薄情な人はサイコパスかも知れない、戸惑うことなく付き合う具体策



身の回りを見渡すと、薄情な人がいるもの。周囲に薄情だと感じる人がいる場合、先々どうやって付き合えば良いのか、当惑することにもなります。

また唇が薄い人は薄情とも言われますが、薄情な人は他の人間に興味があまりなく、知ろうともしないので冷たい印象を与えがち。

更に自己愛が強くて自分自身の好きなことしか目が向かないので、頼み事をしても無慈悲に断られることも多々あります。

自らが困っている局面で助けてくれない人を、手助けするような人は余程のお人好しということにもなりかねません。

日本人は薄情という声も耳にしますが、薄情な人が身近にいる時は注意していくことも必要になります。

ここでは、薄情な人はサイコパスかも知れない、戸惑うことなく付き合う具体策を紹介しています。

 

 

 


薄情な人はサイコパスかも知れない、戸惑うことなく付き合う具体策


 

| 1.そういった行為を意味がないものと捉えているというもの

期待をしないということ。薄情な人は基本的に他の人に対して何かをしてあげる、そういった行為を意味がないものと捉えているというもの。

更に、他の人から何かをして貰ったこともすぐ忘れてしまいがちで、見返りを期待して何かをすることになれば、後で辛くなることにもなりかねません。

薄情な人に何かをする時は、見返りは何も期待しないことが大切で、始めから何も返らないと分かっていれば曖昧な気持ちも湧き起こらない、戸惑うことなく付き合う具体策の一つ。

 

| 2.相手の反応が非常に薄くショックを受けてしまうという

こういう人と割り切るということ。どうしても気持ちを分かって貰いたくて、言葉を尽くし気持ちを伝えても、相手の反応が非常に薄くショックを受けてしまうというもの。

こういった場面を経験することも多く、薄情な人は相手の気持ちを受け止めて深く考えることは滅多にありません。

表面的には理解はできても、それを明確に心に受け入れることができないので、一生懸命に伝えても何も変わらないことにもなりかねません。

伝えることはもちろん大事なことですが、期待通りの反応がなくても、こういう人と割り切るのも、戸惑うことなく付き合う具体策の一つ。

 

| 3.好きな人とのコミュニケーションを重ねていきたい人も

苦しくない距離感を維持するということ。頻繁な連絡だったり細かい愛情表現など、好きな人とのコミュニケーションを重ねていきたい人もいるもの。

薄情な人は反応が薄く、ストレスや不安感を覚えたりするので、スムーズに交際していくのは難しいかも知れません。

期待して応えて貰えないと寂しい思いになりますが、辛い心境にならないためには、薄情な相手に合わせた距離を取っていくことが自分にとって非常に重要です。

リズムを合わせて貰おうとすれば、手応えのなさに失望することになるので、苦しくない距離感を維持するのが、戸惑うことなく付き合う具体策の一つ。

 

| 4.薄情な人だったということが分かるような可能性もある

後で分かったときは明確に伝えるということ後になって好きになった相手が、薄情な人だったということが分かるような可能性もあるというもの。

薄情な人は他人に関心や興味がないので、それほど好きというわけじゃなくても、流れがあると付き合ってしまうことにもなりかねません。

なので、付き合った後に好意がある言葉を言ってくれなかったり、恋人の誕生日を忘れることにもなりかねません。

もしもそんな状況が嫌だと思った場合、そんな嫌だと思う気持ちを明確に伝えるのも、戸惑うことなく付き合う具体策の一つ。

 

| 5.培われてきた性格であって、早々に変わるものではない

我慢できない時は別離も考えるということ。薄情な人は付き合うまでの年月で培われてきた性格であって、早々に変わるものではないというもの。

変えようと努力すると、相手の方のストレスが大きくなってしまうことにもなりかねません。

どうしてもそういった性格が我慢できない場合、別離といった選択肢も頭の中に入れておくようにします。

 

 

 


唇薄い人など様ざまな面が見られるもの、注意したい薄情な人の特徴面


 

| 1.できるだけ自らが損害を被らないよう逃げようとすると

責任を押し付けるということ。薄情な人は自己愛の精神が非常に強いところがあり、できるだけ自らが損害を被らないよう逃げようとするというもの。

仕事の失敗などの大事な時に責任は取った人は、何らかの被害を被るもので、取引先を怒らせてしまったような重大な失敗であれば、な重い責任を取らされることにもなりかねません。

薄情な人は他者の迷惑を考えない振る舞いをするので、自己中心的と受け取られ、責任の大きな仕事を任されることが減っていきます。

 

| 2.他人は他人といった具合に、自他の区分を明確に別けて

人が困っている時に手を貸さないということ。薄情な人は自分は自分で他人は他人といった具合に、自他の区分を明確に別けているというもの。

他の人は好きにして良いと考えていて、無慈悲なところがあり、人が困っている時にも手助けをしようとは思いもつきません。

頼み事をされても引き受けることは滅多になく、稀にやることもありますが、している最中は概ね面倒臭いと頭の中では思っています。

 

| 3.他の人にかけた迷惑を、ほとんど意識していないという

自力で生きてきたと思っているということ。薄情な人に見られるのが、自分自身が他の人にかけた迷惑を、ほとんど意識していないというもの。

薄情な人は自分が周囲の人たちに迷惑をかけず生きてきた、そんな風に思うからこそ、自力で人生を過ごしてきたと考えることになります。

また薄情な人は、他の人から手助けを受けることが滅多になく自分もしないので、結果的に物事に自分一人で取り組むことになって、一人で生きてきたと勘違いすることになります。

 

 

 


薄情な人はなぜなのかも気になるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.非常に大きく、無慈悲なまでに他人に関心や興味がない

他人に関心や興味を持たないという心理状況。薄情な人に見られるのが、自己愛が非常に大きく、無慈悲なまでに他人に関心や興味がないというもの。

他者が自分自身をどう思うかといった想像力が欠如しているので、他人からの評判を高めようとはせず、自分勝手な行動をすることにもなりかねません。

また一人で生きていく方が気楽だと思っているところもあり、他の人との関係をスムーズにしようと努力することなどありません。

 

|  2.他の人から何かをして貰っても、すぐに忘れてしまうと

他人に恩を感じないという心理状況。薄情な人に見受けられるのが、他の人から何かをして貰っても、すぐに忘れてしまうというもの。

他の人から何かをして貰って当たり前、そんな意識があるといった側面もありますが、人に興味がないためすぐに忘れてしまうということにもなりかねません。

なので、人に何かして貰っても、感謝の言葉も何か返したいといった気持ちも湧きません。

 

| 3.自分を中心に置いて物事を考える、そんな考え方が当然に

他人を思い遣る気持ちがないという心理状況。薄情な人に見られるのが、自分を中心に置いて物事を考える、そんな考え方が当然になっているというもの。

他の人の立場になり替わり物事を考えることもできないので、自分自身の行動が他者に与える結果を想像できません。

なので、他人が困っている時も手を貸すというようなことはなく、結果的に頼られなかったり仕事を割り振られないいった事態を招きかねません。

 

 

 

まとめ

無慈悲に断られることも多々あり得ます。ここでは、薄情な人はサイコパスかも知れない、戸惑うことなく付き合う具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。