スマホ依存症の対策から逆転に繋げたいもの、将来を考えて防止する術



普段の生活の中でも、スマホ依存症の対策が必要になるもの。昨今の小中高校生のスマホ所持率が上がるにつれ、スマホ依存症に陥る危険性も増しています。

まだ未熟な部分がある若いうちはスマホに夢中になりやすく、一度熱中すれば他のことを忘れてしまう傾向が見受けられます。

こうしたスマホ依存は生活リズムの乱れをはじめ、学力低下や不登校にうつ病などに繋がることにもなりかねません。

長い期間スマホから離れるのが良いやり方と言う人もいますが、それは現代社会で生きていく上で、日々の習慣に大きな影響を及ぼします。

なので、こうしたスマホ依存症の対策は中学生はもちろん、子供や更に大人も必要になります。

ここでは、スマホ依存症の対策から逆転に繋げたいもの、将来を考えて防止する術を紹介しています。

 

 

 


スマホ依存症の対策から逆転に繋げたいもの、将来を考えて防止する術


 

|  1.己自身でタイムスケジュールを組む、それが有効という

タイムスケジュールを己で立てるということ。大人にしても子供にしても、己自身でタイムスケジュールを組む、それが有効というもの。

己の意見や意思を組み込むことで、ルールを守るという意識も芽生え、積極的に取り組んでいくことができます。

一日中スマホが触れる状況にあると、勉強の時間や睡眠時間も減り、学力低下や睡眠不足に繋がりかねません。

スマホに触るのは何時までとか、何時までは勉強時間に就寝は何時といった具合に、具体的なスケジュールを立てます。

 

| 2.コミュニケーションが取れるSNSは、スマホ依存症に

SNSなどの返信は友人間でルールを決めるということ。何時でも友人とコミュニケーションが取れるSNSは、スマホ依存症に陥りやすいもの。

結果として、ルールを設け利用することが重要で、友人関係が壊れたということにならないよう、共通ルールを予め決めておきます。

友人間でルールを共有することで、皆がしているのに己がしない訳にはいかない、そうした気持ちを軽くすることができます。

 

| 3.手放せない、そういった人も多く見受けられるものです

アカウントやアプリを消去するということ。SNSやゲームが一因でスマホを手放せない、そういった人も多く見受けられるもの。

スマホ依存症を乗り越えるためには、原因となっているSNSのアプリやアカウントなど、思い切って消去してみるのも将来を考えて防止する術の一つ。

アプリを消去すれば我慢するストレスも減って、もう一度始めるのは面倒臭い、そんなところも依存症からの克服に結び付きます。

 

| 4.利用を制限する、そうしたアプリも数多く登場している

依存症対策のアプリを活用するというもの。昨今の世の中にはスマホ利用を制限する、そうしたアプリも数多く登場しているもの。

予め時間を設定するとそれ以外は使用ができなかったり、育成ゲームなどでスマホを触らないことにより楽しめるアプリもあります。

ほかにもスマホの設定機能からアプリ通知をなくすことで、お知らせを切っ掛けに開くことが減るため効果的です。

 

| 5.子どもがどうしたいのかを聞いて意見を尊重するという

子供のケースでは、親子関係を改善するということ。スマホ依存症の対策を考える場合、先ず子どもがどうしたいのかを聞いて意見を尊重するというもの。

一方的な親からの話は、子どもから見たときに小言と捉えられかねず、真剣に対策していくことが難しくなりかねません。

親の意見と子供の意見を摺り合わせ対策を練ることで、自主的にそれに向かって取り組みやすくなります。

 

| 6.使用できない、そんな状況を作るのが効果的な場合もある

スマホ利用を止めるということ。物理的にスマホが使用できない、そんな状況を作るのが効果的な場合もあるもの。

極端な話ですがスマホやガラケーなどを持たなくしないと、重症の依存症から抜け出せない人もいるかも知れません。

仕事をしている人たちはともかく、学生であればできることがあり、依存症の弊害とを天秤にかけて考えてみます。

 

 

 

 


スマホ依存症の対策は国や政府も動いているもの、その要因や特徴面


 

| 1.足を運んだり、努力して調べたりしなくて良いというもの

快楽が簡単に得られるということ。SNSを開くことで苦労して足を運んだり、努力して調べたりしなくて良いというもの。

己が気になる流行や情報などは、友人ではなくても誰かしらがアップしているので教えてもらえます。

更に写真などをアップして、フォロワーが増えたりいいねをされると、満足感が簡単に湧き上がります。

 

| 2.当たり前にSNSの更新は止まることはないというもの

飽きがこないということ。例え己から情報をアップしなくても、当たり前にSNSの更新は止まることはないというもの。

順繰りにコンテンツが公開されていて、次に開くときには真新しい状態に常に更新されています。

過去のコンテンツを遡って見れるのはもちろんのこと、SNSの種類も一つだけではないので、飽きずに見続けるということになりかねません。

 

| 3.落ち込んだりする際は、不安感が湧き起るというものです

心の乱れが静まるということ。誰しも人間が落ち込んだりする際は、不安感が湧き起るというもの。

SNSで感傷的な投稿をした時、友人やフォロワーが共感し励ましてくれることがあり、不安感が解消に繋がります。

同じような気分を理解してくれる人がいると思うと、それが分かるだけでも気が楽になります。

 

| 4.何処でも何時でもスマホで連絡をとれる環境にあるもの

LINEなどの返信はすぐしなければと思っているということ。学生の多くは学校の友人と、何処でも何時でもスマホで連絡をとれる環境にあるもの。

皆がLINEグループで盛り上がっている際や、SNSでいいねやコメントが来た際に、皆がしていれば己だけしない訳にはいきません。

そうなると常にスマホが気懸りになり、用向きが特段なくても触ってしまう、そんな習慣にもなりかねません。

 

 

 


スマホ依存症の対策グッズも見かけるもの、注意したい身体への悪影響


 

| 1.負担を大きくして、眼精疲労は身体の疲労にも結び付き

眼精疲労や目の不調ということ。スマホを使い過ぎると目への負担を大きくして、眼精疲労は身体の疲労にも結び付きかねないもの。

更に、目のピントの調節機能が低くなる危険もあり、手元が見え難くなったりすぐに疲れるなど、スマホ老眼と呼ばれることも憂慮されています。

またスマホを利用し過ぎると、瞬きの回数も減って目が乾きやすくなり、いわゆるドライアイも心配になります。

 

| 2.血流が悪化して、腰痛や肩こりになる可能性もあるもの

腰痛や肩こりということ。スマホを見るため下向きの姿勢が長くなるケースでは、筋肉も凝り固まり血流が悪化して、腰痛や肩こりになる可能性もあるもの。

首の頚椎は本質的に緩やかなS字カーブですが、真っ直ぐなストレートネックは、スマホ依存症の害悪の一つにも数えられます。

ほかに前屈みは身体の歪みや猫背に繋がりかねず、スマホ使用時には特に注意が必要です。

 

| 3.伸びるほど、身体的に様ざまな症状が表面に出てくるもの

睡眠障害や精神的な不調ということ。スマホを使用する時間が伸びるほど、身体的に様ざまな症状が表面に出てくるもの。

明るいスマホの画面はもちろんのこと、センセーショナルな情報などに触れ、刺激を脳が受け続けている状態が続きます。

結果として、脳が疲労困憊することになって睡眠障害やうつ病などに結び付く、そういった可能性も否定できません。

 

 

 

まとめ

スマホ依存症の危険性も増しています。ここでは、スマホ依存症の対策から逆転に繋げたいもの、将来を考えて防止する術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。