嫌われてるかもと思ってしまうのは不安に繋がるもの、逆転する対処策



ふとした瞬間に、嫌われてるかもと不安になることがあるもの。誰しも嫌われているのではと感じると、非常に憂鬱な気持ちになりかねません。

そうした要因は様ざまにありますが、匂いが臭かったり汚いなど、明らかに清潔感がないタイプは好意を持って貰うのは困難で、嫌われる対象にもなります。

但し、嫌われてるかもと感じる友達や彼氏等は思い込みの場合も多く、はっきりとした原因は分かりません。また職場などで、明らかに低い評価を自分だけが受けることもあります。

周りの人たちが上司に高く評価されているケースでは、自分自身が格段に低くなっていると、嫌われてるかもしれないと感じます。

なので、そうしたことにならないよう原因を掴み、改善するよう最善を尽くすことがポイント。

ここでは、嫌われてるかもと思ってしまうのは不安に繋がるもの、逆転する対処策を紹介しています。

 

 

 


嫌われてるかもと思ってしまうのは不安に繋がるもの、逆転する対処策


 

| 1.確認をしないで向き合うと、状況は一向に改善できない

嫌われた原因を考えるということ。嫌われてたという事実確認をしないで向き合うと、状況は一向に改善できないもの。

一旦距離を置き嫌われたのはどういった理由かを、自分自身でじっくり分析して見ることが大切。

原因が分かれば具体的な対応策も自ずと見えてくるので、理解もしないまま遮二無二に行動するのは得策ではありません。

 

| 2.自分自身が変わるための具体的な努力が必要というもの

思い当たった原因を改善していくということ。嫌われた原因が明確になって来た場合、自分自身が変わるための具体的な努力が必要というもの。

一旦嫌われると、どうしても改善しないということはなく、できない時は後の人生で良い人間関係を築くことは難しくなります。

努力を怠らない態度は、自らを磨き嫌われてる状況を変えていくだけでなく、周囲の人たちにも好印象を与えます。

 

| 3.原因が、実際は相手の悪い性格からきているというもの

嫌味を言われた際は、受け流すということ。嫌われてるかもと思ってしまう原因が、実際は相手の悪い性格からきているというもの。

何を言われても気にしないことが大事で、そんな人物と仲良くなる必要はないと考え、誠実な人を探す方が重要。

たとえ好きな人から嫌味を言われた場合でも、好きになった相手を勘違いしたと考えるくらいが丁度良いことになります。

 

| 4.理解して貰えた場合、一気に事態は好転するというもの

相手を褒めて歩み寄るということ。もし自分自身に良い部分もあることを理解して貰えた場合、一気に事態は好転するというもの。

嫌われているかもしれない明確な要素があっても、全ての箇所をを評価して貰えないということはありません。

相手のことを褒めたりして近寄っていき、自分自身に様ざまな長所が沢山あるということ、明確に見て貰えるようにします。

 

| 5.何故かを知る見分け方が、なかなか分からない場合もある

本人に直接なぜ嫌っているのかを聞いてみるということ。嫌っているのが何故かを知る見分け方が、なかなか分からない場合もあるもの。

そうした際は曖昧な気持ちに甘えず、相手に直接どう思っているのか、何故嫌っているのかを素直に尋ねることが重要。

ダイレクトに聞くのが困難なときはLINEやメールを使って尋ねるのも良く、傷付くこともありますが原因を知ることで逆転する対処策に繋がります。

 

 

 


色々な時に感じることもあるもの、嫌われてるかもしれないタイミング


 

| 1.変じゃないタイミングで、声が掛からないことがあるもの

同じコミュニティで、自分だけ誘われない時。特別な間柄でないときに、誘われても変じゃないタイミングで、声が掛からないことがあるもの。

同じコミュニティーに参加して何かのイベントがある場合、全員参加のはずなのに、自分だけが誘いが掛からないというケース。

そうした際はできる限り一緒にいるシーンを少なくする、そんなことも頭に思い浮かび、嫌われてるかもしれない気がして心配になります。

 

| 2.参加した場合、嫌われてるかもしれないと感じることが

仲間内の話に参加した際、周囲が冷淡だった時。グループの輪に入ったり話しのテーマに参加した場合、嫌われてるかもしれないと感じることがあるもの。

口に出してはっきりとは言いませんが、実際は傷付けないように配慮してくれている感じが、冷淡さを思わせる可能性もあります。

自らが入った途端に周囲の反応が非常に気まずい雰囲気になると、ひょっとして嫌われてるかもと不安になります。

 

| 3.話す機会があった場合、会話はさほど噛み合うことがない

作り笑いをされていると感じる時。嫌われてる感じがする相手と話す機会があった場合、会話はさほど噛み合うことがないもの。

更に、相手側が感情を隠すかの如く作り笑いをしていることがあり、互いが感情を表して話し合うというような雰囲気はありません。

会話の中でこうしたことが明らかに続くと、不安感も湧き上がり嫌われてるかもしれないと感じます。

 

| 4.取りたくない、そんなリアクションをされることもある

SNSの結び付きを拒否された時。時折り個人的なコミュニケーションは取りたくない、そんなリアクションをされることもあるもの。

仕事関係での付き合いがあったり職場が同じなど、親しくなる機会もある相手にLINE等の連絡先を聞いても教えてくれないケース。

こうした個人的な付き合いを拒否された際には、嫌われてるかもという気持ちになります。

 

 

 


嫌われてるかもと思う人には似たようなところがあるもの、そんな特徴


 

| 1.言葉を言わなかったり、態度をまったく示さないという

何かして貰った際、感謝の気持ちがないということ。日頃からほとんど感謝の言葉を言わなかったり、態度をまったく示さないというもの。

そうした人物は他人を気遣う能力のないというレッテルを貼られ、嫌われかねない低い評価しか受けられません。

感謝の言葉を口にしたり笑顔で気持ちを表すことは、嫌われないためには重要で外見からも判断できます。

 

|  2.言えますが、責任感を持っているかが注目されるという

責任転嫁をしようとするということ。職場関係の人にはありがちなことと言えますが、責任感を持っているかが注目されるというもの。

誰かに責任転嫁してしまう癖があると、ひょっとしてこちらに向くのではと、周りの人たちが感じて避けられやすくなります。

たとえ自らの責任にされなくても、誰かに失敗を押し付ける姿は、見ていて不愉快で嫌われることにもなりかねません。

 

| 3.作ろうとした場合、誰しも話したいと思わなくなるもの

身勝手な発言が多いということ。常に自分自身に利益があるような状況を作ろうとした場合、徐々に誰しも話したいと思わなくなるもの。

人間は公平な立場を望むことが根底にあり、自分勝手な発言や振る舞いは避けられる要因にもなります。

こうした身勝手な発言や行動をする癖があるケースでは、嫌われやすい人になりかねません。

 

| 4.その人物が自分自身をどう扱う可能性があるか分かるもの

他人の噂話や悪口が大好きということ。他者をどう扱っているかを知ると、その人物が自分自身をどう扱う可能性があるか分かるもの。

いつも他人の証拠のない噂話や陰口ばかりをしている人の場合、この人物は将来自分に対して、そうしたことをする可能性があると思います。

こうしたことが好きということは、相手に敬意を払えない証拠で、嫌われる人に見られる傾向というもの。

 

 

 

まとめ

非常に憂鬱な気持ちになりかねません。ここでは、嫌われてるかもと思ってしまうのは不安に繋がるもの、逆転する対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。