毎日が苦しいところから逆転したいもの、生きる意味を知り前進する術



日々を過ごしていると、毎日が苦しいと感じることがあるもの。誰しも悩みだったり不安はありますが、寝る前に嫌なことが思い浮かび、眠れなくなるということにもなりかねません。

毎日が苦しいと感じているあなたへなどの言葉もあるように、うつ病などの病気の場合もありますが、人間が生まれながら持っているものかも知れません。

なので結局のところ、苦しみを感じるのは自分自身が今現在生きているという証しということになります。

毎日が心苦しいといっても、生きているからこそ苦しみを感じているのに、その苦しみから逃れようと願うのは矛盾ということにもなりかねません。

結果的に、毎日が苦しいと感じる時は、一旦立ち止まり振り返ることが大切です。

ここでは、毎日が苦しいところから逆転したいもの、生きる意味を知り前進する術を紹介しています。

 

 

 


毎日が苦しいところから逆転したいもの、生きる意味を知り前進する術


 

| 1.意識的に1人切りで過ごす時間を設けるのが有効という

1人切りの時間を設けるということ。毎日が苦しいのが対人関係が原因のケースでは、意識的に1人切りで過ごす時間を設けるのが有効というもの。

普段の苦しい気持ちや気疲れを、1人で過ごすことによってリフレッシュに繋がる、生きる意味を知り前進する術の一つ。

己一人だけの時間を持てれば気持ちにも余裕が生まれ、日常生活で人と接する時に身構えたりするのを緩和していける可能性もあります。

 

| 2.可能性も高く、時間を設けて心身をリフレッシュしていく

休息を十分に取るということ。休息不足が切っ掛けとなっているケースでは、疲労回復が苦しさの解消に繋がる可能性も高く、時間を設けて心身をリフレッシュしていくというもの。

単純に日々の睡眠時間を増やすのはもちろんのこと、生活習慣の見直したり仕事量を調節するなどのほか、栄養のある食事など健康面を心掛けます。

十分な休息を取り健康的な心身を目指すのは、苦しさの解消だけではなく毎日を生き生き過ごすことに繋がる、生きる意味を知り前進する術の一つ。

 

| 3.趣味だったり好きな物事に熱中する時間を設けるという

趣味などに没頭するということ。暇な時間ができた時に嫌な記憶を思い出してしまうケースでは、趣味だったり好きな物事に熱中する時間を設けるというもの。

映画鑑賞だったり読書にスポーツなど、人によって趣味は様々ですが、熱中して何かに向かっているうちは、嫌な記憶も思い出し難くなります。

好きな物事を楽しむ時間が増えると、毎日をポジティブに過ごせるだけではなく、嫌なことを思い起こす機会も減る、生きる意味を知り前進する術の一つ。

 

| 4.一旦目指すのをやめ物事に向かって取り組んでみるという

完全主義をやめるということ。完全主義の傾向が毎日の苦しさに影響しているケースでは、一旦目指すのをやめ物事に向かって取り組んでみるというもの。

何をするにも常に完全でなければならないと思うことは、どうしても疲労感へと結び付くことにもなりかねません。

決して手を抜くといったことではなく、一定の基準を設けて区切りを付けることで、余裕を持ちながら処理も可能になる、生きる意味を知り前進する術の一つ。

 

| 5.周りの環境そのものが原因になっているかも知れないと

転職等で環境を変えるということ。休息を十分に取ったり趣味などに熱中しても改善しないケースでは、周りの環境そのものが原因になっているかも知れないというもの。

その際は踏ん切りを付けて環境を変えるのもやり方の1つで、転職や1人暮らしを始めるなど、環境が変わると仕事や周囲にいる人たちも変わります。

環境の変化によって、対人関係や仕事の悩みも解消して、毎日の苦しさも和らぐ可能性がある、生きる意味を知り前進する術の一つ。

 

 

 


毎日の仕事が苦しいということもあるもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.心の健康にも悪影響を及ぼすことが頻繁にあるというもの

運動不足の傾向ということ。運動不足は身体的な健康面だけではなくて、心の健康にも悪影響を及ぼすことが頻繁にあるというもの。

運動不足となったケースでは、ストレスを覚えやすくなるので、気分が沈み込んだり苛立ったりすることにもなりかねません。

また、運動不足は身体的な免疫力を低下させることもあり、体調不良へと結び付くことがあります。

 

| 2.思いに直結する、そんな可能性も高くなってしまうという

仕事の状態の影響ということ。現在の仕事が上手く進んでいないケースでは、それが毎日が苦しいという思いに直結する、そんな可能性も高くなってしまうというもの。

大きな失敗を犯して上司から叱責されたり、目標の達成ができないなど、仕事で生じる悩みは人によって様々です。

こうした仕事関係の悩みから己自身を情けなく思い否定してしまうことが、日々の意欲を下げ苦しいと感じることに繋がりかねません。

 

| 3.人間関係の悩みも毎日の苦しさを感じる原因になるという

人間関係の悩みによるものということ。職場の同僚をはじめとして友人だったり家族など、人間関係の悩みも毎日の苦しさを感じる原因になるというもの。

また他の人と上手くコミュニケーションが取れないという悩みや不安は、精神的な負担だったり疲労に結び付く可能性もあります。

頻繁に顔を合わせるような相手と良好な関係を構築できない時は、余計に日常的なストレスとして蓄積しやすくなり、人間関係そのものが嫌になるといったことにもなりかねません。

 

| 4.目の疲れや肩こりなど、ストレスを引き起こす要因になる

スマホだったりパソコンの使用時間が過多ということ。スマホだったりパソコンのの使用時間が長いケースでは、目の疲れや肩こりなど、ストレスを引き起こす要因になることもあるというもの。

また、パソコンだったりスマートフォンを使用することで、常に脳が刺激されている状態となり、判断力だったり集中力が低下することになりかねません。

過多に使用することには注意を心掛ける必要もあります。

 

 

 


毎日が苦しい時は誰にでも訪れるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.持っている品物を、羨ましいと感じることなど誰しもある

他者との比較癖があるという心理状態。己自身にない他人の能力や持っている品物を、羨ましいと感じることなど誰しもあるというもの。

但し、こうした比較癖が強過ぎたケースでは、己自身は周りの人たちより劣っていると、毎日が苦しい思いを感じやすくなりかねません。

仕事ができる人だったり容姿の優れている人など、つい嫉妬したり相手と己自身を比較するのは、決して変なことではありません。

 

| 2.忘れられない、そういったことが原因かも知れないという

苦しい出来事を忘れられない心理状態。毎日が苦しい感じを覚えるのは、過去の嫌な記憶が忘れられない、そういったことが原因かも知れないというもの。

仕事での失敗や失恋のほか、プライベート面での悲しい思い出など、辛い記憶は強く心に残りやすいものです。

ふとした瞬間だったり時間が空いた時など、記憶を呼び覚ましてしまって、辛さからも逃れられず毎日が苦しいということになりかねません。

 

| 3.己自身の性格が影響を与えている可能性が高くなるという

完璧主義という心理状態。毎日が苦しいと数年単位で感じ続けているケースでは、己自身の性格が影響を与えている可能性が高くなるというもの。

完璧主義な性格の人は、必要以上に己自身を追い詰めるところがあり、結果として毎日が苦しい思いをすることにもなりかねません。

何においても完璧にしなければと考える人は、物事に対する妥協も難しく、常に100%の結果を追求して行動しがちなところがあります。

 

 

 

まとめ

立ち止まって振り返ることが大切です。ここでは、毎日が苦しいところから逆転したいもの、生きる意味を知り前進する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。