怠け者の意味を知り大逆転に繋げたいもの、甲斐性なしを脱出する方策



身近なところにも、怠け者と呼ばれる人がいるもの。つい作業を後回しにしてしまったり、勉強をさぼって時間に追われてしまう人物。

そんな自らに自己嫌悪を覚え、自分は怠け者と自己否定を繰り返すことになり、ますます作業や勉強が億劫になってしまうことがあります。

そうした怠け者は当たり前のように甲斐性なしに繋がることが多く、自覚した際は注意していかなくてはいけません。

怠け者という言葉の意味を見ていくと、idolやローファーなど聞きなれたものもあります。

アイドルは働いていないとか怠けたなどの意味を持つ英語ですが、 偶像や人気者などの意味を持つidolとは別の単語で、外来語としては同音異義語。

ローファーも元々怠け者の意味があり、靴紐がなくても着脱できるところから来ています。

ここでは、怠け者の意味を知り大逆転に繋げたいもの、甲斐性なしを脱出する方策を紹介しています。

 

 

 


怠け者の意味を知り大逆転に繋げたいもの、甲斐性なしを脱出する方策


 

| 1.ならないために必要なのは、現状維持と決然と縁を切る

現状維持は衰退と認識するということ。怠け者にならないために必要なのは、現状維持と決然と縁を切るというもの。

現状維持は現状に満足し安っぽく収まることで、結果から考えた場合は衰退と同じ意味になります。

甲斐性がある人物は失敗を繰り返し、思ってもいない成功を手に入れて来たので、怠け者を脱却し将来に向かっていくためには挑戦し続ける外はありません。

 

| 2.仕事量を抱えたりと、失敗に結び付きかねないものです

正確に己の力量を掴むということ。己を過大評価しているケースでは、処理しきれないほどの仕事量を抱えたりと、失敗に結び付きかねないもの。

怠け者は本来の実力が理解できていないこともあり、周囲の人たちに助言などを求め、どれほどのものか正確に把握するようにします。

己自身の力量を知ることで、できないものとできる事が怠け者も理解できるようになり、結果として周囲に迷惑をかけないことに繋がります。

 

| 3.ケースでは、無意味に作業時間も長くなり非効率という

スケジュール管理を徹底するということ。何にたいしても無計画に取り掛かったケースでは、無意味に作業時間も長くなり非効率というもの。

怠け者が陥りがちな、夜遅くまで仕事をした振りをしたり休日返上でだらだらするのを止め、スケジュール管理を徹底します。

長く働いていると満足感は上がりますが成果は低くなり、効率良く業務に向かう姿勢が、将来に向け怠け者を改善する方向に繋がります。

 

| 4.早くしいといけない事が後回しに、迷惑になることがある

優先順位を決めてから取り組むということ。何も考えずに仕事に取り掛かったケースでは、早くしないといけない事が後回しになるなど、迷惑になることがあるもの。

仕事などの業務関連は何から手を付けるか、予め優先順位を決めてから順繰りに組むよう心掛けます。

区別を付けて優先順位の高い作業から順次片付けていくことで、周囲も安心して任せることができ、怠け者の脱却へと繋がります。

 

| 5.働き者と呼ばれる人物は、己の欲望を上手にコントロール

己自身の欲望を制御する癖をつけるということ。働き者と呼ばれる人物は、己の欲望を上手にコントロールしているもの。

例を挙げると、健康の優先順位が高い場合、不健康な時間には食事はせず、仕事の順位が高い場合邪魔になる行動は自粛します。

目的を妨げる誘惑は無駄である、そういう風に理解して、欲望を己自身でコントロールできる人物を目指すことがポイント。

 

| 6.自己判断で進めると大失敗に繋がることがあるものです

周囲の人に不明な点は聞くということ。分からないことがあったり判断に迷ったケースでは、自己判断で進めると大失敗に繋がることがあるもの。

選択に迷ったときや不明な点は、遠慮せずに周囲の人たちに質問をする習慣を付ける事が大事で、格段にトラブルも少なくなります。

怠け者が陥りがちな身勝手な判断で曖昧に行動されるより、確認を逐一して貰った方が上司もありがたいもの。

 

 

 


怠け者の意味にはスラングもあるもの、注意しておきたい詳しい特徴面


 

| 1.面倒臭いことや厄介な物事が大嫌いなところがあるもの

稼ぐ気もなく収入が低いということ。怠け者と呼ばれる人物は、面倒臭いことや厄介な物事が大嫌いなところがあるもの。

金銭を稼ぐために何かを犠牲にするのは到底できないで、地道に手にするより借金をしギャンブル等をする楽な道を選択しかねません。

己に自信がないからこその現実逃避というもので、ギャンブルや宝くじなどの一攫千金しか頭には思い浮かびません。

 

| 2.天職でないなどの台詞を口走り、怠け者は転職を何回も

転職回数が中途半端じゃないということ。この仕事は天職でないなどの台詞を口走り、怠け者は転職を何回も繰り返すもの。

転職をして好機を掴むのではなくて、仕事自体が続かないので、ただ転職を繰り返していることにもなりかねません。

人間は頑張って努力するからこそ、己自身の希望する天職ともなる職業を手にすることができます。

 

| 3.何もしないで過ごす現状維持状態が大好きというものです

ほとんど上昇志向がないということ。怠け者と呼ばれる人は、何もしないで過ごす現状維持状態が大好きというもの。

己自身の手でチャンスを掴み取ったり、もっと高みに向かい努力しようなどという根性は全くありません。

大きな目的も持たず無作為に毎日を過ごすことが、最も時間の無駄と気付いてないのかも知れません。

 

| 4.持たないとばかり、本能の赴くまま金銭を消費するという

貧乏なのに無駄遣いをするということ。怠け者に見受けられるのが、宵越しの銭は持たないとばかり、本能の赴くまま金銭を消費するというもの。

若い時分にしたい放題やってやるなど、そうした思いを実践していると、すぐにお金も底をつきなくなります。

最終的に借金が膨れ上がることになるのは当然で、先ずは浪費することよりも稼ぐことが、甲斐性なしを脱出する方策というもの。

 

 

 


怠け者とは何かの意味を掴むことが大事、知っておきたいその心理状態


 

| 1.簡単に曲げてしまうのも怠け者に良く見受けられるもの

流されやすいという心理状態。一旦やると決定したことを、簡単に曲げてしまうのも怠け者に良く見受けられるもの。

己自身の心の奥底に明確な軸を持っていないので、己の言い分よりも周りの主張を優先しかねません。

怠け者の泣き処は、客観的に揺れ動く己の心の奥底に気付けないところで、目指すべきところが何処なのか分かっていません。

 

| 2.見られるのが、見栄っ張りな人がやたらと多い傾向がある

見栄っ張りという心理状態。怠け者に良く見られるのが、見栄っ張りな人がやたらと多い傾向があるというもの。

評価は常に人目を意識しているところがあり、ブランド品で服装を揃えたりするほか、飲食店で一丁前にボトルキープするなどします。

人一倍に承認欲求が強いことが理由ともなりますが、評価基準を己自身でなく、他人任せてしまっていることも多くあります。

 

| 3.過去の素敵なエピソードや武勇伝を幾度も話したがるもの

自慢話が大好きという心理状態。怠け者と呼ばれる人物は、過去の素敵なエピソードや武勇伝を幾度も話したがるもの。

こうした態度は案外に高収入で外見も良い、そんな雰囲気の男性なのに圧倒的にモテない人に見られます。

過去の華々しい栄光にいつまでも浸っていることをせず、もう一度今からスタートして高みを目指して欲しいもの。

 

 

 

まとめ

勉強をさぼって時間に追われてしまう。ここでは、怠け者の意味を知り大逆転に繋げたいもの、甲斐性なしを脱出する方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。