不満を言う人はサイコパスかも知れない、対処法にも結び付く具体策



身近なところにも、不満を言う人がいるもの。誰でも不満を募らせることはありますが、愚痴ばかりとなっていれば、付き合うのに疲れてしまうということにもなりかねません。

もちろんそんな不満を言う人は職場にもいて、仕事が面白くないとか給料が低くて困るなど、職場の悪口から他の人の陰口など、口から出るのはネガティブな内容ばかりです。

自分自身が置かれている環境だったり状況に対し、心に満たされない気持ちを持っていることから、不満が増えるのかも知れません。

こうした不満を言う人は、他の人が言ったことに対して、それは難しいなどと否定するのはお手のものです。

但し、他人の意見は否定するにも関わらず、自らは提言などしないのも良く見られる傾向で、相対するのには注意も必要。

ここでは、不満を言う人はサイコパスかも知れない、対処法にも結び付く具体策を紹介しています。

 

 

 


不満を言う人はサイコパスかも知れない、対処法にも結び付く具体策


 

| 1.だからこそ不満だったり不平を話してくる可能性が大きい

二人切りを避けるということ。不満を言う人は二人だけの空間のケースでは、だからこそ不満だったり不平を話してくる可能性が大きいというもの。

他の人がいれば言い辛いような不満も、二人切りの時は止まらなくなるのこともあり、そういった席にならないよう意識します。

相手が一人の時には近寄らないようにしたり、誰かと一緒にいるようにするなど、二人切りなりそう際は必ず誰かを捕まえるのも、対処法にも結び付く具体策の一つ。

 

| 2.ありますが、それはリアクションが良いからというもの

適度に聞き流すということ。心優しい人というのは不満を聞いて疲れてしまうこともありますが、それはリアクションが良いからというもの。

相手はただ不満をや愚痴を言ってストレスを発散しているだけの可能性もあり、リアクションが良ければ気持ちが良くなり言い続けかねません。

話の内容によっては真剣には話に耳を貸さないで、適度に聞き流すことも必要になる、対処法にも結び付く具体策の一つ。

 

| 3.何に対しても平等ということに非常に敏感なところがある

平等を重要視するということ。不満を言う人は、己だけが不利益を被っていないかなど、何に対しても平等ということに非常に敏感なところがあるというもの。

少しでも相手より己自身が損をしていると感じたり、納得できないことがあると不信感を抱くことになりかねません。

場合によっては、何を不満に思うのか聞いて状況を変えていく必要があり、良好な人間関係を続けたいのであればフェアな姿勢で接するのが、対処法にも結び付く具体策の一つ。

 

| 4.身近にいる誰か一番話しやすそうな人に向かっていくと

物理的な距離を置くということ。不満を言う人はとりあえず聞いて欲しいところがあり、身近にいる誰か一番話しやすそうな人に向かっていくというもの。

相手が近寄って来るのを察知したら席を立つなど、話し掛けられないよう距離感を保つのが最良ともなる、対処法にも結び付く具体策の一つ。

仕事に対して集中している雰囲気を醸し出して近づかせないなど、できる限り関わり合いを減らせば、不満の嵐に当たることも少なくなります。

 

| 5.そうしたことに気付いていない場合も多いというものです

不満は聞きたくないのを明確に伝えるということ。不満ばかり言っている人は、相手に向かってストレスを与えている、そうしたことに気付いていない場合も多いというもの。

単なる話題の1つとしか考えていないことも多く、そうした際は不満は聞きたくないのを明確に伝えるのも、対処法にも結び付く具体策の一つ。

そのときは相手との間の関係性が重要なポイントで、友人だったり恋人など身近な存在であれば、そのまま伝えることに不安はありません。

但し、職場の上司や知り合いのケースでは、別の話を振っていくなどテーマを転換するよう意識するのがよりベターです。

 

 

 


不満を言う人には様ざまな面が見られるもの、覚えておきたい特徴面


 

| 1.優位な立場にいなければ、気が済まないところがあるとの

認められたい欲求を強く持っているということ。不満を言う人に見られるのが、他者より優位な立場にいなければ、気が済まないところがあるというもの。

不満が口に出るほど努力していることを、周囲の人たちに認めさせることにより、快感を覚えていることになっているかも知れません。

仕事が多忙で眠れていないなど、寝てないアピールは有名なもので、付き合わない方が良くて、肯定も否定もしないで受け流すようにします。

 

| 2.気に入らないことを我慢できず、すぐ不満を言ってしまう

己自身の思惑通りにしたいということ。甘やかされて育ったような人に見られるのが、気に入らないことを我慢できず、すぐ不満を言ってしまうというもの。

全てを狙い通りにしたいので、とりあえず口に出してみることにより、相手が己自身に合わせることを待っているということにもなりかねません。

大人になってからも周りの人たちに配慮されて貰って生きてきていて、不満を言えば何とかなると信じ込んでいます。

 

| 3.耐えられずに、口から不満が溢れ出てしまうというもの

ストレスの解消をしなければ気が済まないということ。少しの移動だけで疲れたなど、些細なストレスにも耐えられずに、口から不満が溢れ出てしまうというもの。

不満ばかり言うのは嫌なものは嫌、そんなことを明確に口にする、子供っぽいところもあるからです。

こういう人とは距離を置いておく方が良く、近くにいれば何か事あるごとに不満の嵐に巻き込まれることになりかねません。

 

| 4.己自身が一番と考えられることが挙げられるというもの

周りの人を見下しているということ。不満を言う気持ちの中には、己自身が一番と考えられることが挙げられるというもの。

妙に自信があることもあって、己自身よりも優秀な人間いるという現実をなかなか認められません。

他者の成果に対して不満を言うことにより、価値を下げて相対的に己自身の値打ちを高めようとしています。

 

 

 


不満を言う人の心理状態は色々なところが、注意しておきたい原因面


 

| 1.生き方ができていなければ、自然に不満も多くなるという

希望する生き方ができていないこと。恋人が欲しくてもできなかったり、好きな仕事に就けなかったと、己自身が希望する生き方ができていなければ、自然に不満も多くなるというもの。

希望する生き方ができていず、己自身が可哀そうにも思えて、生い立ちや他の人の責任にしてしまうことになりかねません。

本当はこういう風ではなかったなど、満たされない気持ちを抱えているため、不安を言うことになりかねません。

 

| 2.習慣があることも、不平や愚痴が多くなる切っ掛けの一つ

人と比べてしまうということ。人と比べてしまうような習慣があることも、不平や愚痴が多くなる切っ掛けの一つというもの。

あの人ばかり得をして卑怯など、何かにつけてネガティブな感情が湧き上がるということにもなりかねません。

他の人の方が己よりも恵まれている、そうした考え方が根底にあるので、つい厳しい言い方をしたりと相手の意見に否定的捉えることになりかねません。

 

| 3.己だけが不利益を被っている、常にそうした感覚がある

己だけが不利益を感じるということ。不満ばかり言ってしまうのは、己だけが不利益を被っている、常にそうした感覚があるからというもの。

家庭での役割や職場での立ち位置に対し、不平等を感じたり己ばかりが不利益と考えていると、自然と不満も多くなりかねません。

こうした気持ちの根底にあるのが、相手だったり組織に対して、不信感を持っていることが考えられます。

 

 

 

まとめ

口から出るのはネガティブな内容ばかり。ここでは、不満を言う人はサイコパスかも知れない、対処法にも結び付く具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。