人懐っこい人が苦手な時もあるもの、荒立てないで上手く振舞う具体策



身近なところにも、人懐っこい人がいるもの。いつも笑顔で何となく感じが良く、話しかけやすいようなオープンな雰囲気を持っている人。

もちろんそんな人懐っこい人は職場にもいて、周りの人たちと積極的にコミュニケーションを図り、ほんの少しのうちに人の輪の中に溶け込んでしまいます。

こんな誰とでもすぐに打ち解けられる人は、好印象も持たれやすく、人間関係も得をしたり何かと有利に働きかねません。

但し、そんな人懐っこい人がかわいいという声がある一方、うざいとか苦手と思う人がいるのも事実です。

人懐っこい人は初対面でもは物怖じすることがないので、パーソナルスペースを大切にする場合、正直馴れ馴れしいと感じてしまいかねません。

ここでは、人懐っこい人が苦手な時もあるもの、荒立てないで上手く振舞う具体策を紹介しています。

 

 

 


人懐っこい人が苦手な時もあるもの、荒立てないで上手く振舞う具体策


 

| 1.気付かずに一方的に延々と話し続けることがあるという

話は広げないということ。人懐っこい人は相手が嫌がっているサインに鈍感なところがあり、気付かずに一方的に延々と話し続けることがあるというもの。

そんな人に向かって、今は忙しいなどと柔らかく交そうとしても、真意に気付いてくれるようなことはありません。

但し、そうした態度では貴重な時間を奪われ続けることになりかねず、断固とした拒否ができない時は話題を広げないようにするのも、荒立てないで上手く振舞う具体策の一つ。

 

| 2.ところがあり、元気のない時は合わせるのが疲れるという

傷付けない程度に素っ気なく接するということ。人懐っこい人は非常にテンションが高めのところがあり、元気のない時は合わせるのが疲れるというもの。

特に元気のない人間の気持ちを理解できない、そういった感じの明るさだったりすれば、ストレスを感じることにもなりかねません。

頻繁に話し掛けられた際は、も会話のラリーも続かないよう短い返事をしたり、場合によればその場を立ち去るなど回避するのが、荒立てないで上手く振舞う具体策の一つ。

 

| 3.どれくらい相手のことを知っているかが影響するという

相手を理解するということ。人懐っこい人と普通の人の違いは、実際の態度だけではなく、どれくらい相手のことを知っているかが影響するというもの。

相手を知らないことでの未知が恐怖感を増やすので、それが苦手意識へと変わることで、距離を置きたくなることにもなりかねません。

熟知性の法則というものがあり、人間は相手のことを知るほどに好きになりやすい、そんな傾向もある荒立てないで上手く振舞う具体策の一つ。

 

| 4.ペースに丸め込まれることも多く、できる限り近寄りたく

自らのコミュニケーションのスタイルを知るということ。人懐っこい人は厄介なところがあり、ペースに丸め込まれることも多く、できる限り近寄りたくないと思うもの。

先ずは自分自身がどういったコミュニケーションが心地よく、どういう関わり方に対して苦手意識があるかを自己分析するようにします。

特に余りに馴れ馴れしくて嫌と感じた時は、相手に向かって大切にして欲しい部分を伝えるのも、荒立てないで上手く振舞う具体策の一つ。

 

| 5.いる場合、思い切って距離を置くのも一つのやり方という

距離を置くということ。人懐っこい人との関わり合いがストレスになっている場合、思い切って距離を置くのも一つのやり方というもの。

但し、距離を置くといっても仲間はずれにするといった意味ではなく、自らが相手から遠ざかる行為を指しています。

同じ職場でなどでは難しいかも知れませんが、できる限り顔を合わせないよう行動をずらしたり相手の視界に入らないのも、荒立てないで上手く振舞う具体策の一つ。

会話の際もパーソナルスペースに立ち入ってくる可能性が高く、近づけば一歩下がるという風に、相手との間に一定の物理的距離を維持するようにします。

 

 

 


人懐っこい人の診断も世間にはあるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.基本的に人と一緒にいて会話することが好きな傾向という

人見知りをしないということ。人懐っこいといった文字からも分かるように、基本的に人と一緒にいて会話することが好きな傾向というもの。

心の中の関心が完全に外側方向に向かっているので、例え初対面であっても臆することなく、朗らかな態度で人に近づきます。

恥をかいたらうとか傷付くことの不安感より、他者に対する関心が大きく人見知りはせず、悪い言い方をすると図太いということにもなりかねません。

 

| 2.良く知らないので、第一印象の表情で判断するというもの

普段から笑顔ということ。人間は他人の印象を決める場合、視覚からの情報がその多くを占め、特に会って間もない相手は良く知らないので、第一印象の表情で判断するというもの。

相手の人間が能面のように無表情だったりすれば、怖そうとか感じ悪いなど悪印象を受け、話しかけ難いということにもなりかねません。

普段から明るい笑顔の人懐っこい人は、受け入れていますという意思表示が前面に出て、他の人から好かれて頻繁に話し掛けられる傾向があります。

 

| 3.自ら歩み寄ったり話し掛けることに躊躇がないものです

他者に対して積極的ということ。人懐っこい人は心の奥底に、他の人と仲良くなりたいという思いがあるので、自ら歩み寄ったり話し掛けることに躊躇がないもの。

例え周囲が知らない人ばかりの環境に投げ込まれたとしても、自分自身に仲良くしたいという思いがあり、人と出会えば積極的に距離を縮めて仲良くなります。

人生でこうした経験を何回も積んでいるので、他の人との距離の縮め方を、意識的にしても無意識にしても良く知っている人が非常に多くいます。

 

 

 


人懐っこい人は育ちの影響もあるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.時間は誰かと共有して始めて価値があると考える人もいる

他人と話すことが楽しいという心理状況。人懐っこい人は、元来人間そのものを好きな人が多く、時間は誰かと共有して始めて価値があると考える人もいるもの。

一人切りで過ごすより、誰かと一緒に過ごしていた方が良い、そういった思いから積極的に他者とコミュニケーションを図ろうということにもなりかねません。

他の人と接して一緒に楽しい時間を過ごしたいという気持ちが、人懐っこい態度だったり姿勢に現れてきます。

 

| 2.もっと仲良くなりたいとか深く知りたいという気持ちに

親しい関係を築きたいという心理状況。自分と価値観が同じだったり波長が合う人に出会った場合、もっと仲良くなりたいとか深く知りたいという気持ちになるもの。

その人をもっと良く知りたいので、自分自身から距離を近づけるため、人懐っこい態度として振舞うところがあります。

職場の人はもちろんのこと友人まで、自分自身が好きと感じた人間とは特に仲良くなりたいので、積極的に接しようとすることにもなりかねません。

 

| 3.誰かに頼っていたい決断力の低さや優柔不断さがあると

できれば甘えたいという心理状況。人懐っこい人見られるのが、何かする際も自ら決定するのでなく、誰かに頼っていたい決断力の低さや優柔不断さがあるというもの。

できることであれば誰かに甘えたいといった気持ちは、他人に依存しやすい傾向として現れます。

甘えたいという気持ちが甘え上手な行動だったり態度となって、他の人には人懐っこい人間として映るようになります。

 

 

 

まとめ

オープンな雰囲気を持っている人です。ここでは、人懐っこい人が苦手な時もあるもの、荒立てないで上手く振舞う具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。