見栄を張る人の末路も厳しいもの、問題を生じさせないで対処する術



身の回りを見渡すと、見栄を張る人がいるもの。対人関係で自分の方が相手より優位、そんなマウンティングをしてアピールするような人。

もちろんマウンティングは、霊長類の動物が自らの優位性を示すため、相手に馬乗りになる姿から派生した言葉です。

見栄を張る人は病気の場合もありますが、人より優位に立ちたいとか優越感に浸りたいなど、自分より下の人がいれば安心するのかも知れません。

見栄を張る人は外面を飾って良く見せたり、車などの持ち物で優位に立とう断とうとするなど様ざまな面が見られます。

こうした見栄を張りたがる人が側にいる時は、トラブルにもなりやすく注意が必要。

ここでは、見栄を張る人の末路も厳しいもの、問題を生じさせないで対処する術を紹介しています。

 

 

 


見栄を張る人の末路も厳しいもの、問題を生じさせないで対処する術


 

| 1.見栄を張った自慢話をされても軽く受け流すというもの

軽く受け流すということ。誇張された話題を鵜呑みにすれば、自分が損することになりかず、見栄を張った自慢話をされても軽く受け流すというもの。

但し、見栄を張る人は話をきちんと聞いていない場合、舐められていると解釈して怒ってしまうことにもなりかねません。

この人はそういう人物と割り切って、見栄を張ったような話しは受け流していくのも、問題を生じさせないで対処する術の一つ。

 

| 2.見栄を張る場合、とりあえず褒めておくのが無難なやり方

とりあえず褒めておくということ。年上だったり仕事上の付き合いの人が見栄を張る場合、とりあえず褒めておくのが無難なやり方というもの。

自慢話だったり武勇伝を語ってきた際は、気持ち良く相手が話せるよう、リアクションは大袈裟でも相槌を打つよう心掛けます。

褒められることが大好きな見栄を張る人は、気持ちよく話をできれば満足するので、その後の関係も良好になる、問題を生じさせないで対処する術の一つ。

 

| 3.ところがあり、傷付けるような真似は極力避けるという

プライドを傷付けないよう注意するということ。見栄を張る人は人一倍にプライドが高いところがあり、傷付けるような真似は極力避けるというもの。

食事に行った際に先輩が奢ると言ってきた場合、素直にごちそうさまですと感謝の言葉を言うようにするのが、問題を生じさせないで対処する術の一つ。

そこで自分が良かれと思い会計を済ませてしまえば、相手のプライドを傷付けることになり、自分は情けないと落ち込んでしまうことにもなりかねません。

 

| 4.将来のためも考えて、現実の姿を伝えるのもやり方の一つ

現実の姿を伝えるということ。はっきりとした口が聞ける関係性の場合、相手の将来のためも考えて、現実の姿を伝えるのもやり方の一つというもの。

見栄を張る人は自らの弱点を隠すため、日常的に話を誇張して言ったり、嘘を吐いてしまう癖がついているということにもなりかねません。

話を誇張することや嘘を吐くのは犯罪ではありませんが、信頼を失う切っ掛けにもなるので、今後のことを考えて悪い癖を治すよう指摘するのも、問題を生じさせないで対処する術の一つ。

 

| 5.会話をするのも嫌なときは、自然な形で距離を置くという

距離を置くということ。見栄を張る人が自分を見下している場合、会話をするのも嫌なときは、自然な形で距離を置くというもの。

見下されるのは誰しも嫌なもので、そういった人物と会話を続けること自体が、ストレスになってしまうということにもなりかねません。

軽く受け流すのは会話をしているのが前提で、自分自身を守るためにも付き合いを控えるのが、問題を生じさせないで対処する術の一つ。

 

 

 


見栄を張る人には様ざまな面が見られるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.大したことのないことを、誇張して話してくるというもの

誇張して話すということ。見栄を張る人に見られるのが、本当はそれほど大したことのないことを、誇張して話してくるというもの。

見栄を張る人は同時にコンプレックスを抱えていることが多く、その劣等感を隠すため嘘だったり虚飾をすることにもなりかねません。

劣等感を抱えた人は理想の自分があり、、その理想像と本来の自分自身とのギャップが大きくなるつれ、その差を埋めるため話を誇張することにもなりかねません。

 

| 2.優位に立ちたいと常々思っているので、自慢をするという

自慢するということ。見栄を張る人に見受けられるのが、相手よりも優位に立ちたいと常々思っているので、自慢をするというもの。

家族をはじめ身内の自慢だったり、学歴や職歴の自慢に経済面での自慢など、その種類は非常に豊富なところがあります。

但し、自分よりもレベルが上と明確に判明している人には自慢はせず、飽くまでも自らが優位に立つことが重要です。

 

| 3.見栄を張る人は、無知は恥ずかしいことだと信じ込んで

知ったか振りをするということ。プライドが高く負けず嫌いな見栄を張る人は、無知は恥ずかしいことだと信じ込んでいるもの。

なので、会話の最中に自分の知らないワードが出てきた時も、素直に尋ねることができず、最初から知っているかの如く振る舞います。

知識がないままで会話を続けても、話も噛み合わず、そのうち気まずい雰囲気となる可能性もあります。

 

| 4.受け入れることもできず、何かと言い訳をするというもの

ミスを受け入れないということ。見栄を張る人に見られるのが、自分自身のミスを受け入れることもできず、何かと言い訳をするというもの。

プライドが高いので、こんなミスをするはずがないとか他に原因があるなど、自分のミスを受け止めることができません。

自分のミスを認めることにより、評価が下がったりするほか、相手に優位にな立場に立たれることを嫌います。

 

 

 


車で見栄を張る人も世の中にはいるもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.ところがあり、注目されたいとか場の中心にいたいという

自己顕示欲が強いという心理状況。見栄を張る人に見られるのが、自己顕示欲が強いところがあり、注目されたいとか場の中心にいたいというもの。

より注目を集めたいので、実際よりも話に輪をかけて誇張したり、オーバーなリアクションをとったりすることにもなりかねません。

但し、余りに話を誇張したり嘘をついてしまえば、相手の信頼を失ってしまうことにもなりかねません。

 

| 2.知られることで、優位に立たれるのを怖れているという

弱点を隠したいという心理状況。見栄を張る人に見受けられるのが、相手に弱点を知られることで、優位に立たれるのを怖れているというもの。

自分が優位に立つため、苦手なことも余裕綽々な態度で見栄を張り、弱点を隠していることにもなりかねません。

そんな人が弱点を告白してきた場合、見下さないで受け止めてくれると、心の底から信頼している証しです。

 

| 3.結局のところ相手よりも下の立場になってしまうという

負けず嫌いという心理状況。負けを認めることは、結局のところ相手よりも下の立場になってしまうというもの。

必ずしも負けず嫌いが悪いという訳ではありませんが、見栄を張る人は負けることを異常に嫌います。

見栄を張る人は絶対に負けられないと、必要以上に自らを縛ってしまい、それがストレスとなることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

トラブルにもなりやすく注意が必要です。ここでは、見栄を張る人の末路も厳しいもの、問題を生じさせないで対処する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。