我慢できない人の特徴や心理を把握すること、改善して治していく方法


暮らしの中で我慢できないこともあるもの。代表的なものは歯の痛みや目のかゆみなど、身体的な部位によってもさまざま。

ただ世の中には我慢できない人というのもいて、よくあるのが飲食店などで並んだり、待たされたりするのが苦手というもの。

とにかく性格的に短気なところがあり、並んで待つということ自体に苛立ちます。何事も期待を持って待つということができないので、アミューズメントパークや人気店の列に並ぶことができません。

ほかにも食欲を我慢できない人やギャンブルやアルコールなど、辛抱することが出来ない人は大勢います。こんな我慢出来ない人は病気ということもありますが、もう少し落ち着けたらと悩んでいる人もいるもの。

ここでは、我慢できない人の特徴や心理を把握すること、改善して治していく方法を紹介しています。

 

 

 


我慢できない人の特徴や心理を把握すること、改善して治していく方法


 

| 1.そんな考えの癖をつけること、自然と我慢ができるように

我慢することで手に入るメリットを考える習慣をつけるということ。心理学にはマシュマロテストと呼ばれる実験があるもの。子ども前にマシュマロを一つ置き食べるのを少しの間我慢すれば、一定の時間が過ぎるともう一つ貰え、自身が更に得になるというテスト。

これと同様、実際に食べるのを我慢したり、買い物を我慢したりすることで、ダイエットが成功したり、将来に備えて貯蓄ができたりします。

我慢することによりどういう風なメリットがあるのか、そんな考えの癖をつけることで、自然と我慢ができるように。

 

| 2.習慣になるよう取り組むことで、意志力も筋力と同じに

一つでも継続し続けるものを探すということ。継続して物事を成し遂げることで意志の力が強くなり、我慢強さに繋がるというもの。なので、何か一つの物事を継続して続けるようにします。同じことを3週間ほど継続すると、習慣になるとされています。

運動をすることで基礎的な体力がつくのと同様、物事を習慣になるよう取り組むことで、意志力も筋力と同じように付くことに。

これが我慢強さや忍耐力へと繋がるので、気まぐれなタイプの人は、何か一つでも続けられる事を見つけるのがポイント。

 

| 3.頑張ることも大事なこと、過ぎたるは猶及ばざるが如し

リフレッシュしてストレスが蓄積しないようにすること。ストレスを感じると意志の力が弱まりゆとりがなくなるので、普通に我慢ができることが少なくなるもの。

身体がストレス発散を要求するので、毎日走るという目標を決めていたとしても、休養を優先させさぼりがちに。先ずは、ストレスが溜まらないようにすることが大切で、仕事をしている人なら、手っ取り早くできる癒しの趣味を作るのがベター。

頑張ることも大事なことですが、過ぎたるは猶及ばざるが如しなので、息抜きの時間も取り入れストレスを解消。

 

| 4.苦手な場合、タスクやタイムスケジュールをリストアップ

いつも時間や心にゆとりを持ち、日々の生活を過ごすということ。毎日の暮らしのなか心に余裕がなければ、またやってしまったと我慢ができないもの。

なので、いつも時間だったりや心の中に余裕を持って日々過ごすようにします。苦手な場合は、タスクやタイムスケジュールをリストアップ。一緒に自身がストレスに感じていることを上げておくと、物事を客観的に分析できるようになります。

不可欠なタスクを先延ばしにすればストレスにもなる他、時間が足りず苛立つことになるので、なるべく早く済ませます。

 

 

 


我慢できないのは発達障害かもしれない?その詳しい理由や要因など


 

| 1.生まれた時からの価値観なので改善はしにくいことにも

周りに甘やかされて育ったということ。自らの欲望はすべて周囲が叶えてきてくれたので、それが当然のようになり我慢のできない人物になったというもの。

これは、親が甘やかし過ぎて本人の努力なしに何でも与えたり、いけないことをしてもきちんと叱ってこなかった事が原因。

自己中心的な考えになっていますがが、何か不都合なことがない限り、生まれた時からの価値観なので改善はしにくいことにも。

 

| 2.辛い目に出会わなかったか、または逃げてきたことが原因

何とかなると過信しているということ。基本的にこれまでは周囲が折り合いをつけることで、何とかなっていたケースというもの。

挫折知らずの当人はそれを勘違いし、何とかなるだろうという人生観を持っているので、我慢ができない状態に。この過剰な自信は、これまで乗り越えられない壁や辛い目に出会わなかったか、または逃げてきたことが原因。

 

| 3.自覚して積極的に解消するなど対処していないのが原因

ストレスが蓄積していて、我慢する心の余裕がないということ。職場で上司から圧力を受けたり、クレームが出てきたりすると消耗していくもの。

そのストレスを発散するため我慢が足りないと言われる行動に出たり、心のエネルギーがなくなり意気消沈することが。ストレスの原因に気づいていないことや、自覚して積極的に解消するなど対処していないのが原因。

 

 

 


我慢出来ないのは性格からきているもの?覚えておきたいその心理面


 

| 1.少し甘えた考えで、どうにかなるだろうと思っています

我慢しなくても平気だと思っているということ。ダイエットが必須の太っている体型にも関わらず、甘いものなどを我慢ができない人がいるもの。

要するに現状の認識が甘く、少し甘えた考えでどうにかなるだろうと思っています。これは本人の思慮が浅いのか、または知識が足りないのか、自らの行動の不味さに気づけないパターン。

 

| 2.自らが何かを堪えて譲ったりしなくても良いと考えている

我慢する必要性がわからないということ。厳しい躾けを受け育ったのであれば、先方が迷惑だと思う振る舞いは、辛抱して慎むようにできるもの。

我慢できない人というのは、持ち上げられた環境で成長した傾向にあり、自らが何かを堪えて譲ったりしなくても良いと考えています。第三者の視点でものを見ることができないので、なぜ我慢する必要性があるのかが分かりません。

 

| 3.本気で欲しくなかったという考えから、我慢しないという

我慢できる程度の欲なら、本気でないと考えているということ。逆説的ですが、どうでもいいと考えているため、我慢できない人がいるもの。人間はすぐには手に入らないけど是非とも欲しい、そんなものを胸の内に精神的にも人格的にも成長していきます。

ただ理性で抑えられる程度の欲であれば、本気で欲しくなかったという考えから、我慢しなくてもという都合が良い考えになる人も。

 

 

 


我慢出来ない大人というのは恥ずかしいもの、知っておきたいその特徴


 

| 1.テンポが合わないと、苛立って我慢ができなくなるもの

短気な性格で、すぐ結論を出そうとするということ。せっかちな人はマイペースで物事を進めたいので、テンポが合わないと苛立って我慢ができなくなるもの。

色んなタイプの人がいるというのもそれ程頭になく、またプロセスを大事にするという気遣いが欠けていることも。こんなせっかちなタイプの人は、心にもゆとりがない場合も多く、我慢ができない人に通じる特徴の一つ。

 

| 2.さまざまな考え方、視野を広く持った思いに至りません

視野が狭く、他人の意見や助言に耳を傾けないということ。自らを客観視できないことや、世の中のことをよく分かっていないというもの。

本人には我慢ができないという自覚がなく、他人の忠告や意見にも耳を傾けないので、ある意味忍耐力がないだけの人よりも苦労することに。

これまでに積んだ経験が少なく、世の中にはさまざまな考え方があるという、視野を広く持った思いに至りません。

 

| 3.思うがまま突き進むことが多く、当然のように周りと衝突

自己中心的で相手方の立場になり、物事が考えられないということ。甘やかされて育った人物に、多く見られる性格が自己中心的というもの。

相手の立場で考えれば、これをすると迷惑するだろうとか、損をするので止めようということになります。但し、自己中心的な人物は先方に対して思い遣りがないので、自らの思うがまま突き進むことが多く、当然のように周りと衝突も。

 

| 4.通らないのは、周りと協調性を持ち働いていれば分かる

我が強く自らの意見を押し通そうとするということ。自身の意見がそれほど通らないのは、社会で周りと協調性を持ち働いていれば分かるもの。

他人の存在はもちろんのこと、環境や状況が自分自身の意見を許さなかったり、困難にさせている局面もあるはず。そんな時でも我を無理に押し通そうとする人は、周囲の人たちと折り合いをつけることができない我慢のできない人物。

引き寄せの法則で、我慢できないを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

待たされたりするのが苦手というもの。ここでは、我慢できない人の特徴や心理を把握すること、改善して治していく方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。