どうすればいい?の末路も不安なもの、上手く乗り切っていく具体策



日々の暮らしの中で、どうすればいいと戸惑うこともあるもの。問題が生じて行き詰まった時は、どうすればいいのか困ることにもなりかねません。

生きていれば仕事をはじめ恋愛や将来の進路に人間関係など、様ざまな場面でどうすればいいのか分からないような状態になります。

時に仕事は、一日の3分の1の時間を占めているので、悩んでしまう瞬間も当然多くありますが、いつまでもその状況でいる訳にはいきません。

どうすればいいんだという不安を解消させるため、何に手を付けていけば良いのかも気になるところ。

意識しておきたい考え方もあり、良いパフォーマンスができるよう注意する必要があります。

ここでは、どうすればいい?の末路も不安なもの、上手く乗り切っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


どうすればいい?の末路も不安なもの、上手く乗り切っていく具体策


 

| 1.しまったような現実には、目を逸らすことになりがちと

明確に事実を掴むということ。どうすればいいと混乱した時には、自然に起こってしまったような現実には、目を逸らすことになりがちというもの。

但し、現実逃避しても問題等は一向に解決せず、生じた現実に向き合って何をしたらどうなったか、先ずはそういったことを早めに掴むようにします。

己自身の誤りを認めるというのは辛いことですが、不安や焦燥感を払拭するため事実確認を欠かさないのが、上手く乗り切っていく具体策の一つ。

 

| 2.何に悩んでいるのかを客観的に捉えられるというものです

思っていることを言葉にしてみるということ。問題点を口にすることにより、己自身が何に対して不安なのかとか、何に悩んでいるのかを客観的に捉えられるというもの。

そうすれば物事を整理しやすくなり、解消に向かい何をすれば良いのが冷静に考えられ、更に紙に書き出せば視覚的にも己自身の感情を確認できます。

現在はどういった状態なのかを明確にするため、頭の中だけでなく口に出したり文字にするのも、上手く乗り切っていく具体策の一つ。

 

| 3.目標の設定が上手くできていないことが多々あるという

目標設定を明確にするということ。どうすればいいと思い悩んでいるケースでは、目標の設定が上手くできていないことが多々あるというもの。

将来的に己自身がどうなりたいのかを理解できれば、自ずと現況で何をすれば良いのか分かるようになるので、目指すべき目標を先ず設定するようにします。

このように将来の目標があれば、どうすればいいかといった悩みからはすぐにも解放される、上手く乗り切っていく具体策の一つ。

 

| 4.何も行動に移さなければ、事態の好転は期待できないもの

すぐに実現できる事柄から出発するということ。どうすればいいと混乱していて、そのままの状態で何も行動に移さなければ、事態の好転は期待できないもの

ほんの小さなできることからで良いので、とにかく行動に移すことがポイントで、徐々に前に進むのが上手く乗り切っていく具体策の一つ。

どんな悩みだったり不安に対しても、何かのすぐに実現できるようなことがあるはずで、先ずはそうした物事から着手するようにします。

 

| 5.ストレスが蓄積した状態で、思考なども鈍っているという

ストレス発散するということ。どうすればいいといった状況になりやすいのは、ストレスが蓄積した状態で、思考なども鈍っているというもの。

結果として、一旦気持ちをリフレッシュすることで爽快な精神状態を作れれば、どうしたら良いかも考えられるようになる、上手く乗り切っていく具体策の一つ。

ストレスを抱えている状況では、何も上手くいくことなどなくなってしまうので、定期的に蓄積したストレス発散するように心掛けます。

 

 

 


どうすればいいですかとなることもある、注意しておきたいその考え方


 

| 1.ケースでは、稀に取り返しがつかない事態になることが

時間が経てば後々で大問題に発展することがあるということ。どうすればいい時に問題を放置しているケースでは、稀に取り返しがつかない事態になることがあるもの。

最初は大したことではなくても知らない間に大問題に発展し、重い責任を負わされることになりかねません。

時に悩むのも仕方がありませんが、長引くほど問題解決は先送りになり、大問題に発展することがあるのは頭に入れておくようにします。

 

| 2.ケースでは、他者のアドバイスを聞いて参考にしたくなる

己自身の考え方を持つということ。どうすればいいと困惑した状況が続いているケースでは、他者のアドバイスを聞いて参考にしたくなるもの。

現実に第三者の客観的な意見に耳を傾けるのは問題解決に有効ですが、他の人の意見を鵜呑みにしてしまうのは良いことではありません。

最終的に決断していくのは己自身で、どういった結果が出ようと責任があるのは我が身なのは頭に入れておくようにします。

 

| 3.悩んでいる時間なども決して無駄にはならないというもの

どうにもならないこともあると言った具合に捉えるということ。頑張りや努力次第で実現できる物事のケースでは、悩んでいる時間なども決して無駄にはならないというもの。

但し、世の中にはどれほど一生懸命に努力したり考えてもどうにもならない、そんなこともあり固執してしまうのは辛いだけということになりかねません。

悩んでいる時間やエネルギーも無駄になり、それであれば実現可能なことに向かって費やした方が、あらゆる面で利益となるのは間違いありません。

 

| 4.ことができず、問題解決は遠のいていくだけというもの

後悔しても仕方ないということ。どれほど失敗を悔やんでいても、過去は変えることができず、問題解決は遠のいていくだけというもの。

後悔するのは仕方がありませんが、何より重要なのは同じようなミスを再び繰り返さないないようにすることです。

後悔するだけでは何も生み出すことはなく、反省をきちんとするようにして、将来の糧としていきます。

 

 

 


どうすればいい?という時に注意したいもの、覚えておきたいNG行動


 

| 1.ある程度は致し方ないことで、人間としては当然という

悩み過ぎるのはNG行動。物事に対して悩むことになるのは、ある程度は致し方ないことで、人間としては当然というもの。

但し、どうすればいい?といったことも数多くある以上、深く悩みすぎるのは時間の無駄で終わることになりかねません。

悩んでいるだけでは解決には至らず、行動を起こしていかなければ全て水の泡なので、悩むのは必要最低限度に留めるよう心掛けます。

 

| 2.なっている時は、ただでさえネガティブな状態というもの

己自身を責めてしまうのはNG行動。どうすればいい?と分からなくなっている時は、ただでさえネガティブな状態というもの。

そうした時に己自身を責めてしまえば、ストレスを過剰に溜め込んだり、一層ネガティブとなってしまうことにもなりかねません。

逆に答えを出そうと努力している自分の姿を褒めるようにして、気楽な雰囲気で物事を考えるようにします。

 

| 3.かと言って他者の気持ちを無視しても良いとはならない

他者の気持ちを無視するのはNG行動。問題解決には行動に移す必要性もありますが、かと言って他者の気持ちを無視しても良いとはならないというもの。

どうすればいい?かわからない時に、距離を一旦置くと決めつけて、一方的に連絡を断つような行動をすることです。

己自身は良くても相手を傷付けることになり、更に問題が起こってしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

さらに分からないような状態になります。ここでは、どうすればいい?の末路も不安なもの、上手く乗り切っていく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。