心配事がある時を逆転に結び付けたい、注意深く乗り切っていく具体策



日々の暮らしの中で、心配事がある時もあるもの。仕事のことをはじめ多忙なスケジュール管理に、パートナーや恋人に家族や友人との人間関係など。

日常生活の中では、多かれ少なかれ誰もが心配事を持ち過ごしているもので、一旦思い悩みはじめると次第に負のイメージが湧き、マイナス思考から抜け出せなくなりかねません。

もちろんそんな心配な時に聞く曲だったり、心配な時にかける言葉や名言などもありますが、現実はストレスの限界が近いサインかも知れません。

心配な時の不安を脳科学的に簡単に言えば、人間が緊張したり恐怖感を持つときで、脳内物質であるノルアドレナリンが分泌されている状態。

なので、心配事がある時は早めに対処していく必要があります。

ここでは、心配事がある時を逆転に結び付けたい、注意深く乗り切っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


心配事がある時を逆転に結び付けたい、注意深く乗り切っていく具体策


 

| 1.エネルギーが分散され、身体の緊張感がほぐれやすくなる

運動をするということ。運動をすることによって、心配事がある時のエネルギーが分散され、身体の緊張感がほぐれやすくなるというもの。

研究結果からも、運動をすることで心配事などに伴っている症状も大幅に減り、気に掛かっている事から意識が離れて、負の感情への耐性が強くなることも分かっています。

付近を10分間程度ジョギングするだけでも違いがあり、外に出て自然に触れられるような環境にあれば散歩するのも、注意深く乗り切っていく具体策の一つ。

 

| 2.ショックを身体に与える、そうしたことで和らぐ可能性が

冷たい水で気持ちを落ち着かせるということ。心配事がある時は、小さなショックを身体に与える、そうしたことで和らぐ可能性があるもの。

冷たい水に飛び込んだ際、一瞬息をのむのと同様の原理で、冷たいシャワーを浴びたりするほか、手首に冷水を流したり氷を握ったりするのも、注意深く乗り切っていく具体策の一つ。

身体が冷たさに集中しなければならなくなり、感じているストレスの原因から意識が一瞬離れる仕組みで、一時的対処として覚えておくのは良いかも知れません。

 

| 3.メンタル的な面に関しても同じことが該当するというもの

生活習慣を見直して予防するということ。病気への最良の薬は予防とも言われますが、メンタル的な面に関しても同じことが該当するというもの。

予防の第一段階として、普段の生活における十分な睡眠だったり、適度な運動だったり栄養バランスが取れた食事が重要ポイントになります。

心配事がある時など、心のバランスが不安定状態では立て直すのも難しく、できることからスタートするのが、注意深く乗り切っていく具体策の一つ。

 

| 4.悩みの元になりやすいテーマなど、見極められるように

思考パターンの癖を掴むということ。心配事をリスト化することにより、己自身の思考パターンや悩みの元になりやすいテーマなど、見極められるようにするというもの。

己自身のネガティブな思考パターンを自覚すれば、心配事がある時にも要点を特定しやすくなる、注意深く乗り切っていく具体策の一つ。

己自身の負の思考パターンを特定できれば、非論理的なイメージを心配な気持ちからしている、そうしたことも見極められることに繋がります。

 

| 5.落ち着かせていく方法が、5-4-3-2-1ルールと

不安解消のルールを実践するということ。心配事がある時に、瞬時に気持ちを落ち着かせていく方法が、5-4-3-2-1ルールというもの

部屋を見渡して、目に見えるものを5つに感じることを4つ、聞こえてくる音を3つに香りを2つと、味がするものを1つ選択するというものです。

こうして五感を使うことで、現時点を意識することができ、脳が上の空になることを防いでいく、注意深く乗り切っていく具体策の一つ。

一人の状況であれば、声に出して言うこともできて、一層己自身がいることに意識を向けられて不安も吹き飛びます。

 

 

 


心配事がある時の対処法もあるもの、覚えておきたいそんな人の特徴面


 

| 1.決断をした後で失敗をしたくないと思っているというもの

優柔不断で決断力がないということ。心配事があり自信を持てない人は、決断をした後で失敗をしたくないと思っているというもの。

間違った一方を選択したくないという考えから、己自身で決定する能力が欠けているような人が多い傾向にあります。

成功したいからと躊躇するのではなく、失敗したくないという考えで逡巡するネガティブ思考も、自信がない人に見受けられるところです。

 

| 2.多いものですが、自信がない人は人間への依存心が強い

依存心が非常に強いということ。依存は人だったり物がターゲットとなるケースが多いものですが、自信がない人は人間への依存心が強いというもの。

いつも心配事がある人は基本的には悲観的な思考で、一人では決断もできないので、誰かの意見に従ったり頼ったりすることになりかねません。

己自身が判断しなくても責任を取ってくれる人を探す、そんな風に他人に対して依存してしまうことになりかねません。

 

| 3.考えていて、適当な手抜きをすることができないという

完全主義なところがあるということ。心配事がある人は何事も完全にしなければと考えていて、適当な手抜きをすることができないというもの。

求める理想が高過ぎるところがあり、失敗することに対して極端な恐怖心を募らせることになりかねません。

どんな物事にも100点満点を追求し過ぎてしまいがちで、ある意味ではリアリティのない部分があります。

 

| 4.価値がないなどと、自己を卑下してしまう癖があるという

自己卑下の傾向を持っているということ。己は何て駄目とか価値がないなどと、自己を卑下してしまう癖があるというもの。

強いコンプレックスがあるので、何かに挑戦するときも投げやりになることも多く、最初から諦めているような雰囲気もあります。

何でもネガティブな方向に考えることが多く、将来のことに不安を感じたり、過去にあったことで自責の念に駆られることがあります。

 

 

 


心配な時にはlineも変化する?注意しておきたいそんな人の原因面


 

| 1.頻繁にあったり、過多な期待や干渉を受けたりしたという

幼少の頃の環境ということ。幼い頃に否定されるようなことが頻繁にあったり、過多な期待や干渉を受けたりしたというもの。

兄弟間で比較をされたりしたなど、そうした育てられ方が心配事を持つような状態に結び付いている可能性もあります。

こうした幼少期の環境や育てられ方のほか、親からの愛情不足などが影響していることの疑いは拭いきれません。

 

|  2.完遂することによって達成感が得られ、自信も湧いてくる

何かを成し遂げた経験が稀ということ。物事は成し遂げることに価値があり、完遂することによって達成感が得られ、自信も湧いてくるというもの。

何かを達成したことが極端に少なかったり、中途半端に終わような体験が多かったりしたケースでは、自信を失った人間にもなりかねません。

 

| 3.目標達成に向けた計画を設計するのが、非常に不得手な

計画が立てられないということ。親が敷いたレールで成長した人は、目標達成に向けた計画を設計するのが、非常に不得手な傾向にあるもの。

計画を立案できなければ、目標達成することはできないので、達成感などは味わえず、結果的に自信を失った人間になりかねません。

先ず最初にきちんとした計画を立案していくことが重要なポイントです。

 

 

 

まとめ

また限界が近いサインかも知れません。ここでは、心配事がある時を逆転に結び付けたい、注意深く乗り切っていく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。