邪魔な人は職場などにもいるもの、上手に展開する具体的な付き合い方



身近なところにも、邪魔な人がいるもの。そんな人は職場にもいて、自分が何かしようとしたときに、行動が一緒になるような邪魔な人。

例を挙げると、トイレに行こうとした場合、邪魔な人間も立ち上り争って向かうことになり、先に行動を起こしても待つ憂き目ともなりかねません。

また退勤しようとする際も急に片付けを始めるなど、嫌がらせを受けているのかと錯覚することにもなりかねません。

そんな煩わしい邪魔な人は、自ら考えて行動するようなことはなく、行動する切っ掛けを他人に依存する癖があるのかも知れません。

但し、側にそうした人物がいれば、トラブルを引き起こすことにもなりかねず注意が必要になってきます。

ここでは、邪魔な人は職場などにもいるもの、上手に展開する具体的な付き合い方を紹介しています。

 

 

 


邪魔な人は職場などにもいるもの、上手に展開する具体的な付き合い方


 

| 1.はじめから距離を取っておくのもやり方というものです

できる限り距離を取り近付かないということ。邪魔な人とは基本的に関わり合いになりたくないもので、はじめから距離を取っておくのもやり方というもの。

仕事上では業務上必要な最低限のやり取りのみに留めたり、何かあっても近くの席には座らないなど、細かく気を配っていくよう心掛けます。

どうしても関わり合いにらなくてはならない時も、親密に仲良くならないよう距離を取るのが、上手に展開する具体的な付き合い方の一つ。

 

| 2.感情を抑え込んで、聞かなかったことにしておくという

上手く受け流すということ。邪魔な人に己自身の意見を伝え否定されたケースでは、指摘したくなる感情を抑え込んで、聞かなかったことにしておくというもの。

時には聞いていてイライラすることがあるかも知れませんが、話に乗ってしまえば時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。

相手の話を聞き入れず受け流すことができれば、必要以上に煩わしい話に関わることもない、上手に展開する具体的な付き合い方の一つ。

 

| 3.必然的に面倒臭い経験をする機会も増えることになると

個人情報は開示しないということ。邪魔な人に深く関わってしまったケースでは、必然的に面倒臭い経験をする機会も増えることになるというもの。

そうした状態を避けるためにも、必要以上に個人的なことを話さないなど、個人情報をは示さないようにし深い関わりを持たないよう心掛けます。

プライベート関連の様子が見えてこない人に対しては、踏み込んだ話もし難い、上手に展開する具体的な付き合い方の一つ。

 

| 4.しなかったり、少しだけにするのも1つのやり方という

敢えてリアクションを薄くするということ。こちら側の反応を邪魔な人が期待しているケースでは、敢えてリアクションしなかったり、少しだけにするのも1つのやり方というもの。

面と向かって会話をしている最中も、それほど関心や興味がない感じを装うことも効果的な、上手に展開する具体的な付き合い方の一つ。

時間に制限があるのを告げるのも良く、ある程度のタイミングで時間と伝えれば、邪魔な人と関わる時間も短くすることができます。

 

| 5.面倒と捉えられていることを、認識していない可能性が

明確に指摘をするということ。邪魔な人の中には自己分析もできてなく、己自身が周囲の人たちから面倒と捉えられていることを、認識していない可能性があるもの。

心苦しいところですが、長い目で見た時に相手のためを考えて、釘を刺すのも上手に展開する具体的な付き合い方の一つ。

この時は、どういった点が邪魔なのかを具体的に教えてあげると一緒に、併せて長所を伝えれば受けるショックを小さくできます。

 

 

 


邪魔な人を消す方法を考えることもあるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.矛盾していることを平気で口にしたり、嘘を吐く傾向が

矛盾が多く嘘を吐くということ。邪魔な人に見られるのが、矛盾していることを平気で口にしたり、嘘を吐く傾向があるというもの。

これは見栄を張りたい傾向があり凄いと思われたいと思うなど、そうした思考パターンを邪魔な人が持っているためです。

話を少し聞いただけで周囲の人たちに分かってしまうような嘘なのに、それっぽい雰囲気を取り繕い、事実のように喋るので対応する側も大変です。

 

| 2.正解と思い込んでいて、違った意見は否定するというもの

己自身が正しいと思い込んでいるということ。邪魔な人に見られるのが、己自身の考えこそ正解と思い込んでいて、違った意見は否定するというもの。

この手の人間というのは、人それぞれで相違する意見があるということを今一つ理解していません。

結果として、食い違う意見が並んでいるような時は、必ずといって良いほど己自身と異なるものは否定されることになりかねません。

 

| 3.大変な思いをした話など、他人の不幸を喜ぶというもの

他人の不幸を喜ぶということ。邪魔な人は噂話や陰口が大好きな傾向にあり、大変な思いをした話など、他人の不幸を喜ぶというもの。

他者のことなど全く気に掛けていないので、不幸話に関して話す際は、笑みを浮かべながら話してしまいかねません。

こうした話が本人は大好きですが、周囲の人たちがそれを嫌っていることなどまるで分かってはいません。

 

| 4.小さな勝負事でも勝つまでは納得しないというものです

極端な負けず嫌いということ。邪魔な人に見られるのが、極端な負けず嫌いで、小さな勝負事でも勝つまでは納得しないというもの。

誰にも負けたくないとか常に一番でいたいなど、その異常ともいえるプライドの高さが関係しています。

己自身のプライドを満たせるようになるまで勝負を続けるため、周囲の人たちにしてみれば邪魔な人間以外の何ものでもありません。

 

 

 


邪魔な人を消すアプリが欲しい時もある、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.察知することもできず、自分中心で世界が回っていると

独善的な考え方が強いという心理状態。邪魔な人に見られるのが、周囲の人たちの状況だったり気持ちを察知することもできず、自分中心で世界が回っているというもの。

己自身の思い通りにいかないことがあるケースでは、納得出来る形になるまで、文句や我が儘を言いますが、反対に他の人の要望に答えることはありません。

人間関係は相手があって成立するものなので、こういった独善的な態度は、どうしても敬遠されることになりかねません。

 

| 2.態度をとってしまい、すぐ落ち込んでしまうというもの

ネガティブですぐ落ち込むという心理状態。邪魔な人は自信がないことで、己自身を卑下してネガティブな態度をとってしまい、すぐ落ち込んでしまうというもの。

己自身に自信がないので他者と比較してしまうことが多く、コンプレックスを感じ落ち込んでしまうことになりかねません。

普段から落ち込んだりネガティブ思考なので、周囲の人たちはケアしなければならず、邪魔な人と受け取られることになりかねません。

 

| 3.間違いを受け入れることができず、弁解に走ってしまう

失敗をした時に素直に認めることができない心理状態。邪魔な人は失敗をした時も、間違いを受け入れることができず、弁解に走ってしまうというもの。

間違いの指摘に向かっての第一声が否定から入ることも頻繁にあり、己自身に誤りがないことを伝えて、他の人間だったり物の責任にしかねません。

ミスを認めることができず、常に理由を付けて言い訳をするので、周囲の人たちにしてみれば邪魔な人間ということになりかねません。

 

 

 

まとめ

また行動が一緒になるような邪魔な人。ここでは、邪魔な人は職場などにもいるもの、上手に展開する具体的な付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。