頭に袋を被せられたような感じ、原因を知って閉塞感に打ち勝つ方法


日常生活の中で閉塞感を感じることもあるもの。現代の日本は自由と解放感が満ち溢れていて、物質は豊富で選択の自由もある社会のはずです。ただ喋りたいことも何時でも呟ける中、閉塞感に苛まれる人が増えているという話しを耳にします。

閉塞感の意味はと言うと、閉じ込められもがき苦しんでいる様子。また不透明な先行きが不安視される状況で、行き詰った気持ちとされています。簡単に言うならこのような状態に陥っている時、その人物は非常に辛い状況にあるという事。

こんな自身を取り巻く環境を何とか打開すべく試みますが、閉塞感が強い今の日本ではそれが出来ないあきらめ感も漂います。これは閉塞感で耳のつまった感じがする病気にも似て、将来への意欲が失われることにも繋がるもの。

ここでは、頭に袋を被せられたような感じ、原因を知って閉塞感打ち勝つ方法を紹介しています。

 

 

 


新鮮さがなく喜びも消える一方、把握しておくべき閉塞感を感じる原因


 

| 1.耳に詰めものをして塞がれたような、閉塞感へと繋がる

忙し過ぎて余裕がないということ。仕事や勉強など時間に追われると、人間はは閉塞感を感じやすくなるもの。

何故こんなに忙しいのか、振り返るゆとりもなく過ごしていると、そんな日を送るのが当たり前になってしまいます。そしていつの間にか、耳に詰めものをして塞がれたような、閉塞感へと繋がることに。

 

| 2.閉塞感を抱いている人、自らに値打ちが見出せず過小評価

自己嫌悪に陥っているということ。強い閉塞感を抱いている人の多くは、自らに値打ちが見出せず過小評価するもの。

したくても出来なかったことや、やるべきだったと後悔していることに目が向き過ぎて、自分らを嫌いになっています。ここんな、自己嫌悪に嵌まり込んでいることも、閉じ込められた気持ちになっている要因の一つ。

 

| 3.誰かに監視された挙句、口出しされるような日々を送る

人間関係が悪化しているということ。何かを思いつき親や友人に相談したとして、頭ごなしに否定されると絶望感が漂うもの。自ら決定を酷評されたり、誰かに監視された挙句、口出しされるような日々を送っているなら、いつしか閉塞感を感じてしまうのは当たり前です。

これは自分の周囲に、応援してくれる人がいないということ。閉塞感の発端が人間関係の悪化であれば、どうにかして改善を考えます。

 

| 4.他者からのプレッシャーが強ければ強いほど、緊張感は増して

常に他人の顔色を窺っているということ。周りの人たちの機嫌を窺いながら、息を潜めて過ごしているは、ストレスも溜まり気分も塞ぎがちなもの。

自分自身の思い通りに生活できないこともあり、他者からのプレッシャーが強ければ強いほど、緊張感は増していきます。このような縛り付けられた息苦しさは、心のなかを閉塞感で一杯にしてしまうことに。

 

| 5.感じる気持ちが、閉塞感として頭に重い蓋を乗せてしまう

努力しても報われないということ。頑張っても結果が出ない経験が重なると、人間は自らの将来に対して閉塞感を抱くもの。

それは一瞬先は闇という状況とも呼べるもので、今後また努力しても目標には届かないと感じ、もう一度取り組む気力も失せてしまいます。このように苦労をしても報われないと感じる気持ちが、閉塞感として頭に重い蓋を乗せてしまうことに。

 

 

 


覚えておくと将来的に役立つもの、閉塞感を感じる人の共通する特徴


 

| 1.閉塞感を感じる人は、元々の性格や過去のトラウマが影響

自分に対して自信がないということ。重圧に耐えられず閉塞感を感じてしまう人は、元々の性格や過去のトラウマが影響しているもの。

なので、仕事を任された際も、自分では無理だとか乗り越える自信ない、そんなネガティブな気持ちが先に出てしまいます。成功体験も僅かなものなので、周囲が励ましたとしても自らに自信がありません。

 

| 2.自身が何とかしなければという、強い気持ちがあるもの

責任感が非常に強いということ。仕事で閉塞感を感じてしまう人物の特徴に、自身が何とかしなければという、強い気持ちがあるもの。それは、委任されたからには放り出さず、最後までやり遂げなければと考えることが理由。

重圧で眠れないと日々が続いても、自らがやらなくてはいけないと思っています。責任感が強く、仕事を最後まで成し遂げることが特徴の一つ。

 

| 3.特徴は、自らが何をすればいいのか良く判っていないもの

成すべきことが整理できていないということ。仕事で閉塞感を感じている人物の特徴は、自らが何をすればいいのか良く判っていないもの。

成すべきことを理解していれば、そんなことかと済む場合もあるのに、内容をちゃんと理解していないので重圧を感じます。仕事上の締切などが近いことに焦り、その不安から閉塞感を感じることも。

 

| 4.閉塞感を感じている、仕事に対して細かな準備をしない

仕事に対して綿密な準備を行わないということ。重圧を感じているのに、不安や心配とだけ口にするのが特徴の一つ。

クライアントにプレゼンで提案をしなくてはいけないのに、資料作りをしなかったり、リハーサルを行わなかったりと準備を怠ります。眠れないや耐えられないと閉塞感を感じているのに、仕事に対して細かな準備を行いません。

 

| 5.閉塞感を感じて学ぶことをせず、ネガティブなことばかり

スキルアップのための学びしないということ。閉塞感を抱いている人は、耐えられないとだけ感じていて、成長のチャンスだということを考えていないもの。

上司が機会を与え大きな仕事を任せても、自分には乗り越える自信がないと、最初から努力をしようとしません。スキルアップすればさして難しくない任務でも、閉塞感を感じて学ぶことをせず、ネガティブなことばかり考えます。

 

 

 


自分を暗くしている要因を見極めること、閉塞感を解消していく方法


 

| 1.原因が明確になれば、それを打開していく具体的な方策を

何に対して閉塞しているのか、見極める必要があるということ。何が自らの目の前を真っ暗にしているのか判らない場合、それを取り去ることは不可能というもの。

ひょっとすると、口うるさい親だったり、嫌味ばかり言う上司かも知れませんし、給料が上がらない不満ということもあります。

影を落としている閉塞感の原因が明確になれば、その次はそれを打開していく、具体的な方策を考えていくことになります。

 

| 2.国際交流活動を体験したことのある人は、未来に希望を

思い込みを捨てるということ。日本にはルールがあり、それを守ることで争い事を防いでいるのは周知の事実というもの。しかし、そんな裕福な日本の若者に、閉塞感が広がりを見せているのも、一方では叫ばれています。これは心配がないのに、希望もないということ。

国際的な調査では閉塞感について、国際交流活動を体験したことのある人は、未来に希望を持っていることが判明しています。思い込みを捨て、広い視野が必要。

 

| 3.人生には嬉しい誤算や大逆転と呼ばれるものがあるもの

取り越し苦労を止めるということ。将来の見通しについて考え過ぎ、頭を抱えているのも、閉塞感を感じている人に多いもの。現在目の前で生じていることではなく、まだ発生していないことに囚われ、自分自身を閉じ込めています。

人生には嬉しい誤算や大逆転と呼ばれるものがあり、なにが起こるか分かりません。チャンスが訪れた際、素早く掴めるよう取り越し苦労を止め、心を柔軟に開放しておきます。

 

| 4.疲れが癒せるような居場所、また頑張る意欲が湧いてくる

素直になれる所と時間を用意するということ。そこにいけば一息付け、素直な自分に戻れる、そんな居心地の良いところを持つのがポイント。

普段の生活では、気が張り詰めて一杯いっぱいでも、疲れが癒せるような居場所があると、また頑張る意欲が湧いてくるもの。ひとりで訪れる美術館やカフェにスポーツジムなど、自身の居場所で閉塞感を解消します。

 

| 5.自身がしていた愚かな言動などに気づくかも知れません

感情を爆発させるということ。我慢しがちな優しいタイプの人にはハードルが高めですが、やってみる価値があるのがキレてみるということ。

いつもであれば嫌なことを言われても、聞こえないふりをしたり、笑って受け流したりしていたところを厳しい態度で言い返します。

そんな状態を見れば、いつもは柔和な人の態度に相手は驚き、自身がしていた愚かな言動などに気づくかも知れません。これも閉塞感を乗り越える方法の一つ。

 

| 6.気持ちばかりを考えず太陽の光を浴びて身体を動かします

日差しを浴びながら散歩するということ。セルフケアにウォーキングは有効である、そんな事柄は複数の研究結果で報告されているもの。軽度のうつ病対策にも、温かな太陽を浴びながら歩くことが高い効果を発揮しています。

心が締め付けられていたり、抑圧されているという閉塞感を解消したいなら、気持ちばかりを考えず太陽の光を浴びて身体を動かします。

引き寄せの法則で閉塞感を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

閉じ込められ、もがき苦しんでいる様子。ここでは、頭に袋を被せられたような感じ、原因を知って閉塞感に打ち勝つ方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。