前向きな考えは良い人生を引き寄せる、ピンチをチャンスに変える方法


絶望的な状況に陥ると、ピンチはチャンスという言葉が思い浮かぶもの。ピンチというのは差し迫った事態や危機的状況など、追い詰められた逆境を意味しています。そしてチャンスというのは、反対に何かの物事を行うに当たって絶好の機会という意味。

つまり、ピンチはチャンスなんだとは、逆境のような状態を絶好の機会と捉えて乗り越えることで、一層自分自身を成長させるということ。

日本語にも禍を転じて福と為すという言葉があり、こちらは自らの身に降りかかった災難や失敗を上手に利用して、逆に自身の有利になるよう工夫するもの。こうした事は古くから行われ、ピンチはチャンスという事には名言も数多く残っています。

ここでは、前向きな考えは良い人生を引き寄せる、ピンチをチャンスに変える方法を紹介しています。

 

 

 


成功体験を参考にしたい、ピンチはチャンスなんだという思考習慣


 

| 1.逆風が自分を育成してくれる、肯定的な考え方が成長へ

苦境に対して肯定的な認識を持っているということ。先ず、逆境が自身や人生を飛躍させてくれるという、肯定的な理解をしているもの。大不況のときは、先を考えると見通しが立たず、真っ暗な気分になるときがあります。

ただピンチはチャンスだという思考習慣を持つ人は、逆境を乗り越えた先には大きな成長があると判っているので胸躍らせることも。考えれば順風満帆のときよりも、逆風が自分を育成してくれるという、肯定的な考え方が人間を成長へと導きます。

 

| 2.自らのスタンスは外的要因がどうあれ、ずっと維持できる

自分のスタンスに集中するということ。パナソニック創業者の松下幸之助氏は、好況よし、不況さらによしと述べています。これは良い経営をしている所は、不況の時こそ選ばれるという意味。なので良い経営をしているお店は、好況でも良いし、不況も更に良いという訳です。

ここから読み取れるのは、外的要因よりも内的要因に着目するというメッセージ。人生や仕事には変えられるものと変えられないものがあり、変えられるのは自分自身で、変えられないものは環境。自らのスタンスは外的要因がどうあれ、ずっと維持できるのでピンチをチャンスに変えることに。

 

| 3.人生の中で役立つようにする思考習慣がピンチはチャンス

自らの有利になるように工夫すること。人生を過ごしていると、逆風が吹くときがあるもの。そんな時、その逆風に被害を受けて下降してしまう人と、そうした逆風を人生の拠り所にして上昇気流に乗る人物がいます。

自らの身に降りかかった失敗や災難を上手に利用して、反対に自身の有利になるよう工夫します。つまり、ただ禍に打ち勝っていくことだけではなく、長い人生の中で役立つようにする思考習慣がピンチはチャンスということ。

 

 

 


覚えておくと役立つもの、ピンチはチャンスなんだと持っていく考え方


 

何かのトラブルに巻き込まれたり、失敗をしてしまったりとピンチの際はその人物の人間力が試されるもの。

ピンチに面と向かい気持ちが滅入ってしまうか、前向きな態度で局面を打開しようとするかで、先に待っている未来も変わってきます。ピンチをチャンスに変更できるかは、その人物の考え方やマインド次第になります。

 

| 1.原因から逃げ出さず向き合う、チャンスに変わる第一歩

ピンチになった要因を、逃げずに受け止めるということ。本来ピンチに陥った原因は、多くの場合自分自身にあるもの。自身の思い込みや考えで物事を進めてしまったとか、思考停止に陥りなんとなく流れに身を任せたなど。

これらのようにピンチの原因から逃げ出さず向き合うことが、チャンスに変わる第一歩。ピンチを招いた原因を、正確に把握することから出発。

 

| 2.ネガティブに捉えるのでなく、ポジティブ変換するという

.ピンチになった際は、発想を逆転するということ。ピンチに嵌まり込んだら、ネガティブに捉えるのでなく、ポジティブ変換するというもの。

例を挙げると、クレームを受けた際は、何がクレームになるのか知る事ができたとなり、大きな問題とならず幸運だったとなります。更に、一旦逆転の発想をすることで、心の中にも余裕が出てきて、焦らずに対応できるというメリットもあります。

 

| 3.真剣に危機的状況回避に向かって努力、成功を引き寄せる

ピンチに打ち勝った後の未来を想像するということ。この苦境を乗り越えたら、先に何があるのかとイメージを膨らませるというもの。

こんな風にピンチに打ち勝った後の未来を思い描くことで、自分自身のモチベーションアップに繋がります。これはやる気が湧き出ることで、真剣に危機的状況回避に向かって努力でき、こうした思考が成功を引き寄せます。

 

| 4.陥った際は先ず冷静、状況を詳しく分析し打開策を考える

状況を客観視した上、分析をしてみるということ。先ずピンチ嵌まり込んだ場合、その事実をきちんと受け入れることが大切。

原因を調べますが、主観的な立場では感情面だけが表れやすくなるので、冷静な判断が出来かねません。なので、ピンチに陥った際は先ず冷静になり、状況を詳しく分析し打開策を考えます。

 

| 5.異なる意見や考え方を持つ人に、眠っていることが多い

周りの人の意見に耳を傾けるということ。人間は誰しも、自分と意見の身近な人とはスムーズに会話が弾むもの。逆に意見が合わない人物とは、余り会話をしない傾向にあり、考えれば当たり前ですが、ここにピンチを引き寄せる落とし穴があります。

実際には自身にとってのチャンスは、異なる意見や考え方を持っている人に、眠っていることが多いということ。

 

 

 


知っておくと人生で役立つ、ピンチはチャンスだとする具体的な対処法


 

| 1.一旦冷静になり置かれている状態から事柄を逆算します

先ずはピンチになった原因究明をするということ。陥った時は必ず原因があるので、一旦冷静になり置かれている状態から事柄を逆算します。

何故こうなったのかや何故失敗に繋がったのかなど、自問自答することは状況を把握するのに効果的。後は原因になった事柄に対する対処だけで、ピンチはチャンスへと変化させることができます。

 

| 2.心と身体をリラックスさせることが重で、気分一新し解決

問題解決に集中して、全力を傾けるということ。ピンチである危機的状況というのは、説明するまでもなく良い局面ではないもの。なので、状況を改善させるためには、高い集中力と多くのエネルギーは欠かせません。

疲弊していると打開策も生まれにくくなるので、心と身体をリラックスさせることが重要で、気分一新し問題解決に全力を傾けます。

 

| 3.必要以上にプレッシャーを感じないように、注意が不可欠

ピンチだからこそ自らを追い込むということ。人間は困難な状況になればなるほど、自ら奮い立たせ普段以上の力を出すことがあるもの。

なのでピンチになった際は、自分を追い込むことでピンチはチャンスと思えるよう、自身を奮い立たせてみます。但し、あまりに追い込み過ぎて、必要以上にプレッシャーを感じないようにする注意が不可欠です。

 

| 4.一気にゴールを目指すので、上手くいくことは少ないもの

大逆転を狙わないで、一歩ずつ着実に歩を進めるということ。大逆転はそれ相応のリスクがあるので、確実に小さなピンチに打ち勝つことが大切。

一発逆転の方法は中途の過程を省き一気にゴールを目指すので、楽できる分上手くいくことは少ないもの。なので一つ一つ歩みを進め、小さなピンチからチャンスへと少しずつ変えていくようにします。

 

| 5.ピンチをチャンスに変えるには、行動することが不可欠

解決策に悩んだら、行動に移すということ。自分が置かれている状況に、ずっと悩んでばかりいても仕方がないもの。ともかく行動するのも一つの手段で、必ず行動することがピンチをチャンスに変更するために不可欠になってきます。

行動することで、初めてピンチはチャンスに変わります。どんな未来がチャンスなのかを前向きに考え、積極的に問題解決へとチャレンジ。

引き寄せの法則で、ピンチをチャンスに。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

逆境のような状態を絶好の機会と捉えること。ここでは、前向きな考えは良い人生を引き寄せる、ピンチをチャンスに変える方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。