覚えておくと将来きっと役に立つもの、試す価値がある特技の見つけ方


特技を尋ねられて、すぐに答えられる人はそれほど多くないもの。誰が見てもわかる凄い特技があればいいのですが、そんな取り柄はそうはありません。

実際は得意なことを持っていても、上には上がいるしなと、特技と呼ぶのを気後れしていたりもします。中には、元から特技というのは何かと悩む人もいて、考えれば考えるほど判らなくなっていくところもあります。

そして自問自答の状態が続くと、自分自身は今まで何をしてきたのかと、自己嫌悪に嵌まり込んでしまうことも珍しくありません。なので就職活動などでも尋ねられることも多い、趣味や特技の見つけ方が重要になります。

ここでは、覚えておくと将来きっと役に立つもの、試す価値がある特技の見つけ方を紹介しています。

 

 

 


覚えておくと将来きっと役に立つもの、試す価値がある特技の見つけ方


 

| 1.自らの強みが具体的に見えてくる、特技の発見に役立つ

ほんの小さなことでも、他の人に褒められた事を思い出してみるということ。これは他人が凄いなと思ったからというもの。褒めるというのは、相手が直接的に長所を見つけて、それを教えてくれることです。

何が相手の印象に残ったのかを考えてみると、自らの強みが具体的に見えてくるので、特技の発見に大いに役立ちます。

 

| 2.先ずは沢山リストアップしてエピソードを見比べていく

幼少期に得意だったことを思い起こしてみるということ。子どもは自ら欲求に素直で考え方や行動に制限がなく、無意識に得意分野を伸ばす活動をしているもの。

幼稚園や小学生の頃に、得意だったことや胸躍らせたことを、一つ一つ思い起こして見ることが大切。先ずは沢山リストアップしてエピソードを見比べていくと、共通する特長が見え特技を探すのに役立ちます。

 

| 3.高いレベルでないと、特技とは呼べないと思いがちなもの

兄弟姉妹や友人の中で、一番になれそうなものを考えてみるということ。何かで入賞したりと高いレベルでないと、特技とは呼べないと思いがちなもの。

特技の見つけ方で悩んでしまう人の多くは、特技に対する自らのハードルを、つい高いものにしています。ハードル設定は楽に跨げるものにするのが大切で、身近な人達の中で一番になれることを考えます。

 

| 4.第三者の視点で見たり、分析したりするのは難しいもの

周囲の人たちに聞いてみるということ。自分自身のことを、第三者の視点で見たり、分析したりするのは難しいもの。

他の人から見て充分に特技と呼べるようなものを持っていても、当人はそのことに気付いていないこともよくあります。特技の見つけ方に悩んでしまっている場合、ぜひ家族や友人に自分の良いところを聞いてみます。

 

| 5.身近な人物の特技を分析、自身の特技の見つけ方も明確に

家族が持っている特技を参考にしてみるということ。色々と探してはみたものの、自分の特技が何なのか判らないということもあるもの。そんなときは、父親をはじめ母親や、兄弟姉妹の特技を考えて見ると、自らの特技を探しだすより簡単に思い浮かびます。

家族に限ったことではなく、親しい友人や先輩など、身近な人物の特技を分析すると、自身の特技の見つけ方も段々と明確になります。

 

 

 


自分の特技の見つけ方が分からない場合、これからつくっていく方法


 

| 1.先ず始めてみてから考えることが大切で、一歩踏み出す

少しでも興味が湧いたらとにかく始めてみるということ。始めて面白いと思えば続ければ良いし、違うなと思えば止めれば良いだけのこと。

時間や金銭面を理由にやらないという道を選ぶのは簡単ですが、自らの興味や関心にうやむやにし続けていると、特技どころか好きなことも判らなくなります。なので先ず始めてみてから考えることが大切で、とにかく一歩踏み出すことがポイント。

 

| 2.遡って特技を探していくのも面白い、試してみる価値は大

他の人に話したらネタになりそうや面白そう、そんな視点で選んでみるということ。特技は会話の手掛りにもなるもの。

なので相手をビックリさせたいとか、とにかくインパクトが大きいものなど、そんな見つけ方をするのも一つの手段。目指す着地点を設定して、遡って特技を探していくのも面白いので、試してみる価値は大。

 

| 3.無意識に自己肯定感を下げてしまってる場合もあるので

謙遜をやめてみるということ。日本人の美徳ともされる謙遜の文化ですが、特技を見つけるという視点から見ればそれほど良くないもの。

他の人から褒められると、ついそんなことないと答えてしまいがちですが、これは自分で自分自身を否定しているのと同じこと。謙遜を続けることで、無意識に自己肯定感を下げてしまってる場合もあるので、褒められたら感謝の言葉で応じます。

 

| 4.人生には限りがあり、悩んでいる時間が勿体ありません

上手くできるかなどは気にしないということ。新しいことに挑戦するのに、不安な気持ちを抱くことは誰しもあるもの。

まだ始めてもいないことを、どんなに考えても答えはなく、人生には限りがあり、悩んでいる時間が勿体ありません。誰しも最初は初心者、自信がないのは当然で、上手くできるかなど気にせずさっさと挑戦します。

 

| 5.感覚や感情のニュアンスを拾えると、特技も見つけやすく

日常を注意深く見てみるということ。自らに元々備わっている才能や得意なものは、当たり前過ぎて気付かないもの。

特技を見つけようとする前に先ず試して欲しいのは、現在の日常に焦点を当ててみるということ。日頃からこれ結構得意とかこれ好きだなという、自らの感覚や感情のニュアンスを拾えると、特技も探しやすくなります。

 

 

 


特技の見つけ方は大人のほか高校生や中学生も大事、その特徴と心理面


 

| 1.特技がないと考える人、男性でも女性でも否定的に考える

メリットよりもデメリットに目が向きがちなタイプ。人間の能力は人それぞれで、どんなに文句無しに見える人物でも劣る部分や苦手なところがあるもの。反対にどんな人でも評価できるポイントを持っています。

特技がないと考える人は、男性でも女性でも否定的に考える傾向があります。メリットではなくデメリットな点ばかりが気に掛かるので、持っている特技に気付くのも遅れがちに。

 

| 2.本来誰しも、何かしら秀でたものや輝くものがあるはず

他の人を圧倒する腕前が、自分にはないと考えているということ。これは特技というものを、誰もが驚く素晴らしい技術やノウハウと捉えているため。

なので特技がないと思っていると、自らは大したことがないと卑屈になる心理になります。本来誰しも、何かしら秀でたものや輝くものがあるはずですが、それを受けいれることをせず特技がない人物としています。

 

| 3.一般的に見て充分優れていても特技とは呼べないもの

完璧主義者で、特技に対してその意識が高過ぎるということ。例をあげると、ピアノを習っていた人物の場合。大勢いる中で、音楽大学に進学できる腕前の人はほんの一握りで、さらにプロのピアニストとなると極めて一部の人だけ。

こんなプロのピアニストと比較するほど意識が高いと、一般的に見て充分優れていても特技とは呼べないものに。

 

| 4.特技であるとして、疑問を持たず取り組むことができない

自らに対して劣等感を持っているということ。コンプレックスを感じているので、自分の評価が極端に低い傾向にあるもの。これは親が特に過保護であった男性や、厳しく育てられた女性に多い傾向です。

自らに自信を失くしているので、例え良い所があり特技であるとしても、疑問を持たず取り組むことができません。

引き寄せの法則で、特技を見つける。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

特技と呼ぶのを気後れしていたりなど。ここでは、覚えておくと将来きっと役に立つもの、試す価値がある特技の見つけ方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。