従順な人はサイコパスかも知れない、抵抗なく付き合っていく具体案



身の回りにも、従順な人がいるもの。攻撃的なところなどはまったくなく、周りの人たちに自分の考えを自己主張できないような人。

日本人は従順だとも言われますが、従順な人は非常にマイペースなところがあり、ネガティブな点は協調性の欠如と捉えられることも。

結果として、ポジティブに他者に関わる社交的な人とは対極に位置していて、仕事内容によっては欠点として受け取られる事例も多々あります。

従順な人の意味はと言えば、状況などにも逆らわず素直な態度を表しますが、職場では指示待ち人間ということにもなりかねません。

大きな声を出せないところもあり、業務関連で問題が生じることも稀にあります。

ここでは、従順な人はサイコパスかも知れない、抵抗なく付き合っていく具体案を紹介しています。

 

 

 


従順な人はサイコパスかも知れない、抵抗なく付き合っていく具体案


 

| 1.己自身の心をニュートラルに調整しておく必要があるもの

心をニュートラルにしておくということ。従順な人と向き合う時は、できる限り己自身の心をニュートラルに調整しておく必要があるもの。

深く考え込むことがないようにすることが大事で、互いの関係を一旦考え直してみるのも、抵抗なく付き合っていく具体案の一つ。

従順な人にとって己自身がどういった立ち場にいるのか、そういったことを良く把握して、中立の立ち場で向き合うよう心掛けます。

 

| 2.圧倒されて、己自身のことを見失ってしまうことがある

二人だけの時間を用意するということ。従順な人は大勢の中にいる場合、圧倒されてしまって、己自身のことを見失ってしまうことがあるもの。

結果として、好意をもつ人が相手のときは、できる限り二人の時間を用意していくのが、抵抗なく付き合っていく具体案の一つ。

一対一なら多少は自己アピールもやりやすくなるので、相手が沢山喋れるように、関心や興味が湧く話題をどんどん引き出すようにします。

 

| 3.タイミングはあり、見計らって己から積極的に話掛ける

愛想が良くなるタイミングを探るということ。従順な人にも愛想が良くなるタイミングはあり、見計らって己から積極的に話掛けるというもの。

このときに誕生日の約束などの、己自身に関心があるのかを探れるような会話があれば、相手の気持ちも明らかになる、抵抗なく付き合っていく具体案の一つ。

ある程度の時間が経てば従順な人も慣れてきて、徐々にですが態度の変化も見られるようになってきます。

 

| 4.従順な人は好きな相手に対しても弱いシグナルを送ると

弱いシグナルをキャッチするということ。積極的な人というのは非常に強いシグナルを発するものですが、従順な人は好きな相手に対しても弱いシグナルを送るというもの。

恥ずかしそうに下を向いたり、服についたゴミをそっと取ってくれたりなど、弱いシグナルを見逃さないことが、抵抗なく付き合っていく具体案の一つ。

嫌いな相手に対しては拒否する態度を取ることも多く、見落とさないのが相手の気持ちを知る上での重要なポイントです。

 

| 5.大人しいからと決め付けた接し方は避けるというものです

相手の意志を先ず優先するということ。従順な人も本当は積極的になりたいと考えていることがあり、大人しいからと決め付けた接し方は避けるというもの。

デートをするときも、時間だったり場所などを決めてもらうよう、相手の意思を先ず優先するのが、抵抗なく付き合っていく具体案の一つ。

誘導して貰うようにしていけば、従順な人も己自身の意見だったり主張が言いやすくなっていきます。

 

 

 


従順な人が好きという声も多くあるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.己自身が積極性を持ち、率先して行動することはないと

受け身の姿勢ということ。従順な人に良く見られるのが、普段から遠慮がちで、己自身が積極性を持ち、率先して行動することはないというもの。

常に受け身の状態で、何かをする時も誰かに促されてからや誘われてからが大半で、やりたいことがあっても心の隅にで思うだけで具体的な行動はありません。

基本的に従順なので、周囲の人たちに向かって反発するような態度は控えるほか、違った意見があっても発言するようなこともありません。

 

| 2.人見知りなとことがあるほか、森閑とした環境を好むと

大勢の集まりが不得手ということ。従順な人に見受けられるのが、人見知りなとことがあるほか、森閑とした環境を好むというもの。

職場での飲み会等があっても滅多に参加せず、もし参加した際も途中で退席することも多く、絶対に二次会にはその姿がありません。

どちらかと言うと気心が知れた相手と、リラックスして過ごす方が性に合っていて、騒がしい大人数の集まりというのは非常に不得手です。

 

| 3.話すのは不得手でも、相手の話は正確に聞けるというもの

聞き上手ということ。従順な人に見られるのが、己自身のことを話すのは不得手でも、相手の話は正確に聞けるというもの。

会話をする時にも己から聞き役に回ることが常で、相手が気持ち良く話せるような雰囲気作りにも非常に長けています。

人によってはストレスが溜まりそうですが、合間に質問を挟んでみたり、聞き上手は従順な人が世渡りしていくにも大きな武器となっています。

 

| 4.謙虚なところがあるので、大抵の人間には好意的な目で

非常に物腰が柔らかいということ。従順な人は自己評価が低い傾向があり、低姿勢で謙虚なところがあるので、大抵の人間には好意的な目で見られるもの。

低姿勢というのは簡単なようでプライドが邪魔をすることもあり、実践するのははなかなか難しいというところがあります。

一歩間違えてしまうと、わざとらしくもなるので、従順な人はそのへんの匙加減自体がが絶妙なところを持っています。

 

 

 


従順な人には様ざまな面が見られるもの、注意しておきたい心理状態


 

| 1.合わせた行動をすると、疲労が溜まっていくというもの

基本的にマイペースな心理状態。従順な人というのは異常にマイペースな部分があり、周囲の人たちに合わせた行動をすると、疲労が溜まっていくというもの。

職場などでも皆が集まって雑談で盛り上がっている時も、それには参加しなかったり、輪の中に入っていても会話を盛り上げるなど己自身から話題提供をしたりはしません。

関心や興味のないことに首を突っ込むような積極性は全くなく、従順な人の面目躍如といったことにもなりかねません。

 

| 2.他者に先んじて前に出ていくことができないというもの

自己肯定感が異常に低いという心理状態。従順な人に見られるのが、己に自信を持つこともできず、他者に先んじて前に出ていくことができないというもの。

気になる人が恋愛関係でいても、己など相手にされるはずがないなど、アプローチすることしないで、人に取られてしまうような恋愛下手な一面があります。

客観的な第三者の目から見れば、それほど己を卑下しなくてもと思いますが、本人的には自己肯定感が異常に低いので従順になることになりかねません。

 

| 3.穏やかな傾向で、強く自己主張することはないというもの

感情的にはならないという心理状態。従順な人はどちらかと言うと穏やかな傾向で、強く自己主張することはないというもの。

これは職場などにも一人程度はいる、いつも物静かで穏やかな人物で、怒っているのは見たことがないと呼ばれるようなタイプ。

気持ちが揺れ動くようなことはなく、仮に昂っても表に出さない従順な人は、感情的な姿を外に見せることは滅多にありません。

 

 

 

まとめ

その考えを自己主張できないような人物。従順な人はサイコパスかも知れない、抵抗なく付き合っていく具体案を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。