恋ができない末路も少し不安があるもの、乗り越え抜け出していく術



人生を過ごしていると、恋ができないと感じることがあるもの。なかなか好きな人ができない期間が続いている場合、この先一生恋愛できないのではと不安になることにもなりかねません。

もちろん恋ができない理由には病気ということもありますが、恋愛に疲れていたり、その時期にたまたま恋愛ができないような状況に陥っていることもあります。

更に、恋が出来ない人というのは、日常生活では職場と自宅の往復で、決まった相手としか連絡は取り合わないなど、場面が限られていることも考えられます。

また恋ができない女性や男性は、幼少の頃に親の不仲を見ていたりと、恋愛や結婚へのネガティブな印象が心の奥底に渦巻いているということにもなりかねません。

ここでは、恋ができない末路も少し不安があるもの、乗り越え抜け出していく術を紹介しています。

 

 

 


恋ができない末路も少し不安があるもの、乗り越え抜け出していく術


 

| 1.自分自身のペースを乱されるのが苦しく感じるというもの

望む恋愛の関係性を考えるということ。恋愛を縛られるものと捉えて面倒に思う場合、相手に無理に合わせたり、自分自身のペースを乱されるのが苦しく感じるというもの。

恋愛をネガティブな事柄として感じる時は、なぜそう思うのかとか、どういった関係性が理想なのか深掘りして考えみるのが、乗り越え抜け出していく術の一つ。

リスト化してみるのも良く、先ずは自分と向き合って、求めている関係性だったり付き合い方を明確にすることが重要なポイント。

 

| 2.終わってしまい、非常にもったいない思いをするという

自らを好きになる努力をするということ。良い出会いがあっても自分に自信がない場合、そのチャンスを眺めて終わってしまい、非常にもったいない思いをするというもの。

恋ができない状態を脱却して恋愛をするためには、先ずは自分自身を明確に肯定して、好きになることが大切なポイントになります。

そのためには、小さなことでも興味が湧いたものに向かって何でも挑戦するのが、乗り越え抜け出していく術の一つ。

一見恋愛とは関係がないようにも思えますが、自分に自信がある人間は、生き生きと輝いて見え、自然に人を惹き付けます。

 

| 3.自分の好きといった感情に対し、鈍感になっていることが

好きという感情に素直になるということ。恋ができないと感じている人は、そもそも自分の好きといった感情に対し、鈍感になっていることがあるもの。

そういう時は、先ず自分自身の好きという感情に素直になることから始める方が良く、対象は人だけではなく、動物だったり品物やお店など何でも構いません。

好きの感度が高くなっていくことで、恋愛感情にへの柔軟さも身に付けられ、一歩を踏み出す原動力に繋がる、乗り越え抜け出していく術の一つ。

 

| 4.同じように、気軽に出会いを求め交友関係を広げるという

交友関係を広げるということ。恋愛も人間関係の一つであり、職場だったり友人の付き合いと同じように、気軽に出会いを求め交友関係を広げるというもの。

意気投合する人もいる一方、イメージがわかないような人もいますが、上手くいかなくてもそんなこともあると重く受け止めないことが重要。

ときかく色々な人と気軽に話すことが大事で、視野を広げることが克服に結び付く、乗り越え抜け出していく術の一つ。

 

| 5.先ずは生活圏の中にいる身近な人に着目するというもの

生活圏にいる異性を敢えて恋愛対象として着目するということ。出会いがないとか恋愛対象となる相手がいないという場合、先ずは生活圏の中にいる身近な人に着目するというもの。

行きつけのコンビニだったりカフェの店員さんや、通勤電車での好みの男性など、実際に恋愛などしなくても意識するところからがスタートします。

恋愛対象として意識をすることで、相手の良い部分を見つける練習になって、自分自身のタイプも良く分かる、乗り越え抜け出していく術の一つ。

 

 

 


恋ができない診断なども巷にあるもの、注意しておきたいその原因面


 

| 1.恋愛へと発展するような相手に巡り会えていないだけと

シンプルに出会いがないということ。恋ができない一因にあるのがシンプルに出会いがなく、恋愛へと発展するような相手に巡り会えていないだけというもの。

多くの人は大人になれば出会いの機会は減るのが通常の姿で、趣味がなかったりインドア派の人は、職場と自宅の往復だけということにもなりかねません。

学生時代のように年度が変わる度に友人が増えていくようなこともなく、人間関係は固定化してしまうので、出会いがないことで恋できないという状態に陥りかねません。

 

| 2.タイミングがないので、人を好きになり辛いというもの

仕事で忙しいということ。仕事に没頭している時は、頭の中が仕事モードになっていて、恋愛モードへと入り込むようなタイミングがないので、人を好きになり辛いというもの。

一生懸命やっていて仕事で疲れ果ててしまっているため、異性に出会ってもと胸が高鳴るようなことはなく、恋愛の種に気づけないことも多々あります。

さらに休日は疲労回復のために部屋に籠りがちになる場合も多く、より恋愛の機会が少なくなることにもなりかねません。

 

| 3.他を優先したいと考えているために恋ができないという

恋愛に興味がないということ。そもそも恋愛にさほど関心や興味がなく、他を優先したいと考えているために恋ができないというもの。

恋愛をすれば少なからず好きな人だったり恋人のことを思い浮かべるほか、優先的に時間を使うことにもなりかねません。

そうした状況だったりデートを楽しむことに加えて、恋人との甘い時を一緒に過ごすことに魅力を感じていなければ、なかなか恋ができなくなりかねません。

 

 

 


恋ができないという歌などもあるもの、知っておきたいそんな特徴面


 

| 1.そんな風に感じている人も、なかなか恋ができない傾向

友達といたほうが楽しいということ。恋人といるより友達といた方が楽しい、そんな風に感じている人も、なかなか恋ができない傾向にあるもの。

友達と一緒に過ごす時間に充分に満足しているところがあり、わざわざ恋をしようといった気にはなりません。

仲の良い友人は話が合って趣味や考え方が似ている人が多く、感性や感覚も合っているので、居心地が良く自然に過ごすことができます。

 

| 2.一因となって、愛ができないという場合もあるというもの

求める理想像が高すぎるということ。恋人に求める理想像が高すぎることが一因となって、愛ができないという場合もあるというもの。

顔をはじめスタイルやファッションセンスなどの外見的なものから、職業や年収などのスペックと、人により恋人に求める要素は様ざまに変ってきます。

但し、理想像が余りに高過ぎれば、条件に当て嵌まるような異性はなかなか存在せず、運命の人を待ち望んでも出会いは訪れなくなりかねません。

 

| 3.そういった経験があるため恋ができない人もいるものです

恋愛に対して苦い思い出があるということ。過去の恋愛において傷付いた、そういった経験があるため恋ができない人もいるもの。

大好きな相手に裏切られたことがあるとか、好きな気持ちが思うように伝わらず成就しなかった、そんな記憶は思い出すのも辛いことにもなりかねません。

恋愛は日常生活の出来事よりも心が動くもので、尚更傷付きやすく心にトラウマとして残っているということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

渦巻いているということになりかねない。ここでは、恋ができない末路も少し不安があるもの、乗り越え抜け出していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。