解せないということを理解することが大事、そういった人物の改善方法


身の回りを見渡してみると、解せない人がいるもの。会話などで相対している最中に、人の気も知らないでと思ってしまうこともあります。

解せないはかいせないでも良いようですが、通常はげせないと読み、納得がいかないだったり理解できないという意味合い。そんな人が身近にいると、傷付くことを平気で言ってみたり、人の心に土足で踏み込んでくるような真似をしたりと困惑することになります。

こういった、ちょっと考えられない振る舞いをする人物は、男性でも女性でも周囲に少なからずいて驚かされます。もちろん人の気持ちを把握するのは簡単ではなく、思い遣りということの大切さを実感させられることに。

ここでは、解せないということを理解することが大事、そういった人物の改善方法を紹介しています。

 

 

 


解せないということを理解することが大事、そういった人物の改善方法


 

| 1.状況を想像し、どんな気持ちかや何が言いたいのかを掴む

相手の立場になり考える癖をつけるということ。育った背景や家庭環境が異なると、同じに見えても個人で違いがあり胸の内は理解不可能というもの。

なので、イマジネーション力を働かせ、相手の立ち位置になり考える癖を身に付けることがポイント。立場や状況を想像し、どんな気持ちかや何が言いたいのかを掴むことで、解せない人から脱却することができます。

 

| 2.後悔する以前に、頭の中で再度まとめてみるというもの

発言をする前に、言うべきか頭の中で一旦考え直すということ。また言ってしまったなどと後悔する以前に、頭の中で再度まとめてみるというもの。

思ったことをそのまま口にしたり、要らないことを口走ったりして、話を中断さることがあるかも知れません。更に、それが切っ掛けで相手を傷付けてしまうこともあるので、発言をする前にひと呼吸おいて整理して話すのが効果的。

 

| 3.個性だったり性格も異なれば背景や事情も違って当然で

自らの主観で相手のことを判断しないということ。周囲の状況というのは刻々と変わるので、発生していることや遭遇したことだけで先方を判断するのは要注意。

個性だったり性格も異なれば背景や事情も違って当然なので、先方の気持ちが理解に苦しむこともあるもの。なので自身の見解だけで判断したりせず、物事の本質だったり相手側の心情を確かめるように意識すると、解せない人から脱却。

 

| 4.全体像が見えてこない、本当言いたいことが聞き取れずに

人の話はちゃんと聞き、判らなければ再度聞くということ。先ずは人の話をきちんと聞きそれから話すことが、他人の気持ちを理解するための一つの方法というもの。

解せないが浮かぶ人物は、話を聞いている最中に知っていることが出ると、つい割り込んで話を遮ってしまうことも。途中で話を中断した場合、全体像が見えてこないため、本当言いたいことが聞き取れずに終わることもあり、分からないところは聞き返すようにします。

 

| 5.一人でいるのが楽ちん、そんな人物も珍しくありません

周りの人たちと積極的に触れ合うようにすること。自分の経験から一人でいるのが楽ちん、そんな人物も珍しくありません。

しかし、独自の世界に閉じ籠りがちでは、何時まで経っても他者の気持ちは理解できず、解せない人と評判になることに。最初の一歩を踏み出して周りの人たちと触れ合う時間を設け、気持ちを理解しようとすることで視野も広がります。

 

 

 


解せないことが多い人物は困りもの、役にたつ上手な接し方や対処法


 

| 1.虫の居所が悪かったりする、思ってもないことを口走しる

先方の行動や言動を逐一真に受けないということ。いちいち気にしないというのも、解せないとされるタイプの接し方の一つ。

人間は完全に気持ちを制御することは困難で、虫の居所が悪かったりすると、思ってもないことを口走しることがあるもの。なので、ひょっとすると自らの気持ちを伝えるため、怒ったような発言をしたと善意に受け止めます。

 

| 2.その時の感情についての解説をしたりすることの必要性が

明確に自らの意図を伝えるということ。解せない人物は、何故怒られているのかという理由が理解できないもの。

なので、状況や事態の場面の説明をしたり、その時の感情についての解説をしたりすることの必要性が出てきます。逐一説明するのは面倒臭いと端折ったりしないで、きちんと伝えれば解せないことも少なくなることに。

 

| 3.過去のことは気に留めにくい、なるべくタイミング良く

積極的にコミュニケーションを図るということ。解せない人と会話するのは、自らの気持ちを理解して貰うための対処法の一つ。後になって、実はあの時の感情はと言うより、その場その場で分かりやすく伝える方が効果的。

解せない人物というのは過去のことは気に留めにくいので、なるべくタイミング良く自らの気持ちを伝えます。

 

 

 


解せないですねと言われることも多々あるもの、そうした人の心理面


 

| 1.一般的に、自らの意見だけを押し通すのは遠慮するもの

相手方の意見に純粋に興味が湧かないということ。他人の心に寄り添える人物は、相手がどういう風に思い言っているのか、考えながら会話をしているもの。しかし、解せない人物は相手の発言自体に関心がないため、自分勝手に行動します。

一般的に、自らの意見だけを押し通すのは遠慮するものですが、解せない人は相手の意見を聞く耳を持たず、気遣いや配慮もしません。

 

| 2.そんな原因は真剣に悩みを打ち明けている人や友人に対し

何も考えず発言や行動をしているということ。解せない人物は親密な友人や信頼できる人が少なく、表面的な付き合いしかできないというもの。

そんな原因は真剣に悩みを打ち明けている人や友人に対し、発言したり行動したりを何も考えずに繰り返すから。そのため、信頼関係を築いて深い内容の話をする人が周りにいません。

 

| 3.当然至極と思っている、周りの人たちからは上から目線で

相手の配慮や応対が当然だと感じているということ。こうしたことが重なれば、人の気持ちが分からないことに繋がり解せない人に。

相手の気遣いが当然至極と思っているので、周りの人たちからは上から目線で見ているようにも感じます。自己中心的に物事を見る心理状態もあり、周り人たちの気遣いや応対が標準だと思い込むことにも。

 

| 4.相手の気持ちが引いている、そんなことは考えないもの

自らの言動や振る舞いに対し、相手が嫌っているとは感じていないということ。相手の気持ちが引いている、そんなことは考えないもの。

あるケースでは、相手側の表情が曇ったりすることや、拒絶反応を示したりしていることがあります。それを目の当たりにしても、自身の行動や言動が原因だとは考えず、嫌悪されているなどは全然思わないことに。

 

 

 


解せないは理解不能と並び立つこともあるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.自身の意見や考えを押し付けることがあるのが特徴の一つ

コンプレックスを平気で指摘するということ。人間は誰しもその大小問わないで、コンプレックスを持っているもの。話題にするのも嫌なことでも構わず、自身の意見や考えを押し付けることがあるのが特徴の一つ。

自らのコンプレックスに対し、押し付けられる考え方や意見は受け入れがたいもので、本当に解せない人と思われることに。

 

| 2.自分がしている話を最後まですることのほうが大切なもの

他人の指摘に耳を傾けず、意図を汲み取ろうともしないということ。人の話を聞かず、自分がしている話を最後まですることのほうが大切というもの。

解せない人というのは、直した方が良い改善点を指摘された場合、聞かないどころか怒ってしまうことも。自らの考えに固執し、アドバイスをしてくれる人物の意図も考えないので、謙虚になれないのかも知れません。

 

| 3.いじめられたことやパワハラなどの体験が関係している

基本的に単独行動を好むということ。一人で行動することが好きなタイプの人は、友人が少なかったり欲しいと思わないもの。

過去にいじめられたことやパワハラなどの体験が関係していることもあり、人との関わりを避けたい感じていることも。他の人といることが面倒臭く感じ、むしろ一人でいたり孤立していたりの方が楽に思う、そんな点も解せないところ。

 

| 4.分からない場合、話して欲しいと尋ねたりすることさえも

自己中心的で協調性が足りないということ。相手を大切に思えば当然のように気持ちを考えてみたり、理解しようとするもの。

その気持ちが良く分からない場合、話して欲しいと尋ねたりすることさえもあります。ただ、自己中心的人物は、自らがいつも一番になってしまうので、他人の心情はそれほど考えません。

引き寄せの法則で、解せないことを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

納得がいかず理解できないという意味。ここでは、解せないということを理解することが大事、そういった人物の改善方法を紹介しています。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。