結婚願望ない女の末路も気懸かりなもの、後悔しないためのポイント



身の回りにも、結婚願望ない女性がいるもの。そういった女性は周囲から珍しく捉えられたリ、理解されなかったりすることも多くあります。

最近は女性の社会進出も進んでいて、結婚願望がなく独身でも気にならない、そんな風に考えている人が増えているのも事実。アラサーにもなると周りの人たちが次々に結婚していくのを尻目に、そうしたい気持ちが芽生えてこない独身女性も珍しくありません。

結婚願望ない女性は家庭環境からとも言われますが、付き合う男性からすると変わることを願うことにもなりかねません。

但し、結婚に焦る女性がいる一方、必ずしも結婚願望がないのは変ということではなく、正体を把握しておくことが重要。

また現在は結婚願望がないと考えていても、将来的に悔いる事例もあるので事前に注意点を確認することも大切です。ここでは、結婚願望ない女の末路も気懸かりなもの、後悔しないためのポイントを紹介しています。

 

 

 


結婚願望ない女の末路も気懸かりなもの、後悔しないためのポイント


 

| 1.40代になってくると、焦る心が出てしまうのが出産と

出産しなくても後悔しないかということ。30代や40代になってくると、焦る心が出てしまうのが出産というもの。子供が欲しいと思った際は、年齢的にリスクが増していることもあり、充分に検討したいところ。

自分自身の人生としては無論のこと、親などにもを見せなくて後悔しないか、再確認することが必要。そうした再確認をしておくことで、ここ一番という大事な年齢になったときも、余分な焦りを感じなくて済みます。

 

| 2.結婚していない友達が多くても、30代ともなれば一気に

周りを羨ましく思わないかということ。20代の頃は結婚していない友達が多くても、30代ともなれば一気に増えたりするもの。

一年の間に友達の結婚報告を度々聞くことで、気持ちを穏やかに保っていられなくなることもあります。例を挙げると、周りの友人が結婚した際、自身もすれば良かったなど、悔やむことがないか再確認することが肝要。

きちんと確認することで、結婚しない代わりに自らが何を大事に生きていけば良いも分かり、周りが結婚しても気持ちの平静が保てます。

 

| 3.老後の寂しさなどの不安定な要素は増えることにもなる

不安を老後に感じないかということ。現在は元気に働ける状況にあっても、年齢を重ねていけばそうはいかないもの。

段々と貯金額が減っていくことなど、老後の寂しさなどの不安定な要素は増えることにもなりかねません。若い間は平気でも年齢を重ねていった時、不安な気持ちに襲われないかも、前もって確認しておくことが重要。

事前にきちんと老後の生活を推測しておくことで、未来に向けた準備もでき、一人でいる自分自身に不安を感じなくなります。

 

| 4.勤め先の福利厚生により、経済的な負担が大幅に減らせる

彼氏がいた場合、結婚のメリットを考えたかということ。収入状況だったり勤め先の福利厚生により、経済的な負担が大幅に減らせるというもの。

扶養に入れば税金や社会保険等が得になり、企業によっては家族手当がでたり、家族用の社宅に入居できたりもします。更に、万が一の事故や病気などに遭った場合、夫婦で支え合えると考えれば、今後の人生でも精神的な安定が得られます。

意外と大きいのは結婚をしてしまえば、今後は結婚しないのという質問からの解放で、この厄介な質問は女性の方が悩まされるシーンは多いもの。こうしたことも踏まえ後悔のないようにします。

 

 

 


結婚願望ない女と付き合うのも苦労するもの、独身でもいいと思う原因


 

| 1.結婚すると旦那のために食事を用意しなければいけません

誰かとの生活に抵抗があるということ。自らの生活リズムが確立していた場合、一緒に誰かと生活をするのはストレスが掛かるもの。

自らの好きな時に食事をし、時にはデリバリーで済ませたいと考えても、結婚すると旦那のために食事を用意しなければいけません。今更、誰かの生活に合わせるのは無理と思っていることが、結婚願望がなくなる一つの原因です。

 

| 2.結婚の良さがイメージできず、身近な人の事例を参考に

結婚に良いイメージがないということ。結婚をしたことがない場合、結婚の良さがイメージできず、どうしても身近な人の事例を参考にするもの。

身近な人や親が離婚したなど、周囲から結婚のデメリットを聞いたり、そもそも自分自身が結婚に好印象を持っていないことがあります。こういった人物は恋愛はしても、結婚までは踏み込み難くなり、なかなか乗り気になれないことになりかねません。

 

| 3.幸せになったり、安心したいという理由で結婚をするもの

現在の生活に満足しているということ。人間というものは、現在に比べ幸せになったり、安心したいという理由で結婚をするもの。

現在の生活状況に不自由がない人のケースでは、アラサーなどになり周囲が結婚をして子供を産んでも、焦りはなくマイペースで現生活を楽しみ続けます。趣味などに自由に打ち込める現在の生活に満足していると、結婚を面倒臭く思い生涯独り身で良いと考えます。

 

| 4.そもそも再び恋愛をすることに、臆病になる傾向がある

過去の 恋愛にトラウマがあるということ。恋愛で心に深い傷を負っていた場合、そもそも再び恋愛をすることに、臆病になる傾向があるもの。

酷い振られ方をしたとか音信不通になってしまったなど過去のことを思い返し、デートをしても男性のことを信じられず早々には進展しません。

過去の恋愛にトラウマを持っているケースでは、幸せな未来を思い描き難く、結婚願望が薄れてしまうことになりかねません。

 

| 5.素敵な男性に出会ったら目移りしてしまいそうと考えて

一人の男性に絞りたくないということ。自らの心が移りゆく速度が早いと思っている女性は、一人の男性と長続きしないと思っているもの。

これまで何人も彼氏を変えてきた過去があったり、素敵な男性に出会ったら目移りしてしまいそうと考えているなどです。そもそも一人の男性と、生涯を共に過ごすという気持ちがないと、結婚願望は湧き上がってきません。

 

 

 


結婚願望ない女性は40代にも多いもの、掴んでおきたい詳しい特徴面


 

| 1.自分一人で充分楽しいし人生を謳歌していると考えている

個人的に自立しているということ。これは何も収入面だけに対して自立している、そんなことだけを指している訳ではないもの。

一人で生きていくのは寂しいなどとは思わず、自分一人で充分楽しいし人生を謳歌していると考えています。精神的にも自立している人は、結婚願望がそこまでなく薄い傾向にあります。

 

| 2.放っておいて欲しいタイプなので、一人でいる時間も大切

一人の時間が好きということ。皆と和気会い合いと騒ぐのも嫌いじゃないけど、どちらかといえば単独行動が好きというもの。

一人でいる時間が苦痛なので男性で間を埋めるタイプの女性もいれば、一人の気楽さが好きという女の人もいます。恋人はいらないとまでは思いませんが、放っておいて欲しいタイプなので、一人でいる時間も大切に思っています。

 

| 3.自由に生きている女性は結婚願望もないことがあります

男性に対して媚がないということ。男性に媚びず、自らが好きなメイクとファッションをして、生きている女性は格好いいもの。

男性を意識せず、自身が好きなモードなどに身を包み、自由に生きている女性は結婚願望もないことがあります。何故男性に好かれようとしないといけない、そんな思いが胸の内にあり、好きなことを貫いた方が良いと思っています。

 

| 4.追っかけは一生続ける、遠征は結婚したらできなくなる

大好きな趣味があるということ。好きなタレントの追っかけは一生続ける、でも遠征は結婚したらできなくなるというもの。

ほかにも、一人でふらりと海外旅行に行くのが何よりの人生の楽しみ、独身のうちしかできないと言われれば、独り身のままで良いと考えます。こういった独身だからできる大好きな趣味がある場合、結婚願望が遠のくことにもなりかねません。

引き寄せの法則で、結婚願望ない女を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

まとめ

理解されなかったりすることも多くある。ここでは、結婚願望ない女の末路も気懸かりなもの、後悔しないためのポイントを紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。