愛されたい人はサイコパスかも知れない、自分を取り戻し脱却する方策



日々の暮らしの中で、愛されたい人を脱却したいと思うことがあるもの。愛されたい気持ちが募ってしまい、知らず知らずの間に愛されたい症候群に陥っていることがあります。

愛される人になりたいとか他の人に愛されたいという欲求は、人間として当たり前のように持ち合わせているものです。

但し、その思いが過剰になり過ぎると、返って周囲にいる人たちを疲れさせ、離れていくことに結び付くことにもなりかねません。

世の中には愛される人と愛されない人がいますが、自分ばかりが上手くいっていないと感じる時は、愛されたい症候群に陥らないよう注意が必要。

それには愛される人格を持つようにすることが、愛される近道となります。

ここでは、愛されたい人はサイコパスかも知れない、自分を取り戻し脱却する方策を紹介しています。

 

 

 


愛されたい人はサイコパスかも知れない、自分を取り戻し脱却する方策


 

| 1.愛情だったり幸せな日常に対しての渇望感というものです

既に持つものを再度見つめるということ。愛されたい人のスタート地点ともなっているのが、愛情だったり幸せな日常に対しての渇望感というもの

己自身に不足していることばかりを探すのではなく、周りの人たちから受けとる優しさなど、既に持つものを認識して感謝することこそ、渇望感をリセットすることへと繋がります。

周りの人たちに向かっての感謝の心を抱くことで、物事に対しての見方や捉え方もニュートラルになり、考え方自体がポジティブになる、自分を取り戻し脱却する方策の一つ。

 

| 2.見つけることも、愛されたい人を抜け出ることに繋がる

一人で夢中になれるものを探すということ。人間関係以外の分野で夢中になれる、そんなものを見つけることも、愛されたい人を抜け出ることに繋がるというもの。

周りの人たちからの愛情で、己自身の自信がない部分を埋めようとするケースでは、どうしても他者の感情に依存したくもなりかねません。

趣味やスキルアップなどを通じて自分磨きに熱中することで達成感を上げていくと、周りの人たちの反応にも動かされず自信も持てるようになる、自分を取り戻し脱却する方策の一つ。

 

| 3.翻弄するので信用されず、次第に人も遠ざかっていくと

信用されるような人になるということ。愛されたい人から抜け出られない場合、周りの人たちを翻弄するので信用されず、次第に人も遠ざかっていくというもの。

逆に、誠実で信頼される人物は、安心感を持ち付き合うことができるので、自然と周囲に人が集まることになります。

約束の時間を厳守するほか、思わせ振りな態度は取らないなど、他の人に信用されるような誠実な対応を心掛けるのも、自分を取り戻し脱却する方策の一つ。

 

| 4.何かをする時に、見返りを求めてしまうような傾向がある

見返りを求めないということ。愛されたい思いから抜け出られない人は、己自身が相手に何かをする時に、見返りを求めてしまうような傾向があるもの。

損得勘定を抜きにしての親切というのは、心から相手を喜ばせるもので、そうした姿を目にすれば己自身も非常に嬉しくなるのは間違いはありません。

何よりも見返りを求めないで何かをしようとする態度は、周りの人たちからの印象も良くなって、愛情が返ってくることにも繋がる、自分を取り戻し脱却する方策の一つ。

 

| 5.何かをしてあげよう、そうしたことを思うことなどない

積極的な気持ちで感謝するということ。普通の人間なら、感謝しない人に対して何かをしてあげよう、そうしたことを思うことなどないというもの。

逆に、ありがとうと口に出し感謝をする人は、周りの人たちからもまた何かをしてあげたい、そう思われて愛されるようになります。

ほんの些細なことに対しても、ありがとうという習慣を付けたいもので、感じた幸せを積極的に口に出すのも、自分を取り戻し脱却する方策の一つ。

 

 

 

 

 


愛されたい人の診断などもあるもの、注意しておきたい陥る特徴や理由


 

| 1.親や恋人からの愛情表現が嘘偽りなく信じられないという

愛が信じられないということ。愛されたい思いから抜け出られない人に見られるのが、親や恋人からの愛情表現が嘘偽りなく信じられないというもの。

本当に己自身のことを愛してくれているのかなど不安になることも多々あり、わざと別れ話を口走ってみたりすることになりかねません。

他にも他の異性と仲良くしてみるなど、恋人の気持ち自体を試してしまう、試し行動をすることに繋がりかねません。

 

| 2.ケースでは、意識外でトラウマになっているというもの

過去にあった恋愛がトラウマということ。過去に浮気されたり酷い振られ方などがあるケースでは、意識外でトラウマになっているというもの。

現在の恋人は過去の人物と違うと理解していても、同じようなことがあった時にはフラッシュバックしてしまうことになりかねません

一人切りの時間を過ごしている際にも、寂しく感じてしまい孤独を覚えることになりかねません。

 

|  3.価値もない、そういった風に判断するような傾向にある

自信が持てないということ。容姿や性格など己自身に自信が持てない人は、愛される価値もない、そういった風に判断するような傾向にあるというもの。

コンプレックスを持っているので、己自身よりも優れている人を見たケースでは、もっと相応しい人が存在する思うことになりかねません。

恋人がなぜ己と付き合っているのか、そんな風にネガティブにに捉えてしまうところがあり心が満たされません。

 

|  4.他人に認められたいといった承認欲求が異常に強いという

承認欲求が異常に強いということ。愛されたい思いから抜け出られない人が陥りやすいのが、他人に認められたいといった承認欲求が異常に強いというもの。

なので、頻繁にSNSに投稿をする行為を繰り返すことで、リアクションを求めたりすることに繋がりかねません。

こういった人は恋人にも認められたい気持ちが強く、認めて貰えない時には自信を失うことになりかねません。

 

 

 


人に愛されるにはを考えることも多いもの、覚えておきたいその原因面


 

|  1.幼少の頃に不足なく親からの愛情を得られず成長したと

幼少期に愛情不足で成長したということ。愛されたい思いを抜け出られない人が陥りがちなのが、幼少の頃に不足なく親からの愛情を得られず成長したというもの。

親に気に入って貰えるように頑張っても褒めてもらえなかったケースでは、知らず知らずのうちに周囲の人に愛情を求めがちとなります。

家族などの緊密な人間から愛情を過不足なく得られなかった人は、誰かから愛情を得たときに、もっと愛して欲しいと思うことにもなりかねません。

 

|  2.見られるのが、己で己自身をきちんと愛せてはいないと

己自身をきちんと愛せないということ。愛されたい思いを抜け出られない人に見られるのが、己で己自身をきちんと愛せてはいないというもの。

己に対しての自己評価が非常に低いばかりに、己自身の価値も分からず、周りの人たちから得る愛情だけで値打ちを測ろうとしかねません。

異常に自己評価が低い人は、知らず知らずのうちに周囲の人たちを否定していることがあるので警戒も必要です。

 

|  3.過去の恋愛で深く傷付いてしまったような体験験がある

過去の恋愛において深く傷付いたということ。愛されたい思いを抜け出られない人にあるのが、過去の恋愛で深く傷付いてしまったような体験があるというもの。

手酷い失恋の経験があるケースでは、どれほど相手が優しく接してくれても、再び裏切られるかもといった不安感が湧き起こることにもなりかねません。

そんな不安感を払拭するため、相手を束縛したり試す行動するなど、そうした行動に出ることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

愛されたい症候群に陥らないよう注意。ここでは、愛されたい人はサイコパスかも知れない、自分を取り戻し脱却する方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。