人生真っ暗から抜け出ていきたいもの、大逆転に繋げていく具体的な術



毎日の暮らしの中で、人生真っ暗と感じることがあるもの。同じ日々の繰り返しで、一生をこうした状態で過ごすことになるかと思えば、憂鬱にもなりかねません。

そんなお先真っ暗な人生ですが、社会人になり自分自身の仕事にやり甲斐を感じられず、社会貢献している意識もない時はモチベーションも湧き上がりません。

仕事は人生に大半の時間を占めているので、やり甲斐を感じられないと、人生が楽しくないということにもなりかねません。

もちろん人生がお先真っ暗というのは、高校生や大学生も口にしますが、同じパターンの毎日が理由になっていることが挙げられます。

そうしたネガティブな気持ちを撥ね退けていくには、思考パターンを転換することも必要。

ここでは、人生真っ暗から抜け出ていきたいもの、大逆転に繋げていく具体的な術を紹介しています。

 

 

 


人生真っ暗から抜け出ていきたいもの、大逆転に繋げていく具体的な術


 

| 1.違うことをするなど、敢えて異なった手段を取り入れる

普段と異なったものを取り入れるということ。常に同じことの繰り返しで退屈しているケースでは、思い切って違うことをするなど、敢えて異なった手段を取り入れるというもの。

通勤のルートを変えてみるほか、良く行くお店で普段と異なったものを頼むなど、慣れてしまったことに変化を与えることで、新しい見方ができるようになるかも知れません。

但し、精神的に不安定な状況で急激な変化を選択すると、冷静な判断もできなくなるため、段々と変化を楽しむのが、大逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

 

| 2.抑うつな症状も出やすくなるほか、疲れも取れないという

生活習慣を整えていくということ。生活習慣が乱れているケースでは、自律神経も不調になって、抑うつな症状も出やすくなるほか、疲れも取れないというもの。

早寝早起きを意識的にしてみたり、決まった時間にバランスの良い食事を摂ることで、時間の無駄にを避けて休日も有意義に感じやすくなります。

一人で過ごす時間が多く、誰とも普段話していないような人は、友人などを誘って会話をするよう心掛けます。

楽しかったことや嫌なことに共感して貰うと、それだけで気持ちが満たされる、大逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

 

| 3.対して有効、そういった研究報告が数多く出ているという

運動の習慣を持つということ。軽い運動はうつ病や不安障害に対して有効、そういった研究報告が数多く出ているというもの。

軽い運動をして身体を動かせば、セロトニンと呼ばれている幸せホルモンが分泌され、気持ちもポジティブになりやすいとされています。

人生真っ暗という人は、ジョギングだったりヨガなど手軽にできるものからスタートするのも、大逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

 

| 4.己の時間も持てずゆとりがない人は、充分に休息を取る

充分に休息を取るということ。仕事が忙しく身も心も疲れ果てているような、己の時間も持てずゆとりがない人は、充分に休息を取るというもの。

夜は早めに寝るように意識して、昼間は公園やカフェなどでゆったりとした時間を過ごすのが、大逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

人間は疲れている状態では精神も不安定になりやすく、身体が休まれば自然に充足感を得られることに近付きます。

 

| 5.過ごしてしまうケースでは、趣味の時間をぜひ設けていく

趣味の時間を設けていくということ。休日だったり平日の夜間に何をすることなく過ごしてしまうケースでは、趣味の時間をぜひ設けていくというもの。

インドア派なタイプは漫画やクラフトなどが良く、アウトドア派なタイプはスポーツやキャンプなどをしても良いかも知れません。

新しいことをスタートするのが億劫な人は、手軽にできることを探し出して始めるのも、大逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

 

 

 


人生真っ暗はいつも楽しくないもの、覚えておきたいそんな人の特徴面


 

| 1.普段の日常生活でも非常にネガティブ思考をしていると

ネガティブ思考ということ。人生真っ暗な人に見られるのが、普段の日常生活でも非常にネガティブ思考をしているというもの。

ネガティブ思考では、普通の人が運が悪かったというような場面でも、しばらく頭の中で繰り返して気に病んでしまうことにもなりかねません。

また物事の良い面には目が向かないので、目の前の楽しいことや幸せは無視して、毎日が面白くないと人生真っ暗と感じてしまいかねません。

 

| 2.人生真っ暗な人は、こういった姿を見て己自身と比較する

周りと比べてしまうということ。SNSで楽しそうな友人の写真だったりコメントなど、人生真っ暗な人は、こういった姿を見て己自身と比較するというもの。

他のの華やかに見えるような人生は、羨ましくも感じますが、ネット情報は人に見せたい姿のことが多く、比較しても意味はありません。

幸せの判断だったり基準は人それぞれで、本来は比べるものではないということに疑いはありません。

 

| 3.心身が疲れ果てている人も、人生真っ暗と感じるという

心身が疲れ果てているということ。仕事やプライベートで何らかの問題があり、心身が疲れ果てている人も、人生真っ暗と感じるというもの。

特に疲れ果切っている状態では何も活動する気などは起きず、何も考えることなく時間が過ぎてしまうことになりかねません。

そうした日々を過ごしている間に、退屈な人生を過ごしているとか何一つできていないなど、人生真っ暗と感じてしまうことになりかねません。

 

| 4.打ち込みたい人物もいれば、プライベート面を重視する人

ワークライフバランスの悪化ということ。理想のワークライフバランスは人それぞれで違い、仕事に打ち込みたい人物もいれば、プライベート面を重視する人もいるもの。

但し、仕事が忙し過ぎて休みが取れなかったり、体調不良で思うように働けないなど、ワークライフバランスが悪化している人は、人生真っ暗ということになりかねません。

 

 

 


お先真っ暗な人生は楽しめないもの、注意したいそんな人の心理状態


 

| 1.人を優先したり、合わせたりし過ぎるのは要警戒という

我慢していることが多い心理状態。生きていれば時には我慢することも大切になりますが、余りに他人を優先したり、合わせたりし過ぎるのは要警戒というもの。

己自身の意見も言えずに、したいこともできない状況が続けば、ストレスが溜まってしまい人生真っ暗というとになりかねません。

 

| 2.安穏としたところもあって、そこに安心感を覚えるという

新たな挑戦を拒むという心理状態。普段から同じことを繰り返しているのは、安穏としたところもあって、そこに安心感を覚えるというもの。

但し、新たな挑戦を拒んでいては何一つ変わることなどなく、現在の人生に不満を募らせていても、現状維持のままということになりかねません。

現状維持の抑揚もないような人生を過ごしていると、己自身の人生は何て面白くない、そんな風に感じてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.いることが多ければ、居場所もないと感じてしまうという

人間関係が悪化しているという心理状態。周囲の人たちとの人間関係が良くなく、1人切りでいることが多ければ、居場所もないと感じてしまうというもの。

己自身の素直な気持ちを他者と共有することもできなかったり、意見も主張できなくなることに繋がりかねません。

更に、側に否定してばかりの人物がいると最悪で、承認欲求なども満たされず、自信を失いネガティブ思考に嵌まり込むことになりかねません。

 

 

 

まとめ

思考パターンを転換することも必要になる。ここでは、人生真っ暗から抜け出ていきたいもの、大逆転に繋げていく具体的な術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。