深入りしてくるのは邪魔になるもの、干渉する人への上手な対処方法


世間一般には頼んでもいないのに、干渉してくる人がいるもの。そんな中には途中で人の話に割り込んできて、口出しする人物もいます。余計な世話を焼いてきたと思ったら、耳が痛いことまで言われ、傷ついたことがある人も珍しくありません。

干渉する親をはじめ、職場の上司や同僚に、友人などやたら絡んでくる人がいると、何だか監視されてる気持ちで不愉快になります。

そんな干渉する人は、どうして他人にそこまで睨みをきかせるのかと、疑問に思うこともあるもの。そういったとき心理や特徴を捉えておくと、人間関係を円滑に維持するのに役立ちます。

ここでは、深入りしてくるのは邪魔になるもの、干渉する人への上手な対処方法を紹介しています。

 

 

 


深入りしてくるのは邪魔になるもの、干渉する人への上手な対処方法


 

| 1.断りを入れ、一線を引くようにすると段々と干渉が減って

答えられないという選択肢をとるということ。干渉してくる人物に答えたくないことを聞かれた際は、それだけは答えられないと断固として拒否します。

干渉する人は、これを聞いたら失礼だろうなど、相手方のことを考える気持ちがなく、迷惑だと感じるなら礼儀を欠くことになるもの。礼儀を知らない人には、こちらから答えられないと断りを入れ、一線を引くようにすると段々と干渉が減ってきます。

 

| 2.干渉してきた内容を受け入れる必要もなく、満足させる

話だけ聞いて感謝の言葉を伝えるということ。干渉してくる人は、相手に有り難く思われたいと考えているもの。自らの意見を認めて貰うことで、承認欲求を満たそうとするような人には、その話を聞くだけ聞いて感謝の言葉を伝えます。

もちろん干渉してきた内容を受け入れる必要もなく、満足してそれ以上ちょっかいを出してこなくなることも。

 

| 3.思い切って何故そういう質問を?と聞いてみるのも対処法

逆に質問を返すということ。やたら干渉しあれこれ聞いてくる人物には、思い切って何故そういう質問を?と聞いてみるのも対処法の一つ。自分が聞かれてばかりというのも公平ではないので、こちら側からも干渉してくる人に質問返しをします。

心配だからや気になるだけなど、何らかの理由を立ててくることになりますが、納得できない場合は答えられませんとはっきり断ります。

 

| 4.そういうことは良く分からないと、知らない振りをする

話題を変えるということ。干渉するような事を聞かれたときには、その質問自体には答えず、早々に話題を切り替えるというもの。話している内容をやんわりと変えることで、それとなくですが干渉されるのを防げます。

又は、そういうことは良く分からないと知らない振りをすることで、聞かれたくない事について、それ以上の質問をされなくなります。

 

| 5.何か言われた際、右から左に聞き流せる実力を身に付ける

子どもだと思って接するということ。信じ込むことには絶大の効果があり、今は子どもの話を聞いていると思い込むことで、気が楽になるというもの。同じ大人としての見方をやめてしまい、真面目には相手にしないことがポイント。

何か言われた際、右から左に聞き流せる実力を身に付けると、無駄なストレスも溜まらない良い状態を保てます。

 

 

 


干渉する母親などは迷惑なもの、覚えておきたいその特徴的なところ


 

| 1.他の人が話し込んでいる最中でも物ともしないで割り込む

常日頃からの口数が多いということ。お喋り好きな人ほど他の人が話していても、喋りたい衝動に駆られ口を挟んでしまうもの。周囲の目が自分に向いていないと気がすまない、そんなというタイプの人も珍しくありません。

誰よりも目立ちたいという気持ちが強く、他の人が話し込んでいる最中でも物ともしないで割り込み、自分の話を始めます。

 

| 2.親切心も、言い方やタイミングを間違えるとただのお節介

元々が世話好きな人ということ。干渉してくる人は、余計なお世話と鬱陶しい思いをすることもあるもの。本人には悪気がないことも多いものですが、余計な一言を口にしてみたり勝手な行動をしたりと、結果として嫌われてしまうこともあります。

困っている人たちを助けたいという親切心であっても、口のきき方や都合を間違えるとただのお節介な人に。

 

| 3.他人の話に頻繁に口を出してきたり、干渉したりをする

暇を持て余しているということ。干渉してくる人は、一般的にいえば暇人と呼ばれることが多いもの。多忙な人物や人生が充実している人たちであれば、他人の話に逐一ちょっかいを掛けてくるような時間はありません。

暇ですることがないので、他人の話に頻繁に口を出してきたり、干渉したりをすることになります。

 

| 4.正しいと考えていて、人の揚げ足をとることも珍しくない

何かと細かいのも特徴の一つ。言う必要がないような些細なところにも着目して、相手の粗探しをします。自身を過大評価していて、自らの言うことは絶対的に正しいと考えていて、他人の揚げ足をとることも珍しくありません。

そもそもが些細なことだと思っていないので、誰も気にしないような細かい部分も指摘します。

 

| 5.他人には偉そうに干渉するので反感を買うこともしばしば

人には厳しく自分には甘いということ。干渉するタイプの人の面倒臭い特徴に、人には厳しく自らに甘いことがあるもの。

自分自身の価値観を押しつけ色々と助言したりするのに、自らは何もしないなどは良くあること。まさに自分のことは棚に上げ、他人にはいい気になって干渉するので、反感を買うこともしばしば。

 

 

 


干渉する女などと呼ばれることも、知っておきたい口出しする人の心理


 

| 1.過干渉な親が子供のために何でもしてしまうことがある

心配性という心理面。このタイプは自分の子供や職場の後輩など、周りの人を過剰に心配するところがあり、それが干渉となることがあるもの。

この心配性から干渉する人は、相手が受けてしまいそうな困難を事前に避けるように、逐一相手に忠告します。相手のことを大切に思うからこそ起こる干渉ですが、行き過ぎると相手側も監視されるように感じストレスを感じることに。

過干渉な親が子供のために何でもしてしまうことがありますが、現在は子供の自主性や自立心を育てる機会を奪うとし、一種の虐待相当にも。

 

| 2.好奇心や興味から干渉してくる人は、関心を満たすこと

管理しないと気が済まないという心理面。干渉しがちな人は、他人のことであっても把握していないと気が済まない、そんな性質の持ち主というもの。

把握したがるのは、ただの好奇心や興味のケースもありますが、元来人の上の立場で仕事をしてきた、リーダータイプなどにも数多くいます。

好奇心や興味から干渉してくる人は、自身の関心を満たすことしか思っていないので、相手に失礼という気持ちを抱くことはありません。リーダータイプの人は一種の職業病のようになっていて、干渉することは仕事の一環という風に考えています。

 

| 3.両親に口癖のように言われ、鬱陶しい思いなどよくある話

相手のことが気になるという心理面。誰しも思春期の頃、親から余計な口出しをされて苛立った体験があるもの。親は子供のことを心配して聞いていますが、相手のことが気になり過ぎて思わず口に出してしまいます。

独身男性や独身女性の場合、何時になったら結婚するや恋人はできたのなど、両親に口癖のように言われ、鬱陶しい思いをするなどよくある話。

ほかにも恋愛シーンや職場内でも、相手が気になるということで、つい口を出して干渉してしまう人は少なくありません。

引き寄せの法則で、干渉する人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

途中で話に割り込んで口出しする人物も。ここでは、深入りしてくるのは邪魔になるもの、干渉する人への上手な対処方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。