言い返さない人はぐうの音も出ないから?我が身を抑えて前に進む術



身近なところにも、言い返さない人がいるもの。相手から何を言われた時も、そのまま受け取るだけで、言い返すような姿を見たことがない人。

悪口や嫌味を言われた時は、言い返したいのは人情というもので当たり前で、意見が食い違う相手に対しては、自らの主張を伝達することもあります。

言い返すといった行動はコミュニケーションの一環なので、相手と対等な立場に立っている証としては大切なことです。

中にはぐうの音も出ない状況の時もあり、言い返すことで問題を大きくしないよう黙っているのも賢明な判断かも知れません。

但し、言い返さない人は舐められるのは自明なことで、自覚がある時は注意も必要になります。

ここでは、言い返さない人はぐうの音も出ないから?我が身を抑えて前に進む術を紹介しています。

 

 

 


言い返さない人はぐうの音も出ないから?我が身を抑えて前に進む術


 

| 1.言いたいことだったり意見なども、心の中には溢れている

心の中で言い返してみるということ。実際に言い返さない人であっても、言いたいことだったり意見なども、心の中には溢れているというもの。

そうした気持ちに向かって蓋をするということばかりでは、ストレスが溜まって、体調不良だったり病気になることになりかねません。

言い返さないようであれば、せめて少なくとも心の中では主張して発散させるのが、我が身を抑えて前に進む術の一つ。

 

| 2.持たれるような必要もなく、好かれたいなど思わないもの

聞こえていない振りをするということ。嫌味や悪口を言ってくる人に対しては、好意を持たれるような必要もなく、好かれたいなど思わないもの。

聞こえていない振りをする方が良く、毎回同じようにしていても不自然なので、己自身が限界を感じるタイミングで行うようにします。

悪口をいう人に対して言い返せば負けで、相手はイライラする可能性はありますが関係などない、我が身を抑えて前に進む術の一つ。

 

| 3.そういった姿勢も言い返さない人のやり方というものです

受け流すということ。こちらに向かって発せられた言葉をそのまま受け流す、そういった姿勢も言い返さない人のやり方というもの。

但し、相手が上司や上の立場の人物のケースでは、聞こえない振りをしていくのは非常に困難ということになりかねません。

話は聞いているけど気に留めない、そうしたスキルを身に付けることにより、言い返さなくても気楽な状況が作れる、我が身を抑えて前に進む術の一つ。

 

| 4.状況を、豹変させることもできるかも知れないというもの

話題を変更するということ。話しのテーマを変えることによって、言い返さないような状況を、豹変させることもできるかも知れないというもの。

無理に話題を変えようとしたケースでは、不自然な空気になる可能性もあり、できるだけ自然な流れでテーマを変更するようにします。

こうしてテーマを変えることにより、言い返さない意思表示にも結び付ける、我が身を抑えて前に進む術の一つ。

 

| 5.無理をして関わりを持つような必要などはないというもの

距離を離すということ。ストレスが溜まり過ぎて体調不良が起きるようなケースでは、無理をして関わりを持つような必要などはないというもの。

相手とはできるだけ距離を離すことで、言い返したくなる状態を回避することができる、我が身を抑えて前に進む術の一つ。

近くにいると相手からも目に付きやすく、ターゲットにされやすくなりますが、離れていれば関り合いを持とうと近づいてくることも減少します。

 

 

 


言い返せない人も世間的にはいるもの、注意しておきたいそんな原因面


 

| 1.なるだろうとか、そういった体験は誰しも持っていると

言い争いが嫌いということ。この場面でこの言葉を言えば、相手が不愉快になるだろうとか、そういった体験は誰しも持っているというもの。

言い返さない原因の一つにあるのが、基本的に争い事が嫌いなためで、何にしても穏便に過ごしたいという意識があるからです。

それが己自身にとり苦痛になる選択だとしても、相手との関係を壊すよりはましと考えることに繋がっています。

 

| 2.相手の話し方やペースに巻き込まれて圧倒されたりする

ペース自体に巻き込まれやすいということ。言い返さない人に見られるのが、相手の話し方やペースに巻き込まれて圧倒されたりするというもの。

少しでも威圧的な言い方をされたケースでは、言いたいことがあっても、相手の態度に不安を覚えて黙ってしまうことになりかねません。

言い返さない人はどうしても受け身的な傾向があり、相手の勢いを一旦受け止めてから、己自身のタイミングを乱さないように意識します。

 

| 3.しまう役目になり、非常に損をしている心境になるという

非常に繊細ということ。段々と会話がエスカレートしたケースでは、最後には己自身が黙ってしまう役目になり、非常に損をしている心境になるというもの。

言い返さない原因の一つにあるのが、非常に繊細なところがあり、己自身の意見を相手に指摘され評価されるのが大嫌いなためです。

時と場合により重要なことを伝えたい時もあり、そうした気持ちを整理するだけのことで疲れてしまうことになりかねません。

 

| 4.どういう言葉を使うべきか、急な状況下で思い浮かばない

言葉を見つけられないということ。言い返さない人の原因の一つにあるのが、どういう言葉を使うべきか、急な状況下で思い浮かばないというもの。

普段の会話なら気持ちよく意見交換ができても、相手が強力に攻撃してきたケースでは、つい後退したくなるといったことにもなりかねません。

そういった場面では己自身の気持ちを落ち着かせて、先ずは相手の言ってくることに耳を傾けて理解するようにします。

 

 

 


そこに様々な面が見られる、覚えておきたい言い返さない人の心理状態


 

| 1.状況があり、言い返したくても言い返さないというもの

立場が違うといった心理状態。相手により己自身の立場の方が下という状況があり、言い返したくても言い返さないというもの。

職場の上司や目上の人に向かって言い返すのは、立場を考えると非常に難しくて簡単なことではありません。

言い返すことで己自身の立場が悪くなるような可能性もあり、言い返したくても言い返さない、そうした状態に陥ることになりかねません。

 

| 2.言い返さないで相手の気が落ち着くのを待つというもの

揉め事が嫌いといった心理状態。とにかく揉めたくないとか穏便に済ませたいという人のケースでは、言い返さないで相手の気が落ち着くのを待つというもの。

己自身が言い返すことによって、相手が更にヒートアップすることが分かっているからです。

己自身が我慢をすることにより、その場が平穏に収まるのであれば、その方が良いといった思いが強くあります。

 

| 3.ケースでは、相手にするだけ無駄と感じ言い返さないと

相手にしていないといった心理状態。相手方を己自身より下に見ているケースでは、相手にするだけ無駄と感じ言い返さないというもの。

見下している相手に対してわざわざ己自身が意見する、そんな時間は無駄だと思って無視をすることになりかねません。

第三者として見ている人からすれば、相手をするのが面倒といった姿に映って、それほど気分の良い態度ではありません。

 

 

 

まとめ

言い返すような姿を見たことがない人物。ここでは、言い返さない人はぐうの音も出ないから?我が身を抑えて前に進む術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。