そりが合わないという意味を適切に把握して、上手く協調していく方法


世の中にはそりが合わない人や、馬が合わない人物もいるもの。このそりが合わないの意味合いはと言うと、反り具合が違っている刀と鞘のように考え方の一致が見られないということ。

もちろん人間の価値基準や考え方は人それぞれとなっていて、その異なりが相性を生じさせ、自分に合う人だったり合わない人物を生み出しています。人間に自我がある以上、そりが合わない人物は必ずいるもので、身近で言えば親をはじめ、職場の上司や同僚など。

ただ身勝手に馬が合わないという感覚を抱いていても、社会生活を送っている以上、職場などでは上手に付き合っていくことが大事になります。

更に、自らを明確に肯定できていると、そりの合わない人物に対しても、気になる度合は減るもので幸せで満たされている間は案外平気だったりもするもの。

ここでは、そりが合わないという意味を適切に把握して、上手く協調していく方法を紹介しています。

 

 

 


そりが合わないという意味を適切に把握して、上手く協調していく方法


 

| 1.適当に受け流す程度の気持ち、楽に接していくというのも

あまり本心を出さず、表面上取り繕って雰囲気を合わせるということ。そりが合わない相手とは、本音で話しても判り合えないので、苛立ちが募るもの。

ただ相槌を打つだけで良く、表面的なところを淡々と合わせていれば、深刻な話をすることもなく時間が過ぎていきます。相手方が言いたいことを話させ、適当に受け流す程度の気持ちで、楽に接していくというのも一つの方法。

 

| 2.良い関係より、自分自身の感情のコントロールを優先する

無理に合わせることなく、程よい距離を置くということ。ストレスをあまり溜めることがないくらい、そんな距離感を維持するというもの。

なるたけ二人っきりになるシーンは避け、第三者を交えてコミュニケーションしたり、、仕事の外では接触を持たないようにします。無理に合わせようとすると気疲れしてしまうので、良い距離関係を築くことより、自分自身の感情のコントロールを優先します。

 

| 3.そういう空気が伝わった相手からの歩み寄りも期待できる

相手の取り柄を探すことにウェートを置くということ。大嫌いなそりが合わない相手だったとしても、メリットというところは必ずあるもの。

その良い面を探すことに着目して一つでも見つかれば、そりが合わない人に対する見る目が変わる可能性があります。更に、そういう空気が伝わった相手からの歩み寄りも期待でき、良い関係を将来的に築けるかも知れません。

 

| 4.興味が湧かない話も、関心がある素振りで楽しそうに聞く

聞き役に徹するということ。人間は自身の好きな話題は気分よく話せるので、趣味や関心事を喋って貰うというもの。

興味が湧かない話でも、関心がある素振りをして楽しそうに聞くと、聞き役の評価も上がります。根気強く話を聞くことで、そりが合わない相手の歩み寄りも期待でき、上手く付き合うことができます。

 

| 5.この人物だけはどうしても合わないという時の最後の方法

これ以上、付き合わないという選択肢。意思の疎通を図ろうと努力したものの、この人物だけはどうしても合わないという時の最後の方法。

最終手段として、これ以上に上手く付き合うことは諦め、関係を持つことを止めるという決断をします。ストレスを溜め続けても何一つ良いことはありませんし、如何にしてもそりが合わない人物というのは存在するもの。

 

 

 


そりが合わない上司との関係を考える、覚えておきたいその理由など


 

| 1.意外な良いところも見え、嫌なところが気にならなくなる

シンプルにコミュニケーション不足ということ。そりが合わない相手と二人っきりだと気分が滅入るものの、第三者を交えて三人以上になると何とか話せるというもの。

こうした場合はコミュニケーションの不足が考えられ、一度嫌だと感じると、欠点ばかりが目につくので、距離ができる一方になります。ただコミュニケーションがある程度とれたときは、意外な良いところも見えてきて、嫌なところが気にならなくなることも。

 

| 2.シンプルに人間関係が解決するというパターンもあります

双方に相手を配慮する感情が欠けているということ。これは避けているのが自分自身だけでなく、相手も避けているというもの。

相手を理解しようと双方が前向きに努力してみたら、シンプルに人間関係が解決するというパターンもあります。相手を気遣う心を持つことで、隔たっていた波長自体が段々と変化し、気がつけば深い信頼関係が生まれていることも。

 

| 3.楽しくないという感情が昂じていくと、拒否する気持ちが

相手に対して、注目すべき点や興味がないということ。嫌だと思うより先に、単純明快に相手に対し関心や興味が湧かないというもの。

そんな人物とは話す内容もどうしても薄くなるため、会話も弾まず楽しくないという感情が募ることになります。この楽しくないという感情が昂じていくと、相手を拒否する気持ちが芽生えることに。

 

| 4.自らは引きこもり状態なのに意思の疎通を図ってくる人

自分が周囲との関係を断っているということ。相手とそりが合わないこと自体、自らが合わせられない、そんな状態かも知れないというもの。

自分で意識しない間に自らの世界に入り込んでいて、周りとの関わりが面倒臭くなっているかも知れません。自らは引きこもり状態なのに意思の疎通を図ってくる人がいて、どんどん拒否してそりが合わないということに。

 

| 5.大きな原因の一つに、相手から受ける第一印象の影響が

初対面の印象が影響しているということ。そりが合わない人と感じる大きな原因の一つに、相手から受ける第一印象の影響があるもの。

多くのシーンでは、会話を現実にする以前から、自分自身には合わないということを決め付けています。大部分の人々は相手の話しぶりや内容、表情や態度等を初対面で無意識に確認、自分との相性を判断する傾向にあるもの。

 

 

 


そりが合わないや馬が合わないのは何故、知っておきたい心理面や特徴


 

| 1.馬が合う身近な人物とは、何となく共通項が見つかるもの

自分と相手側に共通部分が見当たらないということ。自分とまったく同じ心境だったり、同意見だったりする人間は自分以外にはいないもの。

ただ、馬が合う身近な人物とは、何となく共通項が見つかるもの。反対にそりが合わない人物というのは、小さなことでも価値観が合いません。双方の違いを楽しむことができる事例もなかにはありますが、波長が合わないと衝突することが多くなるもの。

 

| 2.違った環境で育った人物とは理解が合わないこともある

生まれ育った環境の違いということ。生まれて成長して来たバックグラウンド如何で、人間は変わってくるもの。例を挙げれば、裕福な家庭環境で成長してきた考え方と、貧困な家庭環境で育ってきた考え方では、同じ価値観を抱くのは難しいということ。

同じような家庭環境で成長した者同士は、相手の意図を感じやすくもなりますが、違った環境で育った人物とは理解が合わないことも。

 

| 3.そりが合わない人とでは話し自体が徐々に詰まらなくなる

会話が続かないということ。感性が違っていたりすると、会話も盛り上がらず楽しくないもの。会話というのは互いにキャッチボールしてこそ心地よく感じるもので、そりが合わない人とでは話し自体が徐々に詰まらなくなります。

同じ会話の内容でも個人の捉え方は違いますが、そりが合わない人とは違う捉え方ばかりになるもの。

 

| 4.そっとして欲しいとき、迷惑にも話し掛けてくる人がいる

タイミングが合わないということ。嫌なことがありそっとして欲しいとき、迷惑にも話し掛けてくる人がいるもの。相手は配慮しているつもりかも知れませんが、不愉快な気分を与えていることになります。

これは悪気などがなくても心地の良いものではなく、こうしたタイニングが合わないということが、そのまま反りが合わないということに。

引き寄せの法則で、そりが合わないを解決。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

違う刀と鞘の様に考え方の一致がない。ここでは、そりが合わないという意味を適切に把握して、上手く協調していく方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。