人の気持ちがわからない人の末路が気に懸かるもの、上手な付き合い方



身の回りにも、人の気持ちがわからない人がいるもの。傷付くことを平気で言ったり、気持を踏み荒らすような振る舞いをする人。

人の気も知らずに身勝手と思うこともありますが、人の気持ちを理解するのは手軽にできることではなく、気づかいの肝心さが身に染みることに。

もちろん人の気持ちがわからない人というのは病気や障害のこともありますが、多くの場合は相手のことを考えていない性質ということになります。

そうした人物は家庭をはじめ、職場や恋愛関係でも稀にいて、相手に同調することもないので、友達もできず離れて行ったりもします。こうした人の気持ちがわからない人の対処法というと難しいところですが、覚えておくと将来的にも役だつことに。

ここでは、人の気持ちがわからない人の末路が気に懸かるもの、上手な付き合い方を紹介しています。

 

 

 


人の気持ちがわからない人の末路が気に懸かるもの、上手な付き合い方


 

| 1.自らの気持ちを伝えるため、怒った発言をしたという風に

ことさら真に受けないということ。いちいち気にしないというのも、人の気持ちがわからない人との関わり合いの一つの方法。

完璧に気持ちを制御できる人はいないので、思ってもみないことを口走ったり、腹の虫が治まらないこともあります。こういう場合は、相手は自らの気持ちを伝えるため、怒った発言をしたという風に考えるのが上手な付き合い方。

 

| 2.何故怒っているのか、その理由自体を理解できないもの

明確に意図を伝えるということ。人の気持ちがわからない人は、何故怒っているのか、その理由自体を理解できないもの。なので、状況や事態の局面を説明したり、その時沸き上がった感情の解説が必要になることに。

逐一説明するのは面倒臭いと省略したりせず、明確に細かく伝えることで、人の気持ちがわからない人にも上手に気持ちが伝わります。

 

| 3.自身の思惑通りのリアクションが返ってくるのを期待する

言葉だけでなく、仕草や表情を観察するということ。人間というものは、相手側から自身の思惑通りのリアクションが返ってくるのを期待しがち。

言葉が少々乱暴になっていても、相手側の表情をきちんと観察しながら会話すれば、言葉の裏側にある真の意味を理解できます。

相手の言葉そのものに一喜一憂しないで、仕草や表情を合わせ判断するように心掛ければ、本心が垣間見えるかも知れません。

 

| 4.通じ合う体験ができれば、自らの人生において豊かな喜び

知りたいと思う心を大事にするということ。人の気持ちがわからない人を反面教師に、分かるようになりたいと感じた心を大事にするというもの。

心の繋がりは人間の最も根幹的なところで、相手の気持ちを知り仲良くなりたいと感じるとき、自身より良い方向に変える切っ掛けに。人の気持ちがわからない人であっても、通じ合う体験ができれば、自らの人生において豊かな喜びともなります。

 

| 5.ミラーリング会話をすることでワンクッションを置くのも

言葉をオウム返しするということ。時には人の気持ちがわからない人の言葉を、繰り返してみるのも効果的な対処法の一つ。

これは話す力を高めるため必要な基本的会話の繰り返し話法と呼ばれるもので、安心感を先方に与え次の会話がスムーズいきます。

話し始めから先方の真意が掴めるまで少し時間が掛かるものですが、こんなミラーリング会話をすることでワンクッションを置くのもポイント。

 

| 6.先ずは自らの情報を少し披露するのが上手な付き合い方

オープンな態度で接するということ。進んで相手側に自らのことを話す自己開示は、心理学でも初歩で学ぶ方法の一つというもの。

これを使用して会話すると、先方も自身のことを話しやすくなり、そこを突破口に気持ちを理解することができるようになります。

人の気持ちがわからない人のことで悩むくらいなら、先ずは自らの情報を少し披露するのが上手な付き合い方の一つ。

 

 

 


人の気持ちがわからない人の致命的理由もあるもの、その心理的状況


 

| 1.親密な友人が少なく、表面的な付き合いしかできない面が

何も考えず発言や行動をするということ。本質的に人の気持ちが把握できない人物は、信頼できる人物や親密な友人が少なく、表面的な付き合いしかできない面があるもの。

周りに信頼できる人物や親密な友人が少ない要因は、深く考えもせず意見を言ったり、思うことなく行動をしているから。

真剣に悩んでいる人に対しても、考えないで発言したり振舞ったりを繰り返すので、深い信頼関係を築くことはできません。

 

| 2.どういう風なことを思い発言しているのか、頭の隅に置く

本心から相手の意見に関心がないということ。寄り添える人というのは、相手側がどういう風なことを思い発言しているのか、頭の隅に置きながら会話をするもの。

人の気持ちがわからない人物は、相手側の発言に関心が薄く、気持ちを考えることなく行動します。相手の意見や考えに聞く耳を持たないので、人の気持ちが判らない人物は、心遣いや配慮をまったくしません。

 

| 3.当たり前という考え方が、人の気持ちが分からないことに

相手側の配慮や対応を当然と思っているということ。こうした当たり前という考え方が、人の気持ちが理解できないことに結び付くもの。

周囲の配慮や対応を標準と捉えてしまい、独善的に物事を見ていることで、上から目線の発言が多くなります。他人への配慮は単一方向ではないので、気遣われている側も一生懸命に思い遣りを持って対応することもあり注意が必要。

 

| 4.拒絶反応を示していたり、考えるまでもなく表情が曇る

全然嫌がっているとは考えないということ。他の人の気持ちを掴めない人の心理状況として、相手側の反応を見て嫌がっているとは思わないもの。

時には、拒絶反応を示していたり、考えるまでもなく表情が曇ったりしていることもあります。それでも、人の気持ちがわからない人は自らの行動や言動が原因とは思わず、嫌がっているとはまったく思っていません。

 

 

 


周りに流されない軸があることも、人の気持ちがわからない人の特徴面


 

| 1.自らの意見を中心に気にもしないで考え方を押し付ける

先方のコンプレックスを平気で指摘するということ。人間は誰しもコンプレックスを抱えているもので、会話するのも嫌なことがあるもの。

なのに、人の気持ちがわからない人は、自らの意見を中心に気にもしないで考え方を押し付ける傾向に。当人はアドバイスのつもりでも、コンプレックスがある部分に関して、押し付けたような意見は受け入れがたいもの。

 

| 2.自己主張が強過ぎて他の人の話を聞かないのが当たり前

指摘に耳を傾けないということ。人の気持ちがわからない人は、自己主張が強過ぎて他の人の話を聞かないのが当たり前というもの。

人から受ける指摘などより、自らのことを話したり、現在している話を最後まで通すことのほうが大事。なので、直すと良いと思われるところや改善点などを指摘されると、聞かないばかりでなく怒り出すことにもなりかねません。

 

| 3.いじめを受けていたり、パワハラ等の体験が関係している

基本的に単独行動を好むということ。一人の行動が好きなタイプの人は、友人が少なかったり、欲しいとは思わないもの。

人との関わりを避けたいと考えているのは、過去にいじめを受けていたり、パワハラ等の体験が関係していることもあります。他人と過ごすのを面倒と感じていて、孤立している方が楽だと思うので、人の気持ちが判らないということに。

 

| 4.相手と合わせる気も失って、仕事や恋愛面も一方通行に

仕事や恋愛のどちらも相手と合わせる気がないということ。自信はこう考えていると思い込んだら、他人の意見を聞こうとは思わないもの。

こうした気持ちがエスカレートすると、考え方や意見が異なるだけで、他の人を判断することになります。更に人の意識が低レベルと考えるようになり、相手と合わせる気も失って、仕事や恋愛面も一方通行に。

引き寄せの法則で、人の気持ちがわからない人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

気持を踏み荒らすような振る舞いの人。ここでは、人の気持ちがわからない人の末路が気に懸かるもの、上手な付き合い方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。