仕事に自信がないとか怖いから脱却したいもの、上手に克服していく術



人生を過ごしていると、仕事に自信がないとか怖いと思うことがあるもの。仕事が怖いとか職場に行きたくないなどの気持ちは、誰しも一度くらいは抱くものです。

仕事が怖いというのは病気の場合もありますが、今は楽しそうに仕事に打ち込んでいる人でも、仕事が怖くて仕方がない時期を過ごした可能性は充分にあります。

仕事が怖いとか不安になるという気持ちは、自分自身の素直な感情なので、否定することなく受け入れることが重要ということにもなりかねません。

ただ自分だけが辛い思いをしている訳ではないという風に捉えれば、少しは気楽になるかも知れません。

但し、仕事したいけど怖いなどの素直な感情を早い段階で受け止めなければ、抑圧することになり注意も必要です。

ここでは、仕事に自信がないとか怖いから脱却したいもの、上手に克服していく術を紹介しています。

 

 

 


仕事に自信がないとか怖いから脱却したいもの、上手に克服していく術


 

| 1.自己否定感が強くなって、仕事が怖くなることがあるもの

周りの評価を気にし過ぎないということ。職場で周りの人たちの評価を気にし過ぎた場合、孤立感だったり自己否定感が強くなって、仕事が怖くなることがあるもの。

職場に対しての恐怖感を和らげるために、周りの人たちの評価を気にし過ぎないよう意識することが重要な、上手に克服していく術の一つ。

物事の捉え方だったり価値観は人にそれぞれで異なるので、周りの人たちに批判されても、そんな考え方もあると軽く受け止めるようにします。

 

| 2.また悪いことが起きるなど、仕事に行くことが怖くなる

必要以上に自分を責めすぎないということ。自己否定感が強いタイプの人は、どうせ失敗するとかまた悪いことが起きるなど、仕事に行くことが怖くなるもの。

精一杯の努力で取り組んだ結果が駄目だった場合でも、自分自身の実力を認め開き直ることも、上手に克服していく術の一つ。

必要以上に自分自身を責めすぎないことが重要で、努力を積み重ねて能力を高め、実績を積み上げて将来的に結果を残せれば良いということです。

 

| 3.強い場合、そんな悩みを信頼できる人物に聞いて貰うと

信頼できる人物に相談するということ。仕事に行きたくない気持ちが非常に強い場合、そんな悩みを信頼できる人物に聞いて貰うというもの。

家族だったり友人に相談することだけで、気持ちも落ち着く可能性がある、上手に克服していく術の一つ。

第三者の客観的な立場から悩みを聞いて貰えるので、単独では思い浮かばないような解決策が見つかることがあるかも知れません。

 

| 4.収まりがつかない場合、踏ん切りを付けて仕事を休んで

しばらく仕事を休むということ。仕事に自身がなく怖いという感情の収まりがつかない場合、踏ん切りを付けて仕事を休んでみるというもの。

リフレッシュすることにより仕事への怖さも和らぐ可能性があり、休んでいる間に自らの感情を見つめ直すことにより、仕事への考え方が大きく変化するかも知れません。

根本的解決にはならなくても、心身の疲労を取るのは重要で、体調を崩してしまう前に休む期間を定期的に設けるのも、上手に克服していく術の一つ。

 

| 5.いつまでも今の職場に固執し続けるのは危険というもの

転職し環境を変えるということ。環境だったり自分自身の変化が見込めない場合、いつまでも今の職場に固執し続けるのは危険というもの。

仕事が怖いと感じる気持ちがなくならないの時は、転職も視野に入れてみるのが、上手に克服していく術の一つ。

仕事に行きたくないという原因の大半は、転職して環境を変えることにより解消でき、新しい職場でやり甲斐を持てるほか、人間関係もリセットして再出発ができます。

 

 

 


失敗が怖い仕事も稀にはあるもの、知っておきたい仕事が怖い原因面


 

| 1.非難されるのが嫌で、仕事に行くのが怖いということも

上司や先輩から避難されるのが怖いということ。すぐに腹を立てる上司や先輩がいる場合、非難されるのが嫌で、仕事に行くのが怖いということもあるもの。

怒られないよう顔色を伺いながら仕事をすることにもなりかねず、常に緊張感が漂う職場では、心身の不調をきたすことにもなりかねません。

感情的に怒鳴ったりするような、人格否定のパワハラの被害にあっている場合、我慢して働き続けるのは非常に危険です。。

 

| 2.見られるのが、気が弱くプレッシャーに耐えられないと

プレッシャーに耐えられないということ。仕事が怖い切っ掛けの一つに見られるのが、気が弱くプレッシャーに耐えられないというもの。

責任の重大な仕事を任されたり厳しいノルマを課されるような時は、非常に強い重圧を覚えることにもなりかねません。

プレッシャーを意欲へ変換できない生真面目な人は、我慢の限界を迎えることになり押し潰されかねません。

 

| 3.失敗を犯すことが怖くなり、仕事に行くのが嫌になって

仕事が上手くいかないということ。失敗ばかりを繰り返している人や過去に大失敗をしたことがある人は、失敗を犯すことが怖くなり、仕事に行くのが嫌になってしまうもの。

ミスをすると少なからず周りの人たちに迷惑をかけることになり、目が気になって孤立している感覚に陥ることにもなりかねません。

細心の注意を払って完遂したにも関わらず、ミスをしてしまえば自信喪失へと繋がりかねません

 

| 4.ような気がして、仕事へと向かうのが怖くなるというもの

人間関係が悪化しているということ。上司や先輩だけでなく同僚や後輩との間の人間関係が悪い場合、陰口を叩かれているような気がして、仕事へと向かうのが怖くなるというもの。

人間関係が悪化する主な要因はコミュニケーション不足で、相手が何を考えているかが分からなければ不安を覚えてしまいかねません。

周りの人たちとの関係が悪ければ、困ったことが起こっても相談ができず、結果としてミスが多くなるということにもなりかねません。

 

 

 


仕事が恐い不安障害があっても、働き続けるために大事になるポイント


 

| 1.悩んでいる場合、心療内科や精神科医を受診するという

専門医の元で治療をするということ。もしかして不安障害かもと悩んでいる場合、心療内科や精神科医を受診するというもの。

初めてのときはハードルが高く感じられ、精神疾患だったらなどの怖れから、受診に至らないことがあるかも知れません。

但し、不安症状の中で無理に業務に励んでも、良い成果はあがりません。

 

| 2.必要がない仕事や、個人のペースでできる作業というもの

自分に似合った職場で働くということ。不安障害のある人に向いているのが、他者と会話の必要がない仕事や、個人のペースでできる作業というもの。

電話対応だったり来客対応など、臨機応変さを求められるような職場は避けた方が賢明です。

在宅仕事は職場の人間関係にも悩まされないで、会社とのやり取りがチャットで終了することも多いので向いた仕事環境です。

 

| 3.職場復帰するのが怖いと感じる人も案外に多くいるもの

職場復帰支援プログラムをりようするということ。職場復帰ができるのだろうかとか、職場復帰するのが怖いと感じる人も案外に多くいるもの。

自分だけで復職の準備を進めることに対して不安を感じている場合、職場復帰支援プログラムを利用してみるのも良い手です。

これは心の病気を原因となり休職している労働者に対てし、職場復帰に向けてのリハビリテーションのプログラムです。

 

 

 

まとめ

また誰しも一度くらいは抱くものです。ここでは、仕事に自信がないとか怖いから脱却したいもの、上手に克服していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。