愛情不足で育った大人も苦しいもの、問題なく向き合っていく具体策



身の回りを見渡すと、愛情不足で育った大人がいるもの。そんな人物はずっと未消化の幼少期の感情が心に残り、子供のままで大人になれないということもあります。

但し、本人はこういった未消化の感情には気づいてなく、無意識的に子供の頃の感情に支配されているということにもなりかねません。

愛情を注がれた子供と違って愛情不足で育った大人は、幼少期に楽しかった思い出が非常に稀なので振り返りたくない傾向にあります。

周囲の人たちが子供の頃の話で盛り上がっている場合、自身の家庭環境を知られたくないので作り話をすることにもなりかねません。

なので、子供の頃の話をしてくれるかは接し方で注意を要する点になります。

ここでは、愛情不足で育った大人も苦しいもの、問題なく向き合っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


愛情不足で育った大人も苦しいもの、問題なく向き合っていく具体策


 

| 1.目を見つめて丹念に話に耳を傾ける、そんな姿勢が重要

丹念に話を聞くということ。愛情不足で育った大人の人との会話は、相手の目を見つめて丹念に話に耳を傾ける、そんな姿勢が重要というもの。

愛情不足で育った大人は相手との間に壁を作りがちですが、受け入れる姿勢を見せれば雰囲気が変わる傾向にあります。

自分を理解してくれる人間と思って気分も良くなる上、丹念に話に耳を傾けるれば互いの距離も縮まる、問題なく向き合っていく具体策の一つ。

 

| 2.否定するようなことは、できる限り控えるように心掛ける

否定をしないということ。愛情不足で育った大人と会話をしている際は、相手を否定するようなことは、できる限り控えるように心掛けるというもの。

相手が話をしている最中に、それは違うといった否定的な言葉を使えば、その場で気分を害してしまうことにもなりかねません。

愛情不足で育った大人は現在でもメンタル面がナイーブということもあり、違和感があった時も否定しないようにするのが、問題なく向き合っていく具体策の一つ。

 

| 3.叱ってくれる、そんな人物をどこかで求めているという

本気で向き合うということ。愛情不足で育った大人に見られるのが、本気で向き合ってくれたり叱ってくれる、そんな人物をどこかで求めているというもの。

なので、本気で相対する姿勢が大切で、相手が誤魔化す素振りを見せたり、逃げようとした際も逃さないのが、問題なく向き合っていく具体策の一つ。

愛情不足で育った大人は、自分自身の感情から逃げ続けるようにして生きてきた人間で、ある意味仕方がありませんが本気で食い下がるよう心掛けます。

愛情不足で育った人との接し方は、技術などではなく気持ちのぶつかり合いで、その中で過去の感情が浮上して昇華されることもあります。

 

| 4.側の気持ち、いわゆる精神力が非常に大事になるという

気持ち次第ということ。愛情不足で育った大人に相対するのには、接する側の気持ち、いわゆる精神力が非常に大事になるというもの。

本を読みこうアドバイスすれば良いと書いてあったからと、そういった行為は最悪で、台詞の嘘くさはまったく気持ちが伝わりません。

大事なのは、愛情不足で育ったのに苦しんでいる気持ちで、きちんと想いを伝えるのが、問題なく向き合っていく具体策の一つ。

 

| 5.優しく接していくのは、逆に嫌がられることになるという

過剰に優しくし過ぎないということ。彼氏が愛情不足で育った人の場合、過剰に優しく接していくのは、逆に嫌がられることになるというもの。

親から幼少の頃に愛情を受けていなくても、自立して現在は幸せに自分自身の道を歩んでいる、問題なく向き合っていく具体策の一つ。

愛情不足で育った大人は可哀そうだと自分勝手に決めつけて、優しくし過ぎれば、彼氏としては見下されている気持ちにもなりかねません。

 

 

 


愛情不足で育った大人は恋愛でも苦労するもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.仲良くしてくれる、そんな友達が非常に大切な存在だった

寂しがり屋ということ。愛情が足りない幼少期を過ごしてきたので、学校などでは仲良くしてくれる、そんな友達が非常に大切な存在だったというもの。

なので、自宅に帰り孤独感を覚えるのが辛く、孤独に慣れていそうでいて、実際は極端に寂しがり屋なところがあります。

孤独に対しての恐怖心が人一倍強く友人に執着しがちとなる生活で、迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

 

| 2.大人になってからも他者の顔色を気にするというものです

他人に気を遣いがちということ。親からの愛情が欲しくて表情ばかりを伺って育ったので、大人になってからも他者の顔色を気にするというもの。

友人と遊びに行った際も、自分自身が楽しいかどうかより、友人が楽しんでいるかの方が気に掛かることにもなりかねません。

リアクションばかりを伺って友人からうざがられることも多く、更に気を遣うといったループに陥りかねません。

 

| 3.その場を取り繕う愛想笑いが癖になっているというもの

愛想笑いが癖ということ。愛情をくれる友人に嫌われたくない、そういった気持ちが強いので、その場を取り繕う愛想笑いが癖になっているというもの。

初対面の人からは明るい雰囲気の人だと思われるので、付き合い始めのうちは好いイメージを持たれることが多いです。

但し、いつ会ってもそんな態度なので、次第に愛想笑いであることが分かって、薄っぺらい人間と思われかねません。

 

| 4.愛情溢れる人と決めていて、理想像にこだわりすぎると

恋人への理想が高いということ。愛情に飢えている人が多く、恋人にするなら愛情溢れる人と決めていて、理想像にこだわりすぎるというもの。

仕事より恋愛を優先に動いてくれるのを恋人に求めてしまうことも多く、少しでも理想と違った部分を感じたら別れてしまうことにもなりかねません。

なので、長く付き合うこともないので、いつまでも結婚できない独身男性も比較的目立つことにもなりかねません。

 

 

 


父親の愛情不足で育った女性もいるもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.縛りつける、そんな行為を愛情表現と勘違いしていると

独占欲が強いという心理状況。正しい形の愛情を知らずに育ったので、恋人だったり友人を自らに縛りつける、そんな行為を愛情表現と勘違いしているというもの。

このような人は、愛しあっていれば常に一緒で当然と思い込んでいることも多く、自分1人切りの時間が楽しみたいという恋人は許せません。

恋人がたまには1人でいたいと言った場合、浮気とか嫌いになったなどと疑い、不機嫌になり相手を困らせかねません。

 

| 2.他の人の言葉が気になって、悪い方に考えがちというもの

被害妄想をしがちという心理状況。愛された記憶が余りなく、些細なことでも他の人の言葉が気になって、悪い方に考えがちというもの。

相手が少しの間考え事をして黙っているだけでも、自らを嫌っているとか怒っているに違いない、そんな具合に受け取りかねません。

悪い想像をして勝手に傷つき、人から遠ざかってしまうことも多く、孤独になってしまうことにもなりかねません。

 

| 3.トラウマとなり、思ったことを素直に言えないというもの

平気な顔で嘘を吐くという心理状況。我が儘を言うななど厳しい家庭で育った場合、それがトラウマとなり、思ったことを素直に言えないというもの。

不都合なことは嘘で誤魔化すことが癖になっていて、とにかく叱られないように過ごしてきました。

なので、自分自身が原因となった仕事の失敗も、他の人や別の要因のせいにすることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

過去を振り返りたくない傾向にあります。ここでは、愛情不足で育った大人も苦しいもの、問題なく向き合っていく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。