信頼感の醸成が大切なこと、将来に向け腹を割った関係を構築する方法


世の中には信頼感が厚い人物もいるもの。職場の付き合いをはじめ恋愛など、さまざまな場面で必要になってくるのが信頼感です。

信頼感が高い人物というのは、信頼関係を構築するのを得意としているもの。もともと信頼信頼感は別々の概念と考えた方が良く、信頼は対外的な態度、信頼感は感情の一つとされます。

双方の交流が繰り返されると、徐々に信頼関係も生まれてきますが、態度は人に対して示すもので、相手を頼りたい場合は行動に移さなくてはいけません。こうした信頼には信頼感が必要になり、それは相手を気に掛けること自体を、心掛けていくことから出発します。

ここでは、信頼感の醸成が大切なこと、将来に向け腹を割った関係を構築する方法を紹介しています。

 

 

 


信頼感の醸成が大切なこと、将来に向け腹を割った関係を構築する方法


|  1.関心がない相手を頼りにしたり、信用することは難しい話

相手に対して心から関心を持つということ。自らに興味を抱いてくれる相手と、そうでもない人の場合、良いイメージを前者に持つのは当然というもの。

自身にとって関心がない相手のことを頼りにしたり、信用することは難しい話です。信頼関係を構築する基本は互いに思いやりを持つことで、片方だけが関心を持っていないのでは成立しません。

 

| 2.良い気分になって貰うというのも、信頼関係の上では大切

褒めるなど、相手が喜ぶ言葉を口にするということ。相手方に良い気分になって貰うというのも、信頼関係構築の上では大切なもの。

相手の良い部分は積極的に褒めるようにし、一緒にいるのが心地良いと感じてもらうようにします。前述したように普段から関心を持って相手と接していると、先方の良い部分も鮮明に見えてくるはず。

 

| 3.話している最中に相手の反応が薄ければ、退屈なのかと

話を聞いている時は、1.5倍のリアクションを意識するということ。話している最中に相手の反応が薄ければ、退屈なのかと不安になるもの。

人との付き合い方が上手な人物の場合、相手の話をきちんと聞いていることを現すのに、リアクションを表に出しています。このリアクションの大きさで印象も違うのは当たり前で、不安感なく楽しい会話ができる人物が信頼を得ます。

 

| 4.真似をされた側も真似する人に対して、好感を抱きます

ミラーリング効果を意識するということ。好意的な人物の口癖や仕草を真似ることを、心理学では同調効果やミラーリング効果と呼ぶもの。これらは相互的な効果があり、好意を抱いた相手を真似ると、真似をされた側も真似する人に対して好感を抱きます。

信頼感を上げていくのにも同調はとても大切で、会話の内容に同調することはもちろん、ミラーリング効果を使うことで、好意的な存在として相手に認識されることも。

 

| 5.相応のタイミングで相手に触れ、心の距離を近づけている

それとはなしに相手に触れるということ。コミュニケーションの能力が高い人は、相応のタイミングで相手に触れ、心の距離を近づけているもの。

例を挙げると、初対面の挨拶の際、よろしくお願いしますと声を掛けながら握手をしたり、残業中の部下に対し、無理するなよと声を掛けながら肩を叩くなど。

恋愛面でも女性からの男性へのボディタッチは効果的とされ、男性は女性に触れられると心を許しやすくなります。言葉以外のコミュニケーションも重要。

 

| 6.信頼して欲しいと思った際、自らが相手のことを信用する

自分が相手のことを100%信用するということ。相手に自身を信頼して欲しいと思った際、先ずは自分自身が相手方のことを信用することがポイント。

自分自身を信用してない相手から、信じてくれと言われても、さすがに信頼は置けないもの。先ずは自ら相手に心を開くことが大事なことで、それにより先方も気持ちを返してくれます。

 

 

 


信頼感を持つことは大切なこと、信頼関係を構築した場合のメリット


 

| 1.同じ言動にしても、受け取り方自体が変わってくるもの

人間関係上のトラブルが減少するということ。信頼できる人物とできない人物では、同じ言動にしても受け取り方自体が変わってくるもの。

予め信頼関係が確立されている場合、先方がこちらの言葉をすらすら受け入れてくれたり、万が一失敗したとしても許して貰えることも。信頼関係が成立していることで、相手側に誤解されたりすることも減り、自然にトラブルになることが避けられます。

 

| 2.信頼関係が成立していると、チームワークが格段に向上

仕事が円滑に進むので、成果が上がりやすくなるということ。社会人にとり職場上の人間関係は、仕事の成績やモチベーションに大きく関わるもの。

小さな事柄でも声をかけ合える信頼関係が確立されていると、失敗を減らすこともでき士気も高まります。大きなグループである会社は、チームワークが最も重要。信頼関係が成立していると、チームワークが格段に向上するメリットも。

 

| 3.困っている事があれば手助けしたり、下心からでなく本心

好意を持った人と結ばれる確率が上がるということ。大人同士の恋愛のケースでは、勢いで交際するより、信頼できる相手ときちんと付き合いたいと思うもの。

なので、交際を始める以前に、良い信頼関係を築いておくことが重要なポイントになってきます。困っている事があれば手助けしたりと、邪な心からでなく信頼関係を本心から築く努力をすると、気持ちが必ず相手に伝わります。

 

| 4.普段から信頼関係ができていることの大きなメリット面

困った際、助けてくれる人が増えるということ。信頼している人物なら見返りなどは関係なく、助けたいと思うのが人情というもの。

信頼関係が築けていれば、片方が困っているときには、もう一方が助けてくれる、そんな関係が成立しています。周りの人たちとの助け合いの精神が働くのは、普段から信頼関係ができていることの大きなメリット面。

 

 

 


見習うところは沢山あるもの、信頼感がある人物の覚えておきたい特徴


 

| 1.違う視点で見れば嘘をついているのと変わらないことに

言行一致しているということ。信頼できる人物は自身が発言したことに対して責任を持ち、最後まで成し遂げるもの。なので、何でも信頼して任せることもできる上、信用して頼ることもできます。

反対に発言と行動が矛盾していた場合、信用を得るのは難しく、違う視点で見ればをついているのと変わらないことに。

 

| 2.対象が自分じゃなくても、聞いていると不愉快な気持ちに

噂話をしたり、悪口を言わないということ。噂話や悪口は対象が自分じゃなくても、聞いていると不愉快な気持ちになるもの。

矛先がいつ自身に向くかも分からず、そんなことを口にする人を、信頼しろというのは難しいこと。信頼感が高い人は、日頃から他人にどう映るかを分かっているので、自らの信用を失くすようなことはしません。

 

| 3.ほんの些細な約束でも、守ってくれるような誠実な特徴

ほんの小さな約束も必ず守るということ。破った場合、例え些細な約束あっても守らなかったということに変わりはないもの。

小さな約束が守れなかったということは、もっと大事な約束事であっても破る可能性があります。信頼感がある人物は、ほんの些細な約束でも、必ず守ってくれるような誠実な特徴があります。

 

| 4.信頼感が厚い人物、絶対というほど人を裏切ったりしない

他人の秘密は必ず守るということ。自らの秘密を相談するときは、信用できる相手を選んで話すもの。聞いた秘密を口外してしまうのは裏切り行為で、裏切った人物は生涯に渡り信用できなくなってしまう可能性もあります。

信頼感が厚い人物は、絶対というほど人を裏切ったりしない、そんなところも特徴の一つ。

 

| 5.皆さんのお陰と、感謝の気持ちを表す人は信用できます

常に感謝の気持ちを忘れないということ。他人と上手く付き合っていく際、大切なのは謙虚な気持ちというもの。

何事か上手くいった場合、自分の手柄という人は信頼できませんが、皆さんのお陰と感謝の気持ちを表す人は信用できます。感謝の気持ちを忘れない低姿勢な人は、多くの人に必然的に支持されるので、良好な信頼関係が築けます。

引き寄せの法則で、信頼感を得る。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

信頼は対外的な態度で信頼感は感情とも。ここでは、信頼感の醸成が大切なこと、将来に向け腹を割った関係を構築する方法を紹介しています。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。