことに失敗やミスを認めないというもの。

全てを完璧にこなしたいという思いが強く、小さな損だったり持つ必要がないネガティブな感情を不利益と認識する傾向があります。

電車の遅延で約束の時刻に遅れてしまった場合、普通の人であれば仕方がないと思いますが、容認できない気持に襲われかねません。

 

 

 

まとめ

湧き起こってくるような時もあります。ここでは、容認できない末路はただ厳しくなるもの、気を静め逆転に繋げる具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。