心の浮気は大喧嘩にも結び付くもの、罪悪感を拭い去り乗り切る具体策



人生を過ごしていると、心の浮気を感じることがあるもの。心の浮気は明確な定義はありませんが、パートナーがいても別の異性に対して心を寄せている状態。

パートナーと過ごす日々は初めのうちは胸が踊りますが、その刺激が当たり前になれば物足りなくなり、情熱的な人はより強い刺激を求めかねません。

職場だったり趣味のサークルなどで出会うような異性が、自分の好みの人で魅力的なの場合、人知れず心を寄せることにもなります。

身体の浮気ではなくても、自分自身の中で本気と認識していれば心の浮気ということで、明るみになれば問題ともなりかねません。

そうなると、別れるとか慰謝料などと言ったことにもなりかねず、好奇心や探求心には注意も必要です。

ここでは、心の浮気は大喧嘩にも結び付くもの、罪悪感を拭い去り乗り切る具体策を紹介しています。

 

 

 


心の浮気は大喧嘩にも結び付くもの、罪悪感を拭い去り乗り切る具体策


 

| 1.機会を持つ場合、好意が芽生えやすくなるといわれている

相手との距離を置くということ。人間は特定の人物と繰り返して接する機会を持つ場合、好意が芽生えやすくなるといわれているもの。

心の浮気では接触する機会が増す度に、心に押し留めていた感情も大きくなり、気持ちを抑えきれなくなることにもなりかねません。

感情が爆発しないよう接触する機会を減らすため、意中の相手から距離を置き心の平穏を保つのが、罪悪感を拭い去り乗り切る具体策の一つ。

 

| 2.現状に対して不満を募らせていることもあるというもの

パートナーと意思疎通を図るということ。心の浮気をしてしまう切っ掛けとして、現状に対して不満を募らせていることもあるというもの。

不満な点を改善もしないで心の浮気をやめても、根本的な問題は解決していないので、再び陥ってしまうリスクがあります。

心の浮気のループから抜け出すためにも、パートナーと意思疎通を図り不満を解消していくのが重要な、罪悪感を拭い去り乗り切る具体策の一つ。

 

| 3.忘れられないので、一時的に他の熱い気持ちで上書きする

没頭できる趣味を見つけ出すということ。心の浮気のような強い感情は簡単に忘れられないので、一時的に他の熱い気持ちで上書きするというもの。

何もかも忘れて没頭できる位の趣味であれば、そうしたことに打ち込むことで感情を上書きできる、罪悪感を拭い去り乗り切る具体策の一つ。

なので、没頭できるできるような趣味を探し出し、心の浮気の状態から一旦解放されることも、また効果的なやり方になります。

 

| 4.という場合、向上心がなかった人間に当て嵌まるという

自分磨きをするということ。今まで身だしなみなどにまったく気を遣って来なかったという場合、向上心がなかった人間に当て嵌まるというもの。

パートナーが心の浮気状態に陥っているような時は、自分磨きでワンランク上を目指すのも、罪悪感を拭い去り乗り切る具体策の一つ。

パートナーは変わった自分に対して新鮮さを覚えることになり、心の浮気もやんで元の鞘に収まる確率が高くなります。

 

| 5.思い遣りのある態度で接してこなかったというものです

思い遣りを持ってパートナーに接するということ。これまでパートナーの言葉に対して耳を傾けてこなかったり、思い遣りのある態度で接してこなかったというもの。

仕事が忙しかったり家事や子育てが多忙などの理由で、ないがしろにしていたような覚えがあるなら、先ずは2人の時間を大事にする工夫をしてみます。

そうすることで新鮮さが再び芽生えれば、心の浮気相手を互いの心から追い出す切っ掛けにもなる、罪悪感を拭い去り乗り切る具体策の一つ。

 

 

 


心の浮気は非常にタチが悪いもの、注意しておきたいその際のサイン


 

| 1.スキンシップをするのを嫌がるようになるというものです

スキンシップを嫌がるということ。心の浮気をしている際は、相手の方に心が動いているので、スキンシップをするのを嫌がるようになるというもの。

スキンシップは心の浮気の相手に対して行いたい、そういった気持ちが強まっている状態だからです。

パートナーが急にスキンシップすることを嫌がるようになった時は、一先ず心の浮気を疑ってみる必要性が高まるということにもなりかねません。

 

| 2.なった時は、心の浮気の可能性が考えられるというもの

身だしなみに気を遣うということ。今まで身だしなみに無頓着なパートナーが、急に気を遣うようになった時は、心の浮気の可能性が考えられるというもの。

心の浮気相手とならどんな場所でどうなっても良い、そんな風に準備を整えているといった推測できるということにもなりかねません。

こうして心の浮気が表面化して来れば、やがて本気の浮気へと進展する可能性も高いため、そうなる前にストップする対策を行う必要があります。

 

| 3.否めないのが、急に他人の話ばかりをし始めるというもの

他人の話ばかりするということ。心の浮気のサインという可能性が否めないのが、急に他人の話ばかりをし始めるというもの。

例を挙げると、一緒にランチに行ったとか、趣味を真似してみようと考えているなど、相手の名前が多く出てきます。

こうしてパートナーが話している名前の人こそ、心の浮気の相手である、そういった可能性が非常に高いということにもなりかねません。

 

| 4.他人は他人など、素っ気ないような態度になるというもの

心の距離を感じるということ。話に乗ってこなかったり、自分は自分で他人は他人など、素っ気ないような態度になるというもの。

こういったよそよそしいとも言える振る舞いは、パートナーが心の浮気に陥っている可能性が高くなります。

異性に心を奪われてしまえば、心ここにあらずといった状態になり、段々と心の距離を感じることにもなりかねません。

 

 

 


心の浮気は既婚女性にも多々あるもの、知っておきたいその危険な理由


 

| 1.心の中で、あの人が素敵と思う程度かも知れないという

本気の浮気になりやすいということ。心の浮気というのは、初めは心の中で、あの人が素敵と思う程度かも知れないというもの。

但し、そのうち心の中で段々とイメージが膨らんでしまえば、相手に対する思いが募って、ついには浮気へと発展してしまうリスクもあります。

心の浮気相手が浮気症という場合も稀にあり、誘いに乗って不倫するということはそれほど珍しくはありません。

 

| 2.分かったとしても、肉体関係がない以上は責め難いという

パートナーを責め難いということ。パートナーが別の異性に心を奪われている、そんなことが分かったとしても、肉体関係がない以上は責め難いというもの。

ここに落とし穴という点が隠されていて、パートナーから責められることがないということにもなりかねません。

そうした状況が進めば、ますます思いが燃え上がることになり、実際に不倫へと進展することにもなりかねません。

 

| 3.本気の恋へと発展して不倫へと至ってしまうこともある

離婚のリスクがあるということ。心の浮気が徐々に心の中で盛り上がり、本気の恋へと発展して不倫へと至ってしまうこともあるというもの。

こういった状況の時は、離婚も視野の中に入れて、その後の行動しなければならなくなることにもなりかねません。

特にパートナーに対しの愛情が薄れているような時は、離婚に繋がるリスクがあるのも、心の浮気が引き起こす悲劇の一つです。

 

 

 

まとめ

別の異性に対して心を寄せている状態。ここでは、心の浮気は大喧嘩にも結び付くもの、罪悪感を拭い去り乗り切る具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。