自己優先の姿勢は嫌われるもの、好意を持たれ会話下手を克服する方法



身の回りにも会話下手な人がいるもの。人と話すことに苦手意識があり、会話に自信を持てず上手く思いを伝えられない人物。

SNSが全盛の現在では、自ら話しかけるなどの伝統的なコミュニケーションが不得手という人も増えています。

更に、学生生活では同年代と喋るだけで良かったのに、社会人になってから色々な性別や年齢の人と話す機会が増え、苦労を背負いこんでいる人も数多くいます。

こうした会話下手になった人がいる一方、逆境をものともせず様々な人とコミュニケーションし、楽しく仕事をしている人たちがいるのもまた事実。

なので将来に向け、会話下手の原因や特徴をしっかり掴んで改善していくことが大切。

ここでは、自己優先の姿勢は嫌われるもの、好意を持たれ会話下手を克服する方法を紹介しています。

 

 

 


自己優先の姿勢は嫌われるもの、好意を持たれ会話下手を克服する方法


 

| 1.テクニックや、話題の豊富さなどは気にしていないもの

視点を変えるということ。本当の話し上手というのは、会話を意識したテクニックや、話題の豊富さなどは気にしていないもの。

重視しているのは視点で、自身が話すことが相手に役立つのかや、面白いテーマなのかという感覚です。

会話下手なタイプは、上手く話そうとか失敗したくないなど、自らがどうあるべきと意識が自分に集中しています。

話し方の巧拙は脇に置き、相手側に向けた姿勢で一生懸命に喋ることで、好感も持たれもっと話を聞こうと思って貰えることに。

 

| 2.声の調子など、相手側の雰囲気に強い影響を受けるもの

見た目が大半と考えるということ。人間は話しの内容より見た目や声の調子など、相手サイドの雰囲気に強く左右されるもの。

目は口程に物を言うという諺もあるように、話す姿勢を相手に対するために、見た目なども相手に向ける必要があることに。

最も有効な手段は笑顔で話すということで、話しの内容よりは見た目が重要で、その大半で相手の印象も決まります。

 

| 3.プレゼントを渡す際、即興では贈り物は買わないのが当然

会話を誕生日プレゼントと捉えるということ。相手に意識を向けると言われた場合、具体的なイメージが湧かない人も多くいるもの。

そんなときは会話を誕生日プレゼントと捉えることが大切で、大切な人にプレゼントを渡す際、即興では贈り物は買わないのが当然。

誕生日の相手のことを思い、一番喜んで貰えると考える品物を用意しますが、会話もこれと同じことです。

相手に興味を持ってもらえる話や喜んでもらえる話、それは何かを考え会話の前に話題を準備することが、会話下手を克服する方法の一つ。

 

| 4.噛み合わない人がいて、それは相手とのリズム感に問題が

会話を餅つきと捉えるということ。同じ内容の話でもスムーズに話せる人と噛み合わない人がいて、それは相手とのリズム感に問題があるもの。

会話は餅つきと同じで、そのリズムや間がとても重要で、どちらかが一方的に喋るのではなく、相手側の理解度に合わせる工夫が必要。

リズムが乱れると会話の流れも悪くなるだけでなく、自らの印象も悪くなるので、相手側とのリズムを合わせることを意識。

 

| 5.言い換えることで、苦手は得意ではないという風に転換

ネガティブ言葉を言い換えるということ。人間は否定的な言葉を使う人物を避ける傾向にあり、後ろ向きのことばかりの人とは付き合いたくないもの。

とはいっても、すべての会話を無理矢理にポジティブに話すというのも不可能ということに。

なので会話下手を克服する方法の一つがネガティブ言葉を言い換えることで、苦手は得意ではないという風に転換します。

同じ意味のことを話しても、言い換えるだけで相手が受けるイメージは正反対になるので、会話下手の克服に繋げます。

 

 

 


会話下手は恋愛でも大いに困るもの、最初に覚えておきたい基本的な事


 

| 1.学校も同じで、読み書きは教えても話し方の教育はない

話し方の基本ルールを教わる場がないということ。そもそも日本では以心伝心の文化が強く、日々顔を突き合わせたり、いわゆる飲みにケーションで会話をするというもの。

なので、海外のように正しいコミュニケーションの型を習得する場所もなく、会話下手になってしまっています。

海外のグローバル企業では、しっかり前を向き、堂々とした身振りと語り口で、説得力を持ち語り掛けることで、相手の心を動かすというお手本も。

学校も同じで、読み書きは教えても話し方の教育はなく、教師にしても誰も正しい会話の作法は知りません。

 

| 2.自分と同じ考え方の情報だけを取り込む傾向があるから

自分視点に縛られるということ。話すとは離すということで、自ら話したい内容は伝わり難いので、自分中心の視点を離すことから始めるというもの。

相手と心を繋ぎたかったり理解して貰いたいと思うのであれば、自身が言いたいことではなく、相手が聞きたいことを伝えなければなりません。

何故なら人間には確証バイアスというものがあり、自身が知りたいことや関係のある話など、自分と同じ考え方の情報だけを取り込む傾向があるから。

なので、相手が聞きたいことや知りたいことを見極めつつ、受け止めやすい緩い球でする対話のキャッチボールが、会話下手を脱却することに繋がります。

 

| 3.社会通念や文化的な制約に絡み取られ束縛されています

人目や同調圧力に縛られるということ。日本人に会話下手が多いのは、人目を気にして自身の言動を、周囲に合わせることが要求される同調圧力かも知れません。

更に、過剰な謙虚さや慎み深さを強要する謎のマナーなど、日本人は社会通念や文化的な制約に絡み取られ束縛されています。

こういった他人の目を気にして、言いたいことも言えない状況では、個人は萎縮し会話も下手になる一方。

この窮屈さをはじめ、他人と上手に繋がるノウハウの欠如などが、世界最低水準ともされる幸福感や自己肯定感に結び付く側面もあります。

 

 

 


会話下手は病気ということもある、直したいときに掴んでおく特徴面


 

| 1.自覚しにくいところですが、会話下手というのとは問題外

雰囲気が読めないということ。楽しい会話を複数でしている最中に、水を差すようなネガティブ発言をするというもの。

ほかにも話題をいきなり変更してしまうなど、まったく雰囲気を読めずに取り繕うこともしません。

本人に他意がなく自覚しにくいところですが、会話下手というのとは問題外であり要注意。

 

| 2.発言を批判されたり、思い違いを指摘されることを恐れる

プライドが高く、傷付くのに恐怖心があるということ。プライドが高い人物は、発言を批判されたり、思い違いを指摘されることを恐れるもの。

プライドが傷付いた体験を一度でもしてしまった場合、コミュニケーションを避けてしまうことになりがち。

痛手を被むることのないよう先手を打って、相手の上から目線で発言をしようとすることも。

 

| 3.相手と目が合う都度目線が泳いでしまうという人もいます

目線を合わせるのが不得手ということ。コミュニケーションに不慣れな人物の場合、見詰め合うのをどうしても避けてしまうもの。

会話は言葉を使ってするものですが、相手と目が合う都度目線が泳いでしまうという人もいます。

コミュニケーションでは目配せも重要なポイントの一つで、苦手な人は円滑な人間関係を構築するのも手間取ることに。

 

|  4.自分の自慢話ばかりせず相手側の話を聞く姿勢が肝要に

自らの価値観を押し付けるということ。自身の価値観を押し付ける態度も、会話上手とはとても言えないもの。

コミュニケーションの土台は連携にあるので、自分の自慢話ばかりせず相手側の話を聞く姿勢が肝要に。

価値観は個人的に色々と違うことを胸に刻んで、一歩譲る姿勢をときには持つことを心掛けます。

 

 

 

まとめ

伝統的なコミュニケーションが不得手。ここでは、自己優先の姿勢は嫌われるもの、好意を持たれ会話下手を克服する方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。