嫌悪感を感じるのはどんな時、心理や特徴を知ることで対処する方法


日常生活で嫌悪感を抱いたことは、誰しも一度はあるもの。なかには我慢できないほど、拒絶したくなる人物がいる場合もあります。嫌悪感の読み方はけんおかんで、その意味は他の人や物事を憎んで、嫌うことです。

また何かを目当てとして、嫌な気持ちや不愉快になり、それを拒絶したり遠ざけたいといった心情まで含む場合も。人間という動物がこれまで、自らに悪い害を及ぼすものを回避して生き延びてきた、そんな本能的部分に根ざしていて、生理的に辛抱できない感情として表れます。

嫌悪感を抱く相手には、さまざまな心理や原因があり、人それぞれによって違いがあります。ここでは、嫌悪感を感じるのはどんな時、心理や特徴を知ることで対処する方法を紹介しています。

 

 

 


考察することがポイント、人が嫌悪感を抱いている時の原因や心理面


 

嫌悪感とはどんな心情なのかに深く知るため、その原因や心理について考察することがポイント。人が何かに対し嫌悪感を抱いている時が判れば、これから先の人生に役立ちます。それでは見ていきましょう。

 

|  1.フラッシュバックすると、非常に不愉快な心理状況に

過去のトラウマを思い起こしてしまったということ。人間は、幼少期や若年期に体験したショッキングな事柄が、トラウマとして記憶に残存することがあります。

どのような内容か、また要因は何であったかはさまざまですが、その多くは嫌悪感や恐怖心を伴って思い起こしてしまうもの。たまたま引き金になる事がありフラッシュバックすると、非常に不愉快な心理状況に陥ってしまいます。

 

| 2.その匂い自体を生理的に受け付けず嫌悪感を抱くことも

外見的特徴や匂いを生理的に受け付けないということ。自分以外の人を判断する場合、無論のこと外見的特徴や匂いといったものは大きな情報元。

人間といっても動物的本能は残っているため、その匂い自体を生理的に受け付けず嫌悪感を抱くこともあります。実際は胸のうちでその人物と自分とは、共存不可能と認識していて、拒絶しようとする感情が匂いにでたもの。

 

| 3.コンプレックスがあり、心理状態が被害妄想に近いものに

馬鹿にされたと感じてしまったということ。発言者自体の本心はそうではなく、言われたことを気にして、嫌悪感を抱いてしまうことがあります。

悩み事やコンプレックスなどがあり、そんなテーマを話されることで、心理状態が被害妄想に近いものになっているもの。自分自身は相手に対し何一つ悪いことをしていないはずでも、ネガティブな感情に支配されてしまう事例です。

 

| 4.差別的発想の状態、自身とは違う人間を遠ざけようとする

考え方や価値観の隔たりを感じたということ。自らの意見に近い考えをしている人ばかりに囲まれていると、何となく人間は安心するもの。

逆の立場で、この人物と自分自身は違う考えをしていると感じると、意識しないうちに相手に対して嫌悪感を持っていることがあります。少しですが差別的発想の状態になっていて、自身とは違う人間を遠ざけようとする心理が働きます。

 

| 5.一方的に意見を強要されると、嫌悪感を抱いて猛反発する

一方的に意見を強制されたということ。誰かの支配下に置かれ、脅しを受けたような感覚を味わうと、著しくストレスを感じてしまう人も多いもの。

上司などの目上の立場の人であっても、一方的に意見を強要されると、嫌悪感を抱いて猛反発しようとします。自分のスキルや能力を認めてほしいという心理が強く、嫌な心情になってしまうパターン。

 

 

 


爪弾きにされることもありがち、嫌悪感をもたれやすい人の見える特徴


 

| 1.嫌悪感どころか関係を断絶、そんな事例もあるので注意

体臭や口臭が異常に強いタイプ。不快な匂いがする人というのは、人間に本来ある生理的な反応として、拒絶されてしまうことが多いもの。

シャワーや風呂に入っていなかったり、歯磨きをしていないという、明らかに分るような体臭や口臭は、大いにその人物の評価を下げます。人により、嫌悪感どころか関係を断絶したい、そんな事例もあるので注意が必要。

 

| 2.目を合わせず不安げに見渡している、嫌悪感を抱くことに

を合わせない、又は目つきが悪いということ。人間は会話内容だけでなく、話しの最中の表情や動作などからも情報を得ています。

なので、目を合わせず不安げに見渡していたり目付きが悪いと、何か悪意を持っているのかと嫌悪感を抱くことに。後ろめたいことや悪意はまったくなくても、意識せずにしてしまう人も多く注意するのが大事なこと。

 

| 3.他人を悪く表現する人は信用されず、嫌悪感を持たれる

人の悪口を言ったり、をついたりすること。例え自らのことを言われてなくても、誰かの悪口を言ったり聞いたりするのは、気分の良いものではありません。

くだらない嘘をいつも言っている人や、他人のことを悪く表現する人は信用されず、嫌悪感を持たれてしまうもの。会話が盛り上がると、何を話していいという気分になりますが、つい悪評を話してしまうと嫌悪感の対象になります。

 

| 4.時間に対してだらしない、周囲の人を待たせてしまう傾向

約束の時間を守らないということ。常識的な感覚からすれば、例えどれだけ親しい相手でも遅刻はなるべくしないもの。

嫌悪感を持たれやすい人は、時間に対してだらしないことが多く、周囲の人を待たせてしまう傾向。時間が守れない人は、当たり前に信用を落としていき、重要な仕事や相談などをされなくなります。

 

| 5.身だしなみが整っていない、いい加減な人だと思われる

肌の手入れが行き届いてないということ。手や顔の肌の状態も、その人物の普段の管理能力や、健康状態を表すものの一つ。

乾燥している冬時期に異常に荒れていたり、逆に夏時期に粘度があったりということは、人により不快に思い嫌悪感を感じます。これは一般に、身だしなみが整っていない、いい加減な人だと思われることにも繋がることに。

 

| 6.自己中心的なので、余り気が利かないという特徴がある

無神経で気が利かないということ。大勢で仕事や行動を一緒にしているとき、誰もがある程度の気遣いや協調をし合うことを期待しているもの。

しかし、嫌悪感を持たれやすい人は、自己中心的なので余り気が利かないという特徴があります。無神経なことを発言して場の空気を悪くしたり、その関係性に摩擦を生じさせたりすることが頻繁に起こります。

 

 

 


周囲の人の煩わしさになることも、嫌悪感を与えることのデメリット


 

| 1.ハードルが相当高くなるため、信用して貰うことが困難に

信頼関係を築き上げることが難しくなるというデメリット。嫌悪感を持たれる意味や理由についてはさまざまありますが、相応な意味でだらしない人というイメージがまとわりつくもの。

一旦印象ができてしまうと、一度や二度良い結果を残したぐらいでは、払拭することはできません。信頼関係を築き上げるための障壁が相当高くなるため、信用して貰うことが困難に。

 

| 2.異性からモテないばかりか、仲間はずれになる可能性も

恋愛関係で異性からモテないというデメリット。同性の上司や同僚以上に、異性については外見や服装、匂いなどに敏感になる傾向があります。

なので、生理的嫌悪感を周りにもたらしている人は、異性からはことさら拒絶されてしまうことになります。異性からモテないばかりか、会話を全くしてくれなくなったり、仲間外れになる可能性も。

 

| 3.小さな仕事しか、大きな成果を見込めるチャンスが減る

仕事上で大きな成果を得るのが、難しいというデメリット。周りの多くの人たちに嫌悪感を持たれると、信頼を得られていないことが伝わって、上司からの評価も下がってしまいがち。

そうなると、多くの人たちをまとめ上げる必要があるような案件やプロジェクトは、自然と任せて貰えなくなることに。結果的に規模の小さな仕事しかできなくなり、大きな成果を見込めるチャンスが減ってしまいます。

 

 

 


嫌悪感をもたれることから今すぐ脱却、払拭し好かれる人になる方法


 

| 1.シャワーはもちろん、夏時期にはデオドラントスプレー

口臭予防や体臭対策を徹底するということ。体臭や口臭については、自分自身ではどの程度周囲に影響があるのか分かりにくいもの。

なので、念入りに対策しておくのが重要。毎日のシャワーやお風呂はもちろん、夏時期にはデオドラントスプレーなども利用します。

毎食の後には歯磨きをして、人前で話す際にはミントタブレットなどを噛み、口内をリフレッシュすると効果的大。

 

| 2.最低限度の清潔感を意識することで、周囲の印象が変化

外見を再検討し、第一印象を良くするということ。服装や外見が、自身の印象を左右する、相当重要な要素であることは大きなもの。

なので、自分自身の外見に関係する部分のうち、手を加えられるところから速やかに直します。やにわに無理をして可愛いくなったり、格好良くならなくていいので、最低限度の清潔感を意識することで、周囲の印象が少しずつ変化します。

 

| 3.微笑んで朗らかな顔をし、前向きな考え方を維持すること

前向きな考え方をして、笑顔を増やすということ。信頼を獲得するためには、周りの人に自身のことを認めてもらい、好意を持って貰う必要があります。

なので、普段から微笑んで朗らかな顔をし、前向きな考え方を維持することが大事。周囲の雰囲気を明るくするようにしていけば、さまざまなプロジェクトやイベントで活躍することもでき、人気に繋がります。

 

| 4.意見を尊重、その真意を確認する癖をつけるのがポイント

質問を増やして、相手の意見を尊重するということ。独善的自己中心的な印象を抱かれるいう状態を拭いさるため、日頃の何気ない会話も改善することが大切。

相手側の考え方や意見を尊重し、地道にその真意を確認する癖をつけるのがポイント。そうすると相手側にもその熱意が伝わり、印象が変わったことが実感できるもの。

 

| 5.他者の長所を発見、自分自身にも取り入れることができる

相手の長所を探して、たくさん褒めるということ。自らの評価を上げるため、先ずは他の人の評価を上げてみる、そんなところから始めるのも対処法の一つ。

他者の長所を発見できるようになると、真似しやすいので簡単に自分自身にも取り入れることができます。褒められることで悪い気がする人は居ないので、周囲との関係も改善し、少しずつ好意をもたれる効果も期待できることに。

 

| 6.効果的にコントロールする、心理学を学ぶのも方法の一つ

心理学を学ぶことで、相手側に好かれる工夫をするということ。相手側の印象を効果的にコントロールするため、心理学を学ぶのも方法の一つ。相手の行動をオウム返しするミラーリングという手法があり、親近感をアップさせることができます。

ほかにも、口調の速度や声色を近くするマッチングという手法もあり、より自らの発言が理解されやすくなる効果が期待できます。

引き寄せの法則が発動。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

拒絶したくなる人物がいる場合もあるもの。ここでは、嫌悪感を感じるのはどんな時、心理や特徴を知ることで対処する方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。