中身がない人は因果応報かも知れない、軋轢を生まずに済む付き合い方



身の回りを見渡すと、中身がない人がいるもの。そんな中身のない人は一貫性がなく、今日は良くても明日は駄目などと、気分により発言内容を変えるところがあります。

中身のある人と違い筋の通った意見を持っていないので、自分に自信がなく他の人の意見に流されやすいような一面があります。

更に自分自身の意見があっても遠慮して口を開かないのでなく、本当に何も考えていないことも多く、いざ意見を求められても何も言えなくなるということにもなりかねません。

中身空っぽな人は、何かの問題を出された際も、すぐに分からないと答えてしまいます。

なので、何でも人の言うことに従っていればとか、同調すれば良いなど、自分で考えることを放棄してしまいかねません。

ここでは、中身がない人は因果応報かも知れない、軋轢を生まずに済む付き合い方を紹介しています。

 

 

 


中身がない人は因果応報かも知れない、軋轢を生まずに済む付き合い方


 

| 1.相対している相手の心境を深く理解することができない

相談事は控えるということ。中身がない人は著しく共感力が低いところがあり、相対している相手の心境を深く理解することができないというもの。

そんな相手に相談しても、誰もが思いつくような薄っぺらな回答しか期待できないので、相談事だったり大事な話は信頼できる人物にするようにします。

そうしていくことで、表面的なポーズだけの回答に振り回されることもなくなる、軋轢を生まずに済む付き合い方の一つ。

 

| 2.ところがあり、複雑な言い方では本質まで理解されない

端的な話し方を心掛けるということ。中身がない人は表面的にしか物事を考えていないところがあり、複雑な言い方では本質まで理解されないというもの。

相手にきちんと理解をしてもらうため、話す時は結論からはじめ次に理由を言うなど、論理的に分かりやすく端的な話し方を心掛けます。

こちら側が注意して分かりやすく話すようにすれば、上手な人間関係にも結び付く、軋轢を生まずに済む付き合い方の一つ。

 

| 3.選択肢が少ない場合、なかなか決めることができないと

選択肢を示すということ。中身がない人は優柔不断なところがあるので、選択肢が少ない場合、なかなか決めることができないというもの。

できる限り多くの可能性を示して、その沢山の選択肢の中から選ばせるようにすることが重要なポイントになります。

その際、相手を追い込んだりするような問いかけはせず、 飽くまでも自分自身の意思で選択させるのが、軋轢を生まずに済む付き合い方の一つ。

 

| 4.理解することが、イコール同意といったことには限らない

理解しても同意はしないということ。中身がない人の言う内容を理解することが、イコール同意といったことには限らないというもの。

もしかすると、中身がない人は誰にもきちんと話に耳を傾けられたことがないのかも知れず、関心を示して理解しようとしている姿勢は大切です。

但し、同意や賛同をすれば最後には、自分自身も中身のない薄っぺらな人間、そんなことにもなりかねない、軋轢を生まずに済む付き合い方の一つ。

 

| 5.築くのが苦手で、近寄りすぎると互いに疲れてしまうと

程良い距離感を維持して接するということ。中身がない人は深い人間関係を築くのが苦手で、近寄りすぎると互いに疲れてしまうというもの。

互いが心地良い適切な距離感を維持する方が良く、職場は職場でプライベートはプライベーと、どこまで付き合うかを明確に線引きしておくようにします。

互いにとりプラスになるような関係になれば、仕事もプライベートも俄然上向く、軋轢を生まずに済む付き合い方の一つ。

 

 

 


中身を見てくれる人もいるもの、注意しておきたい空の人物の特徴面


 

| 1.できる限り周囲の人たちに悟られたくないと思っている

浅い知識をひけらかすということ。中身がない人に見られるのが、自分に実力がないことを、できる限り周囲の人たちに悟られたくないと思っているというもの。

なので、TVやニュースで見たものを、職場でまるで自らの知識のように語ることで、優秀な人間だというアピールをします。

但し、深く理解しないで表面的なことばかり並べ立ててしまうため、浅はかな人間だと思われることにもなりかねません。

 

| 2.不足しているのは分かっているので、それを隠したいと

すぐに見栄を張るということ。中身がない人は自分に知識だったり経験が不足しているのは分かっているので、それを隠したいと考えているもの。

仕事の能力が低いとは思われたくないとか、相手を失望させたくないなど、実力以上に大きく見せようとして、中身が伴わない言動や行動をすることにもなりかねません。

そういったことが続けば、周囲の同僚や友達などに、口だけとか軽い奴と思われてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.相手の立場に合わせ、自らの意見を変えるという傾向に

日によって言動が変わるということ。中身がない人は、場の雰囲気だったり相手の立場に合わせ、自らの意見を変えるという傾向にあるもの。

その場その場で1番メリットがあるような言動をするので、昨日こう言ってたけど今日は違う、そんなことが頻繁に起こります。

言葉や行動に一貫性がない人は、薄っぺらい中身がない人間と思って間違いありません。

 

| 4.口から出ているので、質問で返されると返事ができない

質問に向かってすぐ返答ができないということ。中身がない人は頭できちんと考えないでその場しのぎの言葉が口から出ているので、質問で返されると返事ができないというもの。

例えば職場で上司にこうですと説明したところ、それは何故かと理由を聞かれることは多くあります。

但し、中身がない人は先を考えていないので、それはと黙ってしまうことにもなりかねません。

 

 

 


中身がない人は仕事でも何かと困るもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.しないため、そのどれもが中途半端になってしまうという

極端な飽き性という心理状況。中身がない人に見られるのが、一つの物事を極めることをしないため、そのどれもが中途半端になってしまうというもの。

仕事だったり勉強などで自ら決めたことを簡単に変えてるのは、目標を立て最後まで成し遂げたという経験がないので、途中で飽きてしまうからに他なりません。

物事をじっくり考察したり知識を深く学んだりした経験が乏しいのも、中身がない人のあるあるの一つです。

 

| 2.見ておらず、深く本質を見ようとしない傾向にあるもの

深い人間関係を築けないという心理状況。中身がない人は相手の表面的なところしか見ておらず、深く本質を見ようとしない傾向にあるもの。

職場などでの会話もその場しのぎでやっているだけなので、次に会った時にも内容を覚えていることはありません。

出てくる言葉も社交辞令に沿ったような言葉ばかりなので、相手に信頼されないということにもなりかねません。

 

| 3.することが多く、自分自身の意見を持っていないという

自らの意見を述べないという心理状況。中身がない人に見られるのが、基本的に周囲の人たちに合わせようとすることが多く、自分自身の意見を持っていないというもの。

周りに合わせるのが習慣ともなっているので、自分の頭で考えることをせず、そのため意見が出てきません。

職場で意見を言えなければ、薄っぺらい人間と思われ、昇進などに影響が出ることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

流されやすいような一面などあります。ここでは、中身がない人は因果応報かも知れない、軋轢を生まずに済む付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。