ネガティブ思考の改善で逆転したいもの、巧妙に対処していく改善方法



人生を過ごしていると、ネガティブ思考を改善したいと思うことがあるもの。何かを始める前から不安がよぎり、様々な心配をするのもネガティブ思考の人に多く見られる傾向です。

常に一般的には考えられないような最悪の事態を想定してしまうことで、決断が遅くなったり行動できないなども珍しくありません。

こうしたネガティブ思考が過ぎれば、イベントも心から楽しめなくなる可能性があり、ドライブに出掛けることになっても、常にトラブルを心配することになりかねません。

景色の良いところでも危険を感じたり、渋滞に巻き込まれる心配も湧き上がり、本来の目的のドライブに集中できないことにもなりかねません。

もちろんネガティブ思考は発達障害などの病気の場合もありますが、 心理学などを参考に改善に繋げることも必要です。

ここでは、ネガティブ思考の改善で逆転したいもの、巧妙に対処していく改善方法を紹介しています。

 

 

 


ネガティブ思考の改善で逆転したいもの、巧妙に対処していく改善方法


 

| 1.言い聞かせ、他者と比較すること自体をやめるというもの

他者との比較をやめるということ。ネガティブ思考を改善していくには、自分は自分と言い聞かせ、他者と比較すること自体をやめるというもの。

一般的に他の人との比較は成長していくための良い刺激になり、悪いことではありませんが、比べて落ち込むだけであれば意味はありません。

自分自身が他の人より劣っているとネガティブに感じる場合、飽くまでも人は人と区別するのが、巧妙に対処していく改善方法の一つ。

 

| 2.良い面だったり優れた点に目を向けられるというものです

1日1度自分を褒める習慣を持つということ。何事も褒めることができるという人は、良い面だったり優れた点に目を向けられるというもの。

つまり、褒めることができるのは、ポジティブな考え方ができるということで、重要な行為で自己肯定感も高まる、巧妙に対処していく改善方法の一つ。

ネガティブ思考を脱して改善していくには、1日1度自分の行動や内面に外面どんなことでも良く、褒めてあげる習慣をつけるよう心掛けます。

 

| 3.思考パターンの人は考え過ぎてしまう傾向があるという

運動をするということ。仕事にしても恋愛関係にしても、ネガティブな思考パターンの人は考え過ぎてしまう傾向があるというもの。

いくら考えても答えが出ないのは疲れるだけで、 頭の中だけで考えるのをやめ、運動して思いっきり汗を流すのも、巧妙に対処していく改善方法の一つ。

運動をすれば幸福感だったり達成感を得ることができ、ネガティブ思考の改善の仕方として理にかなっていて、考えすぎる無駄な時間を減らすのにも役立ちます。

 

| 4.不安や心配事が尽きないので、始終考え事をしている状態

将来の目標を立てるということ。ネガティブな思考パターンの人は、不安や心配事が尽きないので、始終考え事をしている状態というもの。

更に、成功体験が非常に少なく失敗した記憶も多いので、過去に遡って自責の念に駆られ思い悩むことにもなりかねません。

考えること自体は全然悪いことではなく、自らが将来なりたい姿をイメージするのが重要になる、巧妙に対処していく改善方法の一つ。

 

| 5.新しいことだったり知識に対するチャレンジが苦手という

視野を広く持つということ。慎重で失敗を怖れるネガティブな思考パターンの人は、新しいことだったり知識に対するチャレンジが苦手というもの。

結果として、視野が狭くなって、自分自身の経験則から物事を図る傾向が強くなり、適切な判断もできず失敗に繋がりかねません。

視野を広く持つためには、アドバイスだったり指摘されたことを、叱責と受け取るのではなく真摯に受けとめるのが、巧妙に対処していく改善方法の一つ。

 

 

 


ネガティブ思考改善を本に頼ることもあるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.切り換えですが、ネガティブな思考の人は非常に苦手と

失敗を引き摺りやすいということ。仕事でミスを犯したときに最初にすべきは、気持ちの切り換えですが、ネガティブな思考の人は非常に苦手というもの。

ネガティブな思考パターンの人は、失敗をすると気持ちの切り換えができず、いつまでも引き摺ってしまうことにもなりかねません。

そのことを後悔し続けて落ち込むので、集中力を欠いて、更にミスを重ねてしまうということにもなりかねません。

 

| 2.存在意義を認める感情である、自己肯定感が低い傾向に

自分に対して自信がないということ。ネガティブ思考の人に見られるのが、自分自身の存在意義を認める感情である、自己肯定感が低い傾向にあるもの。

自己肯定感が低い人は、自らに対しての評価が非常に低くなるので、何事においても自信が持てません。

結果的に、物事に向かって取り組むモチベーションも低下し、人生の様々なイベントに積極的に立ち向かうことが難しくなります。

 

| 3.自分は駄目だという思いに捉われることがあるというもの

挑戦すの前から失敗を思い描くということ。ネガティブ思考は何の根拠もなく、自分は駄目だという思いに捉われることがあるというもの。

成功体験も稀なので、物事に対して挑戦する時にも、失敗するビジョンを頭に思い描いてしまうことにもなりかねません。

まだ何も始まっていないうちからリスク面ばかりが気に掛かり、結局挑戦できないということにもなりかねません。

 

| 4.辛いと感じた時は、すぐ途中で投げ出したりするという

諦めがはやいということ。ネガティブ思考の人に見られるのが、諦めが早く辛いと感じた時は、すぐ途中で投げ出したりするというもの。

幼少期から成果が上がらなかったり、失敗体験も積み重なったなど、自己肯定感の低下が原因かも知れません。

責任感が弱くて諦めが早く、途中で投げ出すなど、成功体験が少ないことに繋がるものかも知れません。

 

 

 


ネガティブ思考の改善は様ざまなやり方がある、注意したい心理状況


 

| 1.見い出せず、何かあるとすぐ自分を卑下してしまうという

自分を卑下してしまうという心理状況。自己肯定感が低く存在意義や価値を見い出せず、何かあるとすぐ自分を卑下してしまうというもの。

これまで挫折だったり失敗を繰り返してきたので、自己肯定感も低く自信が持てないため、何をするにも不安に駆られてしまうことにもなりかねません。

結果として、自ら行動すること自体に恐怖心を抱くことになり、行動力まで抑制することにもなりかねません。

 

| 2.だからと言って周囲に嫌われることを怖れたりはしない

周囲に嫌われていないかが気になるという心理状況。人は誰しも嫌われたくはないですが、だからと言って周囲に嫌われることを怖れたりはしないもの。

ネガティブ思考の人は、自らが周りの人たちからどう見られているか、そんな他人の評判を必要以上に気にします。

常に人目を気にしているので、極度に嫌われることを怖れるということにもなりかねません。

 

| 3.備わっていないのかと、執着心が芽生えてくるというもの

執着心が強いという心理状況。他人の持ちものばかりに目が行くと、なぜ自分には備わっていないのかと、執着心が芽生えてくるというもの。

こういった執着心だったり嫉妬心が生まれると、他人と自分自身を比較して、優劣をつけてしまうことにもなりかねません。

他人と比べては、常に自らのコンプレックスだったり苦手なことに向かって、目がいくことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

心理学を参考に改善に繋げるのも必要。ここでは、ネガティブ思考の改善で逆転したいもの、巧妙に対処していく改善方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。