何もしたくない日の晩御飯も考えもの、続く日々の具体的な対処方法


いつもの日常生活の中で、気づいた時に訪れるのが何もしたくない日。長い人生の中では誰しもが経験することですが、気力が全然湧かず本当に何もしたくないもの。

これは学生でも社会人にも関係なくやって来ます。ただ主婦の場合には、何もしたくない日の夕飯のことも考えなければならず、本当に厄介なことに。

もちろん何もしたくないという気持ちは病気などからも生じますが、その多くの切っ掛けとなっているのは、心や身体が限界を迎えているから。面倒くさがり屋などと自ら卑屈になる前に、先ずは何が何もしたくない日々にさせているのか、その要因を見つけることがポイント。

ここでは、何もしたくない日の晩御飯も考えもの、続く日々の具体的な対処方法を紹介しています。

 

 

 


何もしたくない日の晩御飯も考えもの、続く日々の具体的な対処方法


 

| 1.しなければいけないことが多過ぎ、疲労困憊してしまった

本当にやる事をリストアップするということ。何もしたくない日々は、しなければいけないことが多過ぎ、疲労困憊してしまったというもの。

そうしたときは、予定の管理方法を見直しリスト化してみると、やる事にフォーカスしやすくなります。こうして自らの負担を少しでも減らすことで、力を使い切り何もしたくない日が続くことを防ぎます。

 

| 2.体内時計を整えるだけでも生活にメリハリが付くことに

生活習慣を規則正しく過ごすということ。食事を摂らなかったり徹夜が続いたりすると、身体にとっては大きな負担になるもの。

体調が充実してない時は気持ち自体も沈んでしまうので、なるべく生活リズムを規則正しものにするよう心掛けてみるのも良い方法の一つ。体内時計を整えるだけでも生活にメリハリが付き、何もしたくないという感情も減っていくことに。

 

| 3.何もしたくない日々は、自己肯定力が低下しているもの

1日当たり1つの目標を持って、活動するということ。自覚している自分自身が嫌だなと、何もしたくない日々は自己肯定力が低下しているもの。

1日にたった1つの小さな目標を持ち、今日もやれることが増えたと思えるだけで、自信やモチベーションUPに繋がります。何か1つ達成できた際、自分にご褒美を差し出すようにすると、達成感を味わえるほか無気力状態からも抜けでることに。

 

| 4.映画鑑賞をしたりゲームをしたり、楽しいけど無理しない

何も考えず、出来ることをするということ。何もしたくない気持ちが蔓延しているときは、負担が掛かる作業や仕事をするのは好ましくないもの。

特に、急いで仕上げなければならないことを考えるのは、何倍にも疲れた気持ちを増加させます。こうした時は何も考えないで過ごせることをしてみる方がベターで、映画鑑賞をしたりゲームをしたり、楽しいけど無理しないことがポイント。

 

| 5.専業主婦などの場合は、気持ちを溜め込んでしまいがち

信頼できる人物に相談し話をするということ。ストレスや悩みが原因で何もしたくないと感じている時は、信用のおける人物に相談してみるのも方法の一つ。

自身の状態を第三者の視点で見てもらうことで、頑張り過ぎていたり甘えた方が良いなど、具体的アドバイスが貰えます。特に、専業主婦などの場合は、気持ちを溜め込んでしまいがちということもあり、同じ立場の人に相談すると気分も上向くことに。

 

 

 


独り暮らしに学ぶのもいいこと、割り切りたい何もしたくない日の夕飯


 

| 1.便利な考え方が、とりあえずある具材を焼くか煮るかする

家にある食材で何とかしたいという場合。買い物にも行きたくないという日、そんなときはストックしてある食材で済ませるというもの。更に何もしたくない日は、少し材料が合わないと気にもなるので、レシピを調べるのも面倒になります。

そんなときに役に立つ考え方が、とりあえずある具材を焼く煮るかするということ。味付けは、照り焼きにしてみたり、ケチャップやポン酢に、めんつゆなど選り取り見取りで大丈夫です。

 

| 2.惣菜の素、買い置きすると何もしたくない日には大助かり

レトルトや冷凍食材、惣菜に頼るということ。夕食をレトルトにするのは抵抗が、そんな考えの人も少なくないかも知れませんが、みんな意外に使っているもの。現実に何もしたくない日には、レトルトカレーでも大丈夫で、ご飯の形を可愛くすると子供にもウケます。

最近は沢山お惣菜の素なども出ているので、買い置きしておくと何もしたくない日には大助かり。ほかにはお鍋の素を用意しておいて、家にあるものを何でも投入するというのもありです。

 

| 3.完全に何もしたくない日は勘弁して貰い作らないという

いっそ作るのをやめるという選択肢。前述はまだしも夕飯を作るという方向で進んでいたものの、完全に何もしたくない日は勘弁して貰い作らないというもの。

気力が湧かないので、外食もできずコンビニにも出掛けられないとき、とる方法は一つデリバリーを利用します。いつもあたふた晩御飯に頭を悩ませているのなら、たまに訪れる何もしたくない日にはいい方法かも。

 

 

 


何もしたくない日は仕事にも訪れるもの、無理を重ねない3つの考え方


 

| 1.肉体的にも精神的にも疲労が蓄積しているサインという

何もしたくない日は、サボっても良いということ。何もしたくないという日々は、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積しているサインというもの。

このような状況のなか更に頑張らないとと考えても、思い浮かぶような結果は出ず悪循環に陥ることも多くなります。何もしたくない日が続いた時は、今日は自らに甘えてサボる日と決め、ゆったりと休息してリフレッシュという考え方に。

 

| 2.自らの身を守るためにも本心に忠実になる考え方が重要

何もしたくない日には、自らの本心を選ぶということ。自分自身に嘘をつき続けることで、無理をし過ぎると病気になるかも知れないもの。

何もしたくなければ、自らに重圧を掛けないようにすることが必要で、追い込んでいくと更に動けなくなります。自らの身を守るためにも本心に忠実になる考え方が重要で、大事にしているとまた気力が戻ってきます。

 

| 3.辛い気持ちが大きくなるだけ、自分を甘やすという考え方

何もしたくない日々は、今まで頑張り過ぎた証拠ということ。やる気が出ない気分や辛い感情を感じた際は、自身を褒めることがポイント。

疲れたと感じたり何もしたくないと思うのは、これまでそれだけ頑張ってきたというもの。これ以上の無理をすると辛い気持ちが大きくなるだけなので、自分を甘やすという考え方も大事なこと。

 

 

 


何もしたくない日が続くのは負のスパイラル、考えられるその原因面


 

| 1.会社で同じ業務ばかりしていたり、主婦で家事ばかりする

日々に退屈しているということ。毎日が同じルーティンワークの繰り返しで退屈してしまうと、何もしたくない思いに囚われることがあるもの。

会社で同じ業務ばかりしていたり、主婦で家事ばかりしていたり、受験勉強を毎日していたりする学生など流石に気力がなくなります。

 

| 2.生理的不調を感じている時など、フィジカル面で億劫に

身体的疲労から物理的に動けないということ。フィジカルな疲労も何もしたくない、そんな気分に陥る要因の一つとなるもの。

体力を消耗し尽くすほど動いた後や、生理的不調を感じている時など、フィジカル面で動くことが億劫になります。

 

| 3.バーンアウト症候群に陥って、何もしたくなくなるもの

燃え尽き症候群ということ。何事かを成し遂げた後は、俗に言われるバーンアウト症候群に陥って、何もしたくなくなるもの。

仕事上で取り組んでいたビッグプロジェクトを終わったり、長年に渡り続けた努力が報われたりする、頑張った反動からくる気力の減退。

 

| 4.問題解決が見込めない場合、この状況から逃避したいと

今ある状況から逃避したいということ。大きな悩みを抱えていて問題解決が見込めない場合、この状況から逃避したいと思うもの。

ストレスも強くなることで全てに対し気力が湧かず、この場から逃避したい衝動や消えたい思いが出てくることに。

引き寄せの法則で、何もしたくない日を脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

長い人生の中では誰しもが経験すること。ここでは、何もしたくない日の晩御飯も考えもの、続く日々の具体的な対処方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。