魅力のない男は脱却していきたいもの、誠実な中身を身に着けていく術



身近なところにも、魅力のない男がいるもの。そんな男としての魅力がない人は、中身もさほどなく、人間関係が浅いといった傾向にあります。

魅力を感じない人は周囲に人が集まり難く、当然のように友達も少なく、その友達との間も浅い関係になりかねません。

魅力を一般的に語るのは非常に難しく、醸しだす雰囲気だったり育ってきた環境や、人との付き合いの上手さなどにも左右されます。

魅力に欠ける人に見られるのが、会話中に分からないことが出てきても、何もリアクションもしないでその場をやり過ごすことです。

これでは何も学ぶことができず人として成長せず、更に魅力のない男性ともなりかねません。

ここでは、魅力のない男は脱却していきたいもの、誠実な中身を身に着けていく術を紹介しています。

 

 

 


魅力のない男は脱却していきたいもの、誠実な中身を身に着けていく術


 

| 1.そういった人間は日本人の中には多く見られるというもの

信念の通りに突き進むということ。他人の主張や多数意見には流されてしまう、そういった人間は日本人の中には多く見られるというもの。

但し、他者が何と言おうが己自身の考えを信じ、それをやり通す態度は非常に素敵なもので、ひと際目立つ存在となって魅力的に映ります。

他人からの批判を怖れる余りに本当の己自身を表に出さないでいれば、平凡なまま終わることを知るのも、誠実な中身を身に着けていく術の一つ。

 

| 2.態度は、第一印象を決める時の鍵となることも多いもの

立ち振る舞いを気遣うということ。人間は見た目が9割などと言われますが、その中でも立ち振る舞いだったり態度は、第一印象を決める時の鍵となることも多いもの。

どれほど外見的に良い人でも酷い猫背では良い印象は受けず、挙動不審や変にニヤニヤしていたりすれば、魅力的な人と正反対ともなりかねません。

魅力的な男性というのは先ず姿勢が良いことで、どういった局面でも大人の落ち着きは失わないのが、誠実な中身を身に着けていく術の一つ。

 

| 3.持っている、そんなことが魅力的な男性への近道という

素敵な趣味があるとということ。他人に話して聞かせるような素敵な趣味を一つ以上は持っている、そんなことが魅力的な男性への近道というもの。

趣味というのは、言わば普通の人よりそのことに関して多くの知識や経験を備えている、そんなことに他なりません。

普段は知りえないような趣味を持っている男性は、意外性もあり周りの人たちにとても魅力的に映る、誠実な中身を身に着けていく術の一つ。

 

| 4.一方的に己自身の意見を押し通していくばかりというもの

相手と同じ視線に立つということ。魅力のない人というのは相手の気持ちなど汲み取る姿勢もなく、一方的に己自身の意見を押し通していくばかりというもの。

魅力的な男性は相手の言い分に明確に耳を傾け、なぜそうした行動を取っているのか背景まで把握しようと、気持ちをきちんと汲み取るよう心掛けています。

相手に己自身の意見を理解して貰おうとする前に、相手の言い分を分かろうと務めるのも、誠実な中身を身に着けていく術の一つ。

 

| 5.明るい雰囲気になる、そうした体験は割合誰しもあると

場を和ませる雰囲気があるということ。その人がその場にいるというだけ、そんなことで皆が笑顔になって明るい雰囲気になる、そうした体験は割合誰しもあるというもの。

先ず、挙げられるのはネガティブな雰囲気がないことで、普段から口角が上がっている、そうしたことも重要になる、誠実な中身を身に着けていく術の一つ。

周りの人たちが気持ち良くなる空気を作るためには、態度だったり振る舞いが密接に関係するので、魅力的な明るさは良い影響を及ぼすことへと繋がります。

 

 

 


魅力のない男は恋愛で困ることもあるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.女性からは女々しい姿に映り苛立たせてしまうというもの

自信が持てないということ。相手の顔色を伺ってしまうような男性は、女性からは女々しい姿に映り苛立たせてしまうというもの。

ある程度は己自身の意見を伝えることは重要なポイントで、己の人生は己自身で切り開いていくことに結び付きます。

己を信じるように普段から心掛け自信を付けなければ、いつまでも魅力もなく彼女ができない、そんなモテない人生にもなりかねません。

 

| 2.プライドが高い男性は、女性からは煙たがられるという

プライドが無駄に高いということ。悪乗りして揶揄ったケースでは、すぐにマジ切れしてしまうようなプライドが高い男性は、女性からは煙たがられるというもの。

更に、どういった物事に関しても潔く負けを認めるようなこともなく、負け惜しみを口にするのも男らしくはありません。

こういった無駄にプライドの高い人は、一旦そうしたものを捨て去って、等身大の己自身の人生を過ごすようにします。

 

| 3.あるべきなどと、理想を追い求め過ぎてしまうことがある

理想が高く持ちすぎるということ。魅力がない男性に見られるのが、女性はこうあるべきなどと、理想を追い求め過ぎてしまうことがあるというもの。

完璧な女性などはほとんどいないので、現実は真剣に受け入れることが重要で、そもそも己自身が完璧かどうかを自問自答することが必要です。

優秀なスペックと信じ込んでいる男性ほど、気を付けた方が良いような重要ポイントになります。

 

| 4.行動をしなかったり、変わろうと考えても努力をしない

受け身すぎる傾向ということ。魅力がない男性に見受けられるのが、面倒臭さがって行動をしなかったり、変わろうと考えても努力をしないというもの。

こうした男性は彼女の1人や2人程度は本気をだせばすぐにもできる、そんな風に思い込んでいるタイプが多くいます。

恋愛はそれほど簡単というものではなく、一刻も早く行動を起こさなければ、手遅れになってしまうことになりかねません。

 

 

 


面白みに欠ける人は魅力もないもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.優先させるところがあって、話といえば自慢話ばかりと

自己中心的といった心理状態。魅力がない男に良く見られるのが、ひたすら己の欲求を優先させるところがあって、話といえば自慢話ばかりというもの。

己自身が何をしたとかどんなことをやりたいなどしか話さず、その場の話題がどんなものであっても、己の話に持っていこうとします。

異常に自己顕示欲も強いので、常に皆の注目を集めて己自身が場の中心にいないと気が済まない、そんな自己中なところもあります。

 

| 2.己自身を主張しなさ過ぎる傾向で恋愛対象に見て貰えな

優しすぎるといった心理状態。魅力がない男にあるのが、優しくて良い人ということで友達止まり、そんな己自身を主張しなさ過ぎる傾向で恋愛対象に見て貰えないというもの。

女性は本質的に刺激を求めるようなところがあり、真面目で優しい人よりも、チャラそうな男や不良っぽい男の方がモテてしまうのはそのせいです。

ただ優しいだけでは実は駄目な男ということで、異性として意識して見て貰えるようアピールすることも大事なポイントです。

 

| 3.条件の一つとしても、それほどは言い過ぎではないという

ゆとりがないといった心理状態。ゆとりがあるということは、モテる男の条件の一つとしても、それほどは言い過ぎではないというもの。

すぐに口説こうとする男性や、カップルを敵視した発言が目立つような男性も、ゆとりがないと女性に受け取られてもい方がありません。

切羽詰まった様子の男性は嫌われるので、ゆとりを持つ努力を欠かさなのは人生には必要なことです。

 

 

 

まとめ

人間関係が浅いという傾向にあります。ここでは、魅力のない男は脱却していきたいもの、誠実な中身を身に着けていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。