生きてるのが嫌から再出発したいもの、上手に乗り切り繋いでいく術



日々を過ごしていると、生きてるのが嫌になることもあるもの。何もかも都合よく進まず、どうしようもなくなり、生きるのが嫌になることも稀にあります。

人生には順調な時もあれば不調な時もある、そんなことを頭の中で理解していても、仕事で失敗したり恋人との関係が悪化するなど、生きているのが嫌になることがあります。

さらに職場の上司と衝突したりと、様ざまな面でスムーズに進まないことが増えれば、鬱屈した思いになり強くなり生きるの嫌ということにもなりかねません。

そんな時は周囲も見えなくなりがちで、不安や悩みを解消しようとしても、アドバイスなどにも耳を傾けられず、問題解決までには遠回りをしてしまうことにもなりかねません。

ここでは、生きてるのが嫌から再出発したいもの、上手に乗り切り繋いでいく術を紹介しています。

 

 

 


生きてるのが嫌から再出発したいもの、上手に乗り切り繋いでいく術


 

| 1.先ずは身体を癒し休養をとることが非常に重要というもの

身体を癒し休養をとるということ。ストレスで心が限界を迎えたと感じたケースでは、先ずは身体を癒し休養をとることが非常に重要というもの。

心と身体は密接に関連しているので、どれほど強い心を持っているつもりでも、身体が疲弊していれば精神的にも引き摺られて、ネガティブな心境に陥りやすいものです。

栄養バランスの良い食事を摂り十分睡眠を取って、内側から爽快な気持ちになることで、ストレスも軽減される上手に乗り切り繋いでいく術の一つ。

 

| 2.方法というのは、できる限りストレスの源から距離を離す

ストレスの源から距離を離すということ。生きてるのが嫌になった際に良い方法というのは、できる限りストレスの源から距離を離すというもの。

例を上げると、コミュニティーの人間関係がストレスの一になっているケースでは、そこを一旦離れることで、新しい人間関係を構築するのも上手に乗り切り繋いでいく術の一つ。

精神的距離というだけではなく、物理的にも距離を離すことでストレスとの関りも縁遠くなり、気持ちを入れ換える切っ掛けにもなります。

 

| 3.己自身がやりたいことをする1日を用意するというもの

やりたいことをする1日を設けるということ。生きてるのが嫌になり全てを投げ出してしまう前に、己自身がやりたいことをする1日を用意するというもの。

食べたい物を食べたり行きたい所に行ったりのほか、会いたい人に久しぶりに会ったりなど、やりたいことをします

己自身のやり甲斐だったり楽しいと思える瞬間を思い起こすためにも、好きなことに没頭する時間も必要な、上手に乗り切り繋いでいく術の一つ。

 

| 4.現在の心境を言葉にし、他者に伝えることが大切という

言葉にして他者に気持ちを伝えるということ。心が苦しくなって生きてるのが嫌になった時は、できるだけ現在の心境を言葉にし、他者に伝えることが大切というもの。

直接的な問題解決に繋がらなくても、辛い気持ちを分かってくれている人がいる、そんな事実だけでも心の支えになります。

話せる人が身近にいないケースでは、匿名のブログだったりSNSなどでも良く、他者に向けて見える形で気持ちを露わにしていくのも、上手に乗り切り繋いでいく術の一つ。

 

| 5.広げるためには、良い意味での現実逃避が効果的という

我を忘れてストレスが発散できる所へ行くということ。生きてるのが嫌になった際に、ストレスを発散をし視野を広げるためには、良い意味での現実逃避が効果的というもの。

例を上げると、非現実的空間を楽しめるライブだったり絶叫マシンのある遊園地などのほか、存分に汗を流せるスポーツ施設等が当て嵌まります。

頭の中に悩みや不安がなくなるほど我を忘れられる空間は、ストレスとの間を縁遠いものにしてくれる、上手に乗り切り繋いでいく術の一つ。

 

 

 


生きてるのが嫌になったということも、注意しておきたいその原因面


 

| 1.生きてるのが嫌になるほどの、衝撃的な出来事というもの

信用していた人物に裏切られたということ。信用していた人物の裏切りは、生きてるのが嫌になるほどの、衝撃的な出来事というもの。

特に家族をはじめ恋人や親友など、極近しい関係の人からの裏切りは、目の前も真っ暗になって現実感を失うことになりかねません。

今まで築いてきた信用の厚さ分だけ衝撃も大きく、相手を信じていた己自身の価値観すらも揺れ動くことにもなりかねません。

 

| 2.差別的な扱いを受けたり、理不尽な仕打ちを受けることも

理不尽な仕打ちをされたということ。現代社会に生きているケースでは、明らかな差別的な扱いを受けたり、理不尽な仕打ちを受けることもあるもの。

一生懸命に努力をして得た成果を他人に奪われてしまったり、己自身に落ち度がないに関わらず、責任を押し付けられるようなこともあります。

社会には理不尽なことも多くあり、心がその現実を受け止められず、生きてるのが嫌になったということになりかねません。

| 3.超えてしまい、もうどうにでもなれと思ってしまうという

複数の悩みが重なったということ。複数の悩みが重なったというケースでは、心の疲労が許容量を超えてしまい、もうどうにでもなれと思ってしまうというもの。

人生には嫌なことが重なってしまうことも多々あり、一つ一つの対処に関わっていれば、心身も疲れ果ててしまいかねません。

悩みの解決となると、時間だけでなく金銭面も関係することにもなり、根本的な解決を迎えるまでにストレスも収まりません。

 

| 4.仕事に忙殺されてプライベート時間が取れないというもの

仕事に忙殺されている状況ということ。生きてるのが嫌になった際に見られるのが、仕事に忙殺されてプライベート時間が取れないというもの。

本来の労働は報酬と呼ばれる対価を得るための行為で、基本的に労働自体を目的することはありません。

対価として獲得した報酬を、自分のために使う時間的な余裕のない状況は、何のために働いていると生きてるのが嫌になりかねません。

 

 

 


生きるの嫌だには様ざまな面が見られるもの、覚えておきたい心理状態


 

| 1.人間関係でも、何らかの切っ掛で変わってしまうことが

人間関係で問題が続いたという心理状態。これまでトラブルがないような良好な人間関係でも、何らかの切っ掛で変わってしまうことがあるもの。

仕事上のミスで職場の人たちに引け目を感じたり、恋人と喧嘩をして何日間も連絡を取ってないなど、問題続きでは疲れ果てることになりかねません。

人生で良いことなど何もない、そんな悲観的な感情に支配され、生きてるのが嫌になることになりかねません。

 

| 2.会えなかったとしても、己自身の思う気持ちに変わりは

恋人に裏切られた心理状態。本気で好きな相手は重要な存在で、忙しくて会えなかったとしても、己自身の思う気持ちに変わりはないもの。

それなのに恋人が己に隠れて浮気をしていた、そんなことを知った時には、あまりのショックに塞ぎ込んでしまいかねません。

それまで築いていた愛情だったり信頼関係は全て崩れ、絶望へへ変わってしまうことになりかねません。

 

| 3.昇進したりしたケースでは、一層頑張ろうと気合いも入る

努力が報われなかった心理状態。仕事で新プロジェクトを任されたり、責任のある立場に昇進したりしたケースでは、一層頑張ろうと気合いも入るもの。

己なりに真摯に努力を積み重ねて、時間をかけてリサーチするなどのほか、資料作成にも力が入ります。

そうした努力にも関わらず残念な結果が出てしまった時は、疲労感も増して生きてるのが嫌になることになりかねません。

 

 

 

まとめ

中にはまた嫌になることも稀にあります。ここでは、生きてるのが嫌から再出発したいもの、上手に乗り切り繋いでいく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。