いい歳してと言われるパターンをしっかり把握、その際の具体的対処法


普段の生活の中で誰にも迷惑になってないのに、いい歳してと言われることもあるもの。そうした話題を投げ掛けられると、鋭利なナイフでえぐられたように心が傷つきます。しょっちゅうこの言葉が出てくるのは、文脈では常識的に見れば変というときです。

行動が世間と隔たっているときに使われるので、そもそも何歳からがいい歳の範囲内になる、そんな明確な基準があるわけでもありません。

ただ誰にも迷惑を掛けず、好きに生きてる人の場合、いい歳して独身の女や、いい大人がなどとは言われたくないもの。もちろん礼儀作法をはじめ、世間の一般常識的な面については、再点検して見るのもいいかも知れません。

ここでは、いい歳してと言われるパターンをしっかり把握、その際の具体的対処法を紹介しています。

 

 

 


しっかりチェックしておきたいもの、いい歳してと言われるパターン


 

| 1.働いていて生活に困っていないのに、親からお小遣いを

親にお金を貰っているというパターン。金銭的な面で、親に依存しているということ。いざという場合に、援助して貰うのはあり得ることで、働いていて生活に困っていないのに、親からお小遣いを貰うといったケース。

これは周囲から見れば甘えということになり、いい歳してに結びつくパターン。

 

| 2.いずれにしても日本は、働いて一人前という価値観がある

働いていないというパターン。もちろん、人それぞれ色々な理由が重なり、働きたくても職がないということもあるもの。

ただ、世間の風は冷たくて、成人してるのに働いていない場合、いい歳してという言葉に結びつきます。いずれにしても日本では、働いて一人前という価値観があります。

 

| 3.一人立ちして一人前という、日本的な価値観によるもの

実家で暮らしているというパターン。親の介護をはじめ、立地条件や金銭的な面など、人それぞれに事情があるもの。

それも全て一緒くたにして、いい歳してという言葉に繋がります。これも、一人立ちして一人前という日本的な価値観によるもの。

 

| 4.作法は、社会的にきちんとしているかの証明ともなるもの

礼儀作法がなっていないというパターン。挨拶をはじめ、食事の作法や日常生活に至るまで、常識的な礼儀作法ができていないケース。

作法は、社会的にきちんとしているかの証明ともなるので、出来ていないといい歳してという言葉に繋がります。礼儀作法というものは、身に付けておいてはないもの。

 

| 5.他の人に迷惑ばかり掛けていると、いい歳してになりがち

責任を取れないというパターン。お金を借りて回わったり、借りた物を返さないや約束を守らないなど、他の人に迷惑ばかり掛けていると、いい歳してになりがちなもの。

これは、もうそんな年齢ではなく、言い替えればいい大人にもなってと言うこともできます。

 

 

 


咄嗟にでる反応にも役に立つもの、いい歳してと言われた際の対応方法


 

| 1.感情を露わにしても良い事はなく、ゆっくりと深呼吸する

先ずは心を落ち着けるということ。一概にいうと動揺するものですが、とりあえず落ち着くことが大切。

怒りや悲しさが込み上げるのは、人として当たり前の心境。ただ感情を露わにしても良い事はなく、ゆっくりと深呼吸をします。

 

| 2.ただ、当該人物の価値観を知ること自体に意味があります

言葉の意味を推測するということ。最初に何故そんなことを言うのか、じっくり考えてみること。すると、その人物がどんな価値観を持っているか判るもの。

それについては肯定することも、否定する必要もありません。ただ、当該人物の価値観を知ること自体に意味があります。

 

| 3.何故そんなことを言ったのか、相手側もも真剣に考える

意味を尋ねてみるということ。相手の価値観が判断できれば、質問に繋がります。特に、何故そんなことを言ったのか、相手側もも真剣に考えることになるもの。その時点から価値観の摺り合わせもできます。

 

| 4.部分的に正しさも、弁解することで互いの理解も深まる

弁解を試みるということ。相手に対して何も悪いことをしていない場合、もちろん弁解する権利を持っています。いい歳してにも、部分的には世間的正しさもありますが、弁解することで互いの理解も深まります。

 

| 5.当該相手の価値観自体、無理して受け入れる必要はない

他人は他人、自分は自分と割り切るということ。基本的には、このスタンスで大丈夫と言えます。自分の人生は自分のもの。他の人が決めるものでありません。その軸をしっかり守り、当該相手の価値観自体、無理して受け入れる必要はありません。

 

 

 


こうしておくと後が楽、そもそもいい歳してと言わせないための方法


 

| 1.何も考えず生きている、いい歳しての言葉が出がちなもの

周囲に人生の計画を語っておくということ。しっかり考えてると、常日頃からアピールしておくことが大切。無責任に何も考えず生きていると、いい歳しての言葉が出がちなもの。

なので、実家暮らしでも生活費は渡している、という風に義務や責任は果たしていると伝えること。

 

| 2.どういう風な生き方、お金を稼げば周囲の人は黙るもの

お金を稼ぐということ。身も蓋もない真理の一つに、キャッシュが一番というものがあります。どういう風な生き方をしていようが、お金を稼いでいれば周囲の人たちは黙るもの。これは生き方に対して、ある種の正しさを証明する根拠になります。

 

| 3.世間一般的に、いい歳してと言われることは判っている

言われる前に先に伝えるということ。負い目があると感じている場合、前もって自身の状況を説明をすること。

世間一般的に、いい歳してと言われることは判っている、なのでそう言う人たちに感謝していると伝えます。先に言ってしまうと、相手は何も言えないもの。最大の防御かも知れません。

 

| 4.何か変なとを言われそうだなと感じたら、一足早く逃げる

距離を置くということ。何かを言いそうな人物だと感じたら、何か言われる前に距離を置きのも一つの手段。

これはコミュニケーションの真理の一種で、ここを見誤るとトラブルが生じます。何か変なとを言われそうだなと感じたら、一足早く逃げること。

 

|  5.人生というのは楽しんだもの勝ち、姿勢を見せつけて圧倒

普段から楽しそうにするということ。完全に、この人生で幸せというオーラを纏い、とにかく楽しそうに振舞います。結果的に、人生というのは楽しんだもの勝ち。そんな姿勢を見せつけて圧倒します。

引き寄せの法則。

「金運」「健康」「恋愛」「美容」でビックリ現象、続出!!

 

まとめ

いい歳してと言われることもあるもの。ここでは、いい歳してと言われるパターンをしっかり把握、その際の具体的対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。