自分が変わりたいのは渇望感からかも、潜在意識に邪魔されない具体策



日々の暮らしの中で、自分が変わりたいと思うことがあるもの。人間の行動は潜在意識下に蓄積された、そんな今までの記憶に大きく影響されかねません。

なので、自分を変えたいのにどうすれば良いかが分からず、中々行動へと移せないのは、人生で作り上げたネガティブとも言える潜在意識が邪魔しているのかも知れません。

もちろん自分を変えたい時の身を置く環境だったり付き合う人は重要なポイントになり、現状維持で成長は感じられない状況では前にも進めません。

身を置いた環境だったり付き合う人から受け取る、そんな経験や感情がそのまま自分自身の潜在意識へと蓄積されていきます。

結果として、自分を変えたいと思う時は、自分が自然体でいられる環境を整えることが必要ともなりかねません。

ここでは、自分が変わりたいのは渇望感からかも、潜在意識に邪魔されない具体策を紹介しています。

 

 

 


自分が変わりたいのは渇望感からかも、潜在意識に邪魔されない具体策


 

| 1.ケースでは、行動した時としない時の両方を思い描くと

行動した時としない時を思い描くということ。運動をしようと考えた際にやる気も湧かず目先の誘惑に負けそうなケースでは、行動した時としない時の両方を思い描くというもの。

運動した後の己自身はたった10分でも汗をかき身体も気分も爽快になりますが、しない時は決めたことも守れず心の中が罪悪感で一杯にもなりかねません。

こうして両方考えた後で、どっちが良いかと己自身に問いかければ、望む行動をスムーズに取りやすくなる、潜在意識に邪魔されない具体策の一つ。

 

| 2.するので、その際は始めの一歩は大変なエネルギーが必要

できるものを小さくスタートするということ。変化からの防御により潜在意識が行動を止めようとするので、その際は始めの一歩は大変なエネルギーが必要というもの。

反対に考えてみれば、潜在意識下にある現状維持のバイアスが働かないようにすれば、自分が変わりたいという行動ができるようになります。

結果として、潜在意識に対し変化を感じさせないことが重要で、小さな行動からスタートするのが踏み出す秘訣にもなる、潜在意識に邪魔されない具体策の一つ。

 

| 3.5秒のカウントダウンを始め、その間に行動を起こすと

思いついた時は5秒以内に始めること。何かをしようと思い立ったケースでは、5秒のカウントダウンを始め、その間に行動を起こすというもの。

動けない要因の1つになるのが考え過ぎで、思いついたのに悩んだり考え過ぎれば、できない理由を探すことにもなり行動できなくなりかねません。

5秒以内に動き始めれば、考える余地もなくなるのでシンプルに行動が起こせる、潜在意識に邪魔されない具体策の一つ。

 

| 4.簡単にできると思えるので行動しやすくなるというもの

先ずは5分間行動するということ。5秒以内に動き出せたケースでは、先ずは5分間やってみるのが良く、5分間程度なら簡単にできると思えるので行動しやすくなるというもの。

人間の脳は、動き始めればやる気を引き起こすような神経伝達物質、いわゆるドーパミンと呼ばれるものが放出される仕組みとなっています。

待っているばかりの状態ではいつまで経っても動き出すことはできず、最初は億劫に思っても先ずは5分間やってみるのが、潜在意識に邪魔されない具体策の一つ。

 

| 5.積極的に褒めるような姿勢が、何よりも重要になるという

行動した己自身を褒めるということ。最後ともなりますが、行動できた己自身を積極的に褒めるような姿勢が、何よりも重要になるというもの。

変わりたいのに変われないことから、行動できない己自身が居たのに5分間行動できた、こういったこと一つだけでも胸を張って良い成長です。

挑戦できた己自身を素直に讃えることが必要で、そうしいった喜びが再度行動する原動力に変わる、潜在意識に邪魔されない具体策の一つ。

 

 

 


自分を変えたい人も世の中に沢山いるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.本来やるべき物事を後回しにしてしまう癖があるという

後回しの癖があるということ。目先の楽しいことや誘惑に負けることが多く、本来やるべき物事を後回しにしてしまう癖があるというもの。

己自身の思い描く未来が曖昧で、何を成すべきか理解できていない状況では、目先の楽しい物事に流されやすくなることになりかねません。

また先になって後回しにして無駄な時間を過ごした、そういった考えも浮かんで己自身を否定することに繋がりかねません。

 

| 2.とても恥ずかしい思いをしたようなことがあるというもの

失敗を恐がって慎重になり過ぎるということ。過去に大失敗をしてしまったり、とても恥ずかしい思いをしたようなことがあるというもの。

このような失敗を経験してしまったケースでは、潜在意識下であの時のような思いはしたくないと感じ、逃れるために行動をしなくなることになりかねません。

 

| 3.ケースでは、生活の中心が他人軸となってしまうという

他人軸で生きているということ。今までの人生で重大な決断は親がしたり、決めさせて貰えなかったケースでは、生活の中心が他人軸となってしまうというもの。

他人軸で生きていれば段々とやらされている感も強くなるので、行動が止まってしまうことになりかねません。

己自身の意志が明確にはなっていないので自己責任で行動もできず、上手くいかなくなれば他者の責任とする傾向があります。

 

| 4.己自身は駄目、そういった潜在意識が形成されるという

完璧主義的ということ。幼少期に親から褒められたことがないケースでは、完璧にできない己自身は駄目、そういった潜在意識が形成されるというもの。

常に完璧でないと愛されないとか、最初から完璧にできなければならないなど、思い込みが強いと行動のハードルも上がって、動くことが億劫になることになりかねません。

 

 

 


自分を変えたいとカウンセリングなどにも、注意したいそのパターン


 

| 1.感じている訳でなく、本音では現状維持でも致し方ない

危機感が大きくないパターン。自分が変わりたいと思ってはいても、さほど深刻に感じている訳でなく、本音では現状維持でも致し方ないというもの。

こういったパターンに当て嵌まる場合、このままでは自滅するなどと指摘されることで危機感が高まって、行動を起こす一因になることがあります。

己自身で危機感を高めるやり方としては、目標に向かってのイメージを膨らませ、行動を変えることへの実感を感じることが効果的です。

 

| 2.効果が出るのか、そうしたことに確信が持てないという

メリットが小さいといったパターン。実際にどの程度変わるのか試してみることで、本当に己自身の望むような効果が出るのか、そうしたことに確信が持てないというもの。

例えば何度もダイエットに失敗しているケースでは、行動を変えても痩せないという疑心暗鬼が身体に染み付いていることがあります。

行動することで得られるものは必ずある、そう信じれるようになるには、徐々に小さな目標達成を積み上げて実感を得ることが有効になります。

 

| 3.自分の行動を変えるための必要コストは負担したくない

デメリットが大きいといったパターン。我慢したくないのは無論のこと、面倒臭さいとか金銭を払うのは嫌など、自分の行動を変えるための必要コストは負担したくないというもの。

こういったパターンでは、デメリットである箇所をできる限り小さくしていく、そんなことが効果的になります。

面倒臭くならならいよう、今までやっていた行動に組み合わせて変えるなど、できる限り手軽にできるようなやり方を探します。

 

 

 

まとめ

また潜在意識へと蓄積されていきます。ここでは、自分が変わりたいのは渇望感からかも、潜在意識に邪魔されない具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。