関わりたくない理由を把握、しっかり特徴を掴んでそれに対処する方法


世の中には人付き合いの上手な明るい人達がいる反面、人と関わりたくないという人物もいるもの。なるたけ接触を避け、1人でいたいと考えている人が数多くいます。

それにはさまざまな理由が存在。自ら進んで1人になっている人もいれば、ほかに仕方なく人を避けている人もいます。そんなときは、一人でいることで罪悪感に苛まれたり、もの寂しくなってしまったり、そんなことも考えられるもの。

反対に程近いところに関わりたくない人がいた場合、思い切ってそれを伝えることは困難。仕事上で関わりたくない人がいるケースでは、特に悩んでしまうことになります。

ここでは、関わりたくない理由を把握、しっかり特徴を掴んでそれに対処する方法を紹介しています。より良い人間関係を築くのに、役立つこと請け合い。

 

 

 


これを知っておくと役に立つもの、人と関わりたくないと考える理由


 

| 1.嫌われたくないと考えるほど、気を使うことがストレス

相手に気を使うのがストレスになるという理由。打ち解けない人物と話すときなどは、相手に対して気を遣わなくてはならないもの。他の人に嫌われたくないと考えれば考えるほど、相手に気を使うこと自体がストレスになることがあります。

 

| 2.自身がそうしたいからそうする、信条に従って生きている

一人でいる方が気が楽だからという理由。元来、集団行動にあまり自信がなく、一人でいた方がずっと気楽だという人です。このケースでは特段に悩んでいるわけではなく、自身がそうしたいからそうする、そんな信条に従って生きているだけのこと。

 

| 3.話して後悔するより、ものを言わないでいた方が気楽だと

自らをさらけ出すのが怖いという理由。本来の自身は何故から周囲と異なる気がしていたり、受け入れて貰えるか心配なケースでは、気持ちを伝えるのを諦めてしまいがち。相手に向かって話して後悔するより、ものを言わないでいた方が気楽だと思うもの。

 

| 4.人たちに、接する態度が判らず踏みとどまってしまうこと

どう接していいか判らないという理由。泣いたり怒ったりといった感情が素直な人もいれば、いつも笑顔で怒ったのを見たことがないという人もいます。仲の良い人でも、現実に何を考えているか分からないもの。なので、そんな風な人たちに対し、接する態度が判らず踏みとどまってしまうこと。

 

| 5.日々暮らしていく上では、最低限のコミュニケーション

もともと他の人に対し、興味がないという理由。なかには何故周囲の人たちと、仲良くしなければいけないのかが解からない、そんな人がいることも。確かに日々暮らしていく上では、最低限のコミュニケーションがとれていれば困りません。それ以外はシャットアウトというタイプ。

 

 

 


もう一つ深く知っておきたい、人と関わりたくないと考える人の特徴


 

| 1.嘘ではないかと先走り、相手に対して心を開けなくなる

自分の世界に逃げ込むという特徴。心が繊細すぎる人ほど、何か過去に悲しい事柄を持っていたりします。なので、詐欺や隠ぺいなどのニュースを見たりした場合、周囲の人たちを信用しにくくなることがあります。

ひょっとして嘘ではないかという気持ちが先走り、相手に対して心を開けなくなるもの。

 

| 2.人と仲良くする手本は、家族や両親なのかも知れません

家族間の仲が悪いという特徴。幼い頃の経験は、成長するにつれ大きな影響を与えるとされています。ずっと昔から仲が悪い家庭環境で育った子どもの場合、周囲の人と親交を結ぶ方法が判らず、孤立してしまうことが多いもの。

人と仲良くする鑑となるのは、家族や両親なのかも知れません。

 

| 3.コンプレックスを酷評される、そんな不安が付きまとう

コンプレックスを抱えているという特徴。容姿をはじめ、勉強の出来不出来や才能など、コンプレックスを抱える人も多いもの。

周囲はさほど気に掛けていなくても、コンプレックスを酷評されるのではないかという不安が付きまとい、上手く人と接することが困難に。

 

| 4.相手が放った些細な一言を気にして、思い詰めるタイプ

落ちこみやすいという特徴。少しの失敗で落ち込んだり、憂鬱な気分が長く続いたりする人も、周囲との関係性に悩んでいるケースがあるもの。

相手が放った些細な一言を気にして、いつまでも思い詰めるタイプ。既に相手は忘れていても、自身はなかなか忘れられないため、段々と距離が開くことに。

 

| 5.決まり事を守らないだらしない人に対し、苛立ったりする

曲がったことが嫌いな正義感の強い特徴。些細な悪事を見逃せない正義感が強い人や、信念を持っている人は、決まり事を守らないだらしない人に対し、苛立ったりすることもあるもの。

ちょっとした事を受け流すことができず、人との係り合いにストレスを感じることに。

 

 

 


周りに居ればぜひ避けて通りたい、関わりたくない人のこれがパターン


 

| 1.否定することから初め、その後で自らの意見を言うことも

意見に対しすぐに否定してくるパターン。関わりたくない人とされるのは、喋り方や会話が後ろ向きでマイナス思考なこと。どんな場合でも、先ずは人の意見を否定することから初め、その後で自らの意見を言うこともみられる傾向の一つ。

否定された人はもちろん、周りで見ている人の感情や、空気を害しやすいのが特徴。

 

| 2.自らのやりたいように、周囲を遠ざけることも多いもの

自己中心的、人の嫌がることを平気でするパターン。一般的に余り周囲に対し、幅広い視野や優しさなどは持っていません。自己中な考え方が強く、コミュニケーション能力も高くないので、頻繁に人が嫌がることをやってしまいます。

場の雰囲気についての影響なども感じず、自らのやりたいようにやることで、周囲を遠ざけることも多いもの。

 

| 3.ずる賢い行動は周囲にしっかり伝わり、人間関係を悪化

自身の失敗を他人のせいにしてくるパターン。対人関係で信用を大きく損なった際、関わりたくない人とされることがあります。

仕事上で失敗を犯したのに、自ら責任をとり謝罪もすることもなく、他者になすりつけるのが代表例。性別や立場に関係なく、ずる賢い行動は周囲にしっかり伝わり、人間関係を悪化させることに。

 

| 4.苛立っていたり、不機嫌な表情を浮かべていることが多い

常にイライラしているパターン。威圧的な態度をとっったり、話しかけにくいオーラを纏っていたりするタイプ。

積極的に話したくない人は、いつも苛立っていたり、不機嫌な表情を浮かべていることが多いもの。話しかけると大声を出されたり、怒られたりするのではないかと、周囲の人たちに感じさせてしまっています。

 

| 5.他者との接し方、一般的なものとは隔たった独特の感覚

プライベートな話を頻繁に聞いてくるパターン。一般的常識やモラルが備わっていると、他人のプライバシー空間にはやたらに立ち入らないもの。

ただ、関わりたくない人はそんな感覚はなく、他者との接し方に関しても、一般的なものとは隔たった独特の感覚をもっています。話しにくいプライベート感覚の部分も、平気で踏み込んできます。

 

 

 


関わりたくない人が避けては通れないとき、人間関係を壊さない対処法


 

| 1.察知させず、上手く相手と離れることができる対処の一つ

職場で関わる人とは、挨拶は行っておくという対処法。如何に関わりたくないと考えていても、表面的な最低限の付き合いはしておくのがポイント。

積極的に会話することを回避しながら、挨拶程度はしっかりと交わすようにしておけば、相手にしても周りにも不愉快な思いをさせることはなくなるもの。周囲に避けていることを察知させず、上手く相手と離れることができる対処法の一つ。

 

| 2.気持ちそのものは他の何かに向ける技術、素晴らしい対処

大切な話以外は聞き流すという対処法。表面的には会話しているように見え、気持ちそのものは他の何かに向ける技術が習得できれば、素晴らしい対処法となります。

どうしても自分に必要な大切な話だけは押さえておき、それ以外の部分は聞捨てるように意識します。業務上のやり取りなどで、相手が頻繁に関わることがあっても、嫌な思いをすることは減少。

 

| 3.積極的には話しかけないように、そんな時が最適な対処法

頑張ることなく、自らは話さないようにする対処法。性格面や考え方やが合わない人とは、無理をして合わせようとしても、どうにもフィットしないことがあります。

余りに頑張り過ぎてしまうと、自身が精神的に消耗するだけでなく、相手も不愉快に感じるもの。友人だからといって、積極的には話しかけないようにする、そんな時が最適な対処法になることも。

 

| 4.不愉快な思いをする機会を無くす、創意工夫が効き目あり

なるたけ集団で関係するという対処法。共通の友人が居るのであれば、その人達を利用することで、直接的に関わる機会が減るもの。

多くの友人と一緒に行動することを意識し、不愉快な思いをする機会を無くしていく創意工夫が効き目のある方法。サシで遊びに行くような誘いがあっても、先約があるとさりげなく断ること。

 

| 5.個人的な部分を出さない、意識して付き合うことが大事

ママ友へは、自分の話はしないという対処法。自身の家庭のことを相手に知られ過ぎると、比較され結果的に見下されることになるもの。なので、関わりたくないママ友へは、詮索されても個人的な部分を余り出さないよう、意識して付き合うことが大事。

余分な比較やトラブルメーカーとのマウントの取り合いも減るので、気分を害されることも減少。

引き寄せの法則。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

人と関わりたくないという人物もいるもの。ここでは、関わりたくない理由を把握、しっかり特徴を掴んでそれに対処する方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。