自分のことが嫌いな人はどうにかしたいもの、上手く前進していく術



身の回りを見渡すと、自分のことが嫌いな人がいるもの。自分が嫌いな人は相手も嫌いという言われ方もしますが、それは単なる偏った見方かも知れません。

少し難しいところですが、心理学的には脳が自分自身を嫌いと感じている、そうした現象が起こっている状態とされます。

中には人といると自分が嫌いになるといった人もいて、そんな時は劣等感から自信が持てず、自分嫌いに落ち込んでしまうことにもなりかねません。

自分を嫌いな人は自らを過小評価していることも多く、否定的思考パターンが癖にもなれば、負の連鎖へと落ち込むことにもなりかねません。

なので、自分が嫌いな人といった自覚がある時は注意が必要になります。

ここでは、自分のことが嫌いな人はどうにかしたいもの、上手く前進していく術を紹介しています。

 

 

 


自分のことが嫌いな人はどうにかしたいもの、上手く前進していく術


 

| 1.中へと、向き過ぎてしまうような時期にいるというもの

外側に意識を向けるということ。自分のことが嫌いな人は、意識が己自身の中へ中へと、向き過ぎてしまうような時期にいるというもの。

内面を見ることも非常に大切ですが、自分のことが嫌いになって行き詰まる状況では、外側へと意識を向けてみるのも、上手く前進していく術の一つ。

一旦意識を己自身の外側へと向けた上で、スポーツや映画を楽しむほか、人の役に立っっている己を発見すれば、好きになっていく可能性も高まります。

 

| 2.変えられない、そうしたところがあるのも一方で事実と

変えられるものごとに目を向けるということ。人には変えたくても変えられない、そうしたところがあるのも一方で事実というもの。

生まれた家庭環境の事情などは、乗り越えていけるものとも言えますが、己自身が持っているものは簡単に変えられるようなものではありません。

変えられない箇所は受け入れて、変えるべきものは変える、そんな見分ける洞察力を鍛えていくのも、上手く前進していく術の一つ。

 

| 3.長所と短所は表裏一体なのは良くある話というものです

長所に目を向けるといったこと。自分のことが嫌いな人は、悪いところばかりに捉われてしまいますが、長所と短所は表裏一体なのは良くある話というもの。

負けず嫌いといった人は向上心があって競争に強かったり、人のことが過剰に気になる人は己自身を客観視できることへ繋がります。

己自身の短所を悪い方向に向け考えるのではなく、できる限り多様な観点で自己評価していくのが、上手く前進していく術の一つ。

 

| 4.優れた人物などと、比べないように心掛けるというもの

誰かと比べないということ。自分のことが嫌いを克服していくには、上手くいっている人や優れた人物などと、比べないように心掛けるというもの。

自分のことが嫌いな人は、他の人を必要以上に理想化してしまうことがあり、人の長所ばかりが目に入り、自己嫌悪へと陥ってしまうことに繋がりかねません。

己自身と他者を冷静に見る目を持つことは非常に重要で、無暗に比べないことが大切になる、上手く前進していく術の一つ。

 

| 5.寂寥感を抱えたりと、ネガティブ思考に繋がるというもの

信用できる人を頼り相談するということ。自分のことが嫌いな人が自己嫌悪に陥ったケースでは、寂寥感を抱えたりと、ネガティブ思考に繋がるというもの。

自分のことが嫌いと感じる心境は、嫌いなところを変えていくだけでなく、己自身に対する見方を変えることこそ克服へと繋がることも少なくはありません。

一人で悩まずに誰かに相談することが重要で、段々と自分のことが嫌いな見方が変わることもある、上手く前進していく術の一つ。

また自分のことが嫌いな背景には、うつ病などの精神疾患が潜んでいる場合があり、気になるようであれば専門的なところを受診します。

 

 

 


自分が嫌いな人には様々な点も見られる、 覚えておきたいその特徴面


 

|  1.気に掛かり、生真面目に考え過ぎてしまうというものです

生真面目に考え過ぎるということ。自分のことが嫌いな人に見て取れるのが、他人が気にしないことが気に掛かり、生真面目に考え過ぎてしまうというもの。

もちろん生真面目というのは素晴らしい長所ですが、何についても気楽に考えられず重圧を感じたりしていれば、そんな自分を嫌いになってしまうことにもなりかねません。

気楽に考えることができない人は、謝ることがどうしても多くなり遠慮がちの裏返しになっていることも多くあります。

 

| 2.別の意味で己を客観視することに結び付いているという

人目を過剰に気にするということ。己自身が他の人にどう映るかを気にするのは、別の意味で己を客観視することに結び付いているというもの。

余りに過剰に気にしていれば、実生活やSNSなどで他人の言動や状況が気に掛かり、比較してどんどん自分のことが嫌いになりかねません。

また承認欲求が強くなると、無意識に話を盛るのはもちろんのこと、褒められたくて己自身の話ばかりをすることになりかねません。

 

| 3.決断ができないなど、優柔不断な傾向があるというもの

優柔不断な傾向ということ。自分のことが嫌いな人に見られるのが、意見が口にできなかったり決断ができないなど、優柔不断な傾向があるというもの。

非常に慎重な性格とも言えますが、意見を問われて答えられないなど、周りの人たちに合わせるばかりでは、自分を嫌いになることに繋がりかねません。

 

| 4.全てが計画通りに運ばなければ満足ができないというもの

完璧主義者ということ。自分のことが嫌いな人に見受けられるのが、完璧主義者で完全を追求してしまったり、全てが計画通りに運ばなければ満足ができないというもの。

努力家で上手くことが進めば成果に繋がりますが、常に完璧を追い求めるので、理想に届かない場合は自己嫌悪に陥ることになりかねません。

また他の人にも同じように完璧なところを求めるので、そんな己自身を嫌いになることも少なくはありません。

 

 

 


その人といる時の自分が嫌いということも、注意したいその原因面


 

| 1.今いる現状が己自身に納得できていないというものです

現状が気に食わないということ。自分のことが嫌いな人にあるのが不登校やニートなど、今いる現状が己自身に納得できていないというもの。

人生にはどうしても上手くいかない時期や、思惑通りに運ばないことなど誰にでもあります。

そういった状況が特徴的な面と結び付くことで、自分のことが嫌いへと進行していきます。

 

| 2.失敗だったり叱責された体験など、引き摺っているという

過去あった失敗例に捉われているということ。自分のことが嫌いな人にあるのが、過去に犯した失敗だったり叱責された体験など、引き摺っているというもの。

チャレンジすることに対して憶病になったり、失敗を意識し過ぎてしまい再び繰り返すというパターンもあります。

いつまでも過去を後悔し自分のことが嫌いになっていては、未来のパイオニアにはなれません。

 

| 3.己自身の中に、いわゆる批評家を住まわせているという

己の中に過多に厳しい己がいるということ。人間は誰もが己自身の中に、いわゆる批評家を住まわせているというもの。

厳しい評論家は、己自身に非現実的なハードルを課すことになり、己を責めてしまうことに繋がりかねません。

これが完璧主義と結び付けば、自分のことが嫌いになることになりかねません。

 

 

 

まとめ

それは単なる偏った見方かも知れません。ここでは、自分のことが嫌いな人はどうにかしたいもの、上手く前進していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。