うまくいかない日の末路も気に懸かるもの、筋道を立てて乗り越える術



人生を過ごしている中で、うまくいかない日もあるもの。やること成すこと思うようにいかず、その日のうちに何度も嘆くような日。

いわゆる星の巡りが悪いのがうまくいかない日というもので、普通に暮らしていても誰もが経験するようなこと。

日々を楽しく前向きに過ごしたいとというのは多くの人が思うことですが、、羨むような人生を送れる人はなかなかいません。

逆に人間関係をはじめ仕事にしても恋愛にしても、上手く気持ちをコントロールできるときもあれば、とことん沈み込むこともあります。

そうした何をしてもうまくいかない日の原因が掴めれば、そんな日が再び訪れた際に何かしらの対応ができます。

ここでは、うまくいかない日の末路も気に懸かるもの、筋道を立てて乗り越える術を紹介しています。

 

 

 


うまくいかない日の末路も気に懸かるもの、筋道を立てて乗り越える術


 

| 1.続いてしまうと、どうしてもストレスが段々と溜まって

定期的にストレス発散をするということ。うまくいかない日が続いてしまうと、どうしてもストレスが段々と溜まってしまうもの。

そのストレスを上手く解消できない場合、苛立って精神衛生上も悪いので、定期的なストレス発散をすることで辛い気持ちを薄めます。

疲れたという感情は無論のこと、苦しい気持ちも軽くなるので、ストレス発散は非常に大切なポイント。

 

| 2.流れていて、その経過と共に人間は成長していくものです

暇な時間帯を作らないということ。絶え間なく時間というものは流れていて、その経過と共に人間は成長していくもの。

悲しいことや辛いことがあっても、無駄な時間帯を作らないようにして、行動を続けることが上手くいくようになる秘訣。

何もしていない状態は不安な物事が脳裏に思い浮かぶので、自然に忘れらるよう行動し続けることが何より重要。

 

| 3.続いた場合、親しい人や友人に心情を吐露するというもの

上手くいってる人物と付き合うということ。何もかもがうまくいっていない日が続いた場合、親しい人や友人に心情を吐露するというもの。

人生が上手くいっている人物と接することも重要で、どういった考え方をしているのかを意識してみるのが要点。

上手くいっている人物には、恋愛でも仕事でも何かと参考になるところがあり、考え方や行動を真似するのも筋道を立てて乗り越える術の一つ。

 

| 4.上手くいっていない物事をリセットする必要性があるもの

やりたいことだけをするということ。現在の状況から抜け出していくためには、上手くいっていない物事をリセットする必要性があるもの。

先ずは、己自身が苦しい思いや辛い思いをしていることを一旦横に置き、ネガティブな思考パターンを止めることが重要。

やりたいことだけをして凝り固まった思考をすっきりさせると、うまくいっていない日もスタートし始めます。

 

| 5.乗り越えられないケースでは、新知識を得る以外にない

上手くいかせるために学ぶということ。今のやり方でうまくいかない日を乗り越えられないケースでは、新知識を得る以外にないというもの。

今まで試してこなかった新しいやり方や考え方を身に付け、上手くいかないことばかりの物事を具体的に動かすようにします。

そうした学びは良い気分転換にもなり、集中して取り組んでいる最中は、嫌なことも忘れることができます。

 

 

 


うまくいかない日々はスピリチュアルも関係する、知っておきたい原因


 

| 1.陥っている人は、やりたいことが出来ていないというもの

嫌いなことをやっているということ。何をしてもうまくいかない日に陥っている人は、やりたいことが出来ていないというもの。

本当は己自身のしたいことがあるのに、我慢して嫌なことばかりを仕方なくやっていると、疲労感ばかりが溢れることにもなりかねません。

何かに向かって取り組んだ時も、苦しさが先立って諦めるなど、負の感情も溢れて何もかもうまくいかない日になります。

 

| 2.思い描くことは、大半がその通りになってしまうという

己に自信を持てないということ。人間の思い描くことは、大半がその通りになってしまうというもの。

頭の中で思い描いていると自然に行動などで表面にでるので、駄目人間などと否定的に考えていると、本当に何をしても上手くいきません。

頭の中で失敗ばかりをイメージしていると、行動にも移し難いので、結果を出せない人生ともなりかねません。

 

| 3.思考パターンのケースでは、何もかもうまくいかない日に

否定的な思考パターンということ。起こった物事を悲観的に受け取る否定的な思考パターンのケースでは、何もかもうまくいかない日になるもの。

良いことにしても悪いことにしてもマイナス感情が湧き上がるので、自然に己自身の欠点へと繋げてしまいかねません。

褒められた際も自己否定が強いので、実際には上手くいっている状態でも、己からうまくいかない日と感じている可能性もあります。

 

| 4.その時のことを明瞭に思い出すのがトラウマというもの

過去のトラウマを引き摺るということ。忘れたい物事が強烈に記憶に残り、その時のことを明瞭に思い出すのがトラウマというもの。

以前のトラウマは忘れたいと思うほど脳に強く刷り込まれ、似たようなシーンになると記憶が蘇ります。

こうしたトラウマを抱えていると、やること成すこと全部がうまくいかない日が来ることになりかねません。

 

| 5.少なくとも幸福を感じさせてくれるものが一つはあると

現在の幸福に気付いていないということ。身の回りで起こっている物事の中には、少なくとも幸福を感じさせてくれるものが一つはあるというもの。

周りのことが目に入らないケースでは、そこにある幸福にも気が付かず、うまくいかない日と勘違いしかねません。

良くない物事ばかりが続いている場合、些細な幸福に気づくことができないので、己は不幸な人間とネガティブ思考になりかねません。

 

 

 


うまくいかない日は仕事も進まないもの、知っておきたい駄目な行動


 

| 1.上手くいくとか大丈夫など、前向きに考えられないという

己を卑下するということ。自己肯定感が低いケースでは、取り組む事柄に対して上手くいくとか大丈夫など、前向きに考えられないというもの。

周囲の人たちから褒められて成長した人物は、自己肯定感も高くなりますが、そうでない場合は己は駄目人間と思いがちです。

こうした駄目人間と捉えてしまうパターンは、この先ずっとうまくいかない日が続くことになるので、自己否定は決してしないようにします。

 

| 2.どうなっても良いと破れかぶれになってしまいがちなもの

八つ当たりを他人にするということ。うまくいかない日は苛立ちも募り、どうなっても良いと破れかぶれになってしまいがちなもの。

但し、現在置かれている状況や環境に愚痴を言ったり、人に向かって憂さ晴らししても、決して良い方向には進みません。

八つ当たりは誰かを幸福にすることもなければ、己を幸せにすることもなく、イライラするのは時間の無駄というもの。

 

| 3.責任を持ち最後まで完遂することが重要というものです

投げ出してしまうということ。一旦やると決めた物事は、責任を持ち最後まで完遂することが重要というもの。

現在取り組んでいる物事を辛いからとことを途中で投げ出してしまうと、己はやり遂げられる人物という自信も残りません。

何にしても中途半端のまま終わると、完遂する能力も養われないので、人生が上手くいかないと感じかねません。

 

 

 

まとめ

その日のうちに何度も嘆くような一日。ここでは、うまくいかない日の末路も気に懸かるもの、筋道を立てて乗り越える術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。